Jira Service Desk 4.4.x アップグレード ノート

Jira Service Management リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ここでは、Jira Service Desk 4.4 へのアップグレードに関する重要な注意事項について説明します。このリリースの新機能と改善点に関する詳細は、「Jira Service Desk 4.4 リリース ノート」を参照してください。


 変更の概要


アップグレード ノート

ここでは、Jira Service Desk 4.4 の変更点と重要な注意事項の概要について説明します。


Persistent cache to automation app requires memory increase

We've added a caching layer to our automation module, which significantly improves the read speed for large Jira Service Desk instances with lots of automation rules and projects. If you were regularly using the maximum memory available and notice slowness after upgrade, you may need to increase Jira's application memory


Email notifications batched by default

メール通知が既定で一括処理されます。つまり、ユーザーはイベントごとに個別の通知を受信しなくなり、代わりに最近のイベントに関する通知の概要を受信します。この機能の詳細については、「メール通知の設定」を確認してください。 

重要: Velocity テンプレートを編集して通知の外観をカスタマイズした場合、カスタマイズは機能しなくなります。これは、バッチ処理された通知が異なるテンプレートを使用しているためです。これらの新しいテンプレートには、変更を再適用する必要があります。

Here’s how to do it:

Emails that Jira Service Desk customers receive notifying them of activity on their request are not impacted by Jira email batching, and will still be sent approximately every minute. 


Jira Data Center の新しい監視システム

We've created a brand new set of monitors and alerts to help you analyze performance bottlenecks and avoid outages. Now, you can monitor slow HTTP requests, slow jobs, high pool utilization, slow and complex JQL and database, and abandoned connections.

The JQL monitors are also available for Jira Server. For more information, see Jira Data Center monitoring.


Updates to permissions required

To maximize the security of your data, we’ve made the Public Sharing feature OFF by default. We also recommend that you revise your filter, dashboards and user permissions so that sensitive data remains secure. See Control anonymous user access.


Extra security for Jira

We’ve introduced extra security measures to make sure issue attachments and issue keys are safe and inaccessible for anonymous users.


Generating user keys becomes default

We have introduced a new way of generating user keys for new users. The reason behind it is that we want to reduce the number of places where we store users’ personal data.

Up to now, the user key has been the same as username, lowercased. For example, user Admin got a user key admin. If there’s been a naming conflict, the user key has been set to a value like ID10100.

We’re now changing this approach so that all user keys for new users (no changes for existing users) have the following format: JIRAUSER10100. This approach becomes default in Jira 8.4 and is no longer a dark feature.

この変更については、次をご確認ください。


New Oracle versions, new JDBC driver

新しい Oracle バージョン 18c と 19c にサポートを追加しました。これらのバージョンを使用する場合は、「Jira の Oracle への接続」を参照して Jira と統合します。

While working on this, we've upgraded the JDBC driver that we're using to test Jira with Oracle to JDBC 19.3 (ojdbc8). To be safe, you should also upgrade your driver. This applies to all Oracle versions. You can get the driver from the Oracle website. For more info on what's supported, see Supported platforms.


Data Center 向け の Aurora のサポート

We’re adding support for Aurora PostgreSQL for Jira Data Center.


PostgreSQL 9.3 のご利用の終了

We’ve stopped supporting PostgreSQL 9.3 back in Jira 8.0, but it was still possible to use it with Jira. If you’re one of those who stayed with this database version, now it’s time to upgrade, as Jira 8.4 does not work with PostgreSQL 9.3. For the list of supported databases, see Supported platforms.


Tomcat upgrade

Tomcat をバージョン 8.5.42 にアップグレードしました。


サポート終了のお知らせ

次の変更が加えられます。

  • Jira ネイティブ インポーターの廃止。Jira Importers Plugin (JIM) の一部として利用可能な複数のネイティブ インポーターのサポートを終了します。Jira 8.4 では、CSV と JSON からのインポートのみをサポートしています。
  • Advance notice: Createmeta REST endpoint will soon be removed. This endpoint is commonly used when Atlassian products are integrated to create issues in Jira from a Confluence, Fisheye, or Bitbucket instance. However, /jira/rest/api/2/issue/createmeta?params have been reported to cause issues, especially on larger instances. That's why we've decided to remove this endpoint in Jira 9.0. In Jira 8.4, we'll make other calls available to mitigate the issue. Learn more

For more information, see End of support announcements.


アプリ開発者向けの情報

アプリに関するすべての重要な変更については、「Jira 8.4 への準備」を参照してください。


アップグレード手順

すべての利用可能なアップグレード方法や Jira Service Desk 4.4 に必要なアップグレード前手順を含む、完全なアップグレード手順については、「Jira アプリケーションのアップグレード」を参照してください。お客様に最適なアップグレードの詳細については、アップグレード前の計画ツールも参照してください。そのツールでは、アップグレード先のバージョンをお勧めし、アップグレード前のチェックを実行し、ステップ バイ ステップの手順によって、カスタム アップグレード ガイドを提供します。

最終更新日 2021 年 7 月 28 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.