Jira Service Management 4.17.x アップグレード ノート

Jira Service Management リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ここでは、Jira Service Management 4.17 へのアップグレードに関する重要な注意事項について説明します。このリリースの新機能や改善の詳細については、次のページをご確認ください。

 アップグレード ノート

次の重要な情報をご確認ください。

セキュリティ勧告: カスタマーにリクエストの登録を許可する

[管理] > [アプリケーション] > [Jira Service Management 設定] で設定できる、全員がサービス プロジェクトにメールを送信したりポータルでリクエストを起票できるようにする設定に関連する、セキュリティ勧告を公開しました。この設定をご利用の場合はご確認ください。詳細については「サービス プロジェクトへのアクセスを管理する」をご確認ください。

データ パイプライン エクスポートからカスタム フィールドを除外する

ユーザーが生成したカスタム フィールドとアプリによって提供されるフィールドが、データ パイプライン エクスポートにデフォルトで含まれるようになりました。カスタム フィールド データを除外する場合は、data.pipeline.feature.jira.all.exportable.custom.fields.disabled ダーク機能フラグを設定します。

Jira を Microsoft SQL Server 2019 に接続する

データベースとして Microsoft SQL Server 2019 を使用できるようになりました。Jira をこのデータベースに接続する方法の詳細については、「Jira アプリケーションを SQL Server 2019 に接続する」をご確認ください。

不要になった JIM インポーターの削除について

Jira 8.4 で廃止予定になった不要なインポーターを削除しました。これらを今後利用することはできません。今後は CSV と JSON のインポーターのみを使用できます。この変更は、サードパーティ アプリによって提供されるインポーターには影響しません。

削除されたインポーターの一覧...
  • Excel

  • Bitbucket

  • GitHub

  • Asana

  • Trello

  • Microsoft TFS

  • Rally

  • VersionOne

  • YouTrack

  • Axosoft

  • Pivotal Tracker

  • Bugzilla

  • FogBugz On Demand

  • FogBugz

  • Mantis

  • Trac

  • Redmine

  • Basecamp

Insight - Asset Management のアップグレード

Insight - Asset Management は、バージョン 4.15 から Jira Service Management の一部になっています。新しいバージョンにアップグレードすると、Insight も自動的にアップグレードされます。しかしながら、このアプリの以前のバージョンを使用している場合 (あるいは Marketplace の同等の Insight アプリを使用している場合)、アップグレード前の手順をいくつか完了する必要がある可能性があります。

この手順の詳細については「Insight と Jira Service Management をアップグレードする」をご確認ください。

 サポート終了のお知らせ

このバージョンでのサポート対象プラットフォームへの変更は次のとおりです。

  • PostgreSQL 9.6 の廃止予定: PostgreSQL 9.6 は廃止予定で、Jira Service Management 4.19 で削除することを予定しています。
  • Microsoft Edge Legacy の廃止予定: Microsoft Edge (Chromium) のサポートを開始したのを受け、Microsoft Edge Legacy のサポートは廃止予定です。ただし、このバージョンでは引き続き使用できます。

サポートされるプラットフォームの一覧については、「サポート対象のプラットフォーム」を参照してください。

 アプリ開発者向けの情報

アプリに関するすべての重要な変更については、「Jira 8.17 への準備」を参照してください。

 アップグレード手順

最新のバージョンにアップグレードするために、次の資料を活用できます。

  • 利用可能なすべてのアップグレード方法およびアップグレード前の手順を含む完全なアップグレード手順について、「Jira アプリケーションのアップグレード」をご参照ください。 
  • ご自身の環境に合わせたアップグレードをご検討の場合、[Jira 管理] > [アプリケーション] > [アップグレードを計画] をご確認ください。アップグレード先のバージョンの提案やアップグレード前のチェックの実行が行われ、詳細な手順を含むカスタムのアップグレード ガイドが提供されます。
最終更新日 2021 年 7 月 19 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.