Jira Service Management 5.7.x リリース ノート

Jira Service Management リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

さらに読む

Jira Service Management 5.7.x アップグレード ノートで、このリリースの重要な詳細情報や解決済みの課題の完全な一覧をご確認ください。

互換性のあるアプリケーション

互換性のある Jira アプリケーションをお探しの場合、次のページをご参照ください。


コメントによる承認の強化 (Data Center)

Jira Service Management における承認が更新され、新しい機能が追加されました。承認者がリクエストで [承認] または [却下] を選択すると、トランジション画面が表示されるようになりました。新しい画面に、その決定を説明するコメントを残すことができます。今回のリリースでは、カスタマー ポータルとエージェント ビューでリクエストを承認すると、トランジション画面が表示されます。

承認についてのコメントは追加情報として役立ちます。コメントを必須にしてください。Jira 管理者は、ワークフローの承認ステップを編集または追加する際に、新しい設定にアクセスできます。[承認する場合はコメントが必要です] および [却下する場合はコメントが必要です] チェックボックスをオンにすると、承認者から重要な情報を確実に得ることができます。

リクエストが却下された理由の説明であれ、追跡を要する承認の裏付けとなる追加の証拠であれ、承認者からのコメントは組織の承認プロセスの改善につながります。

Jira Service Management での承認の設定の詳細をご確認ください。

承認のための必須コメントは、Jira Data Center および Server モバイル アプリではまだサポートされていません。


Jira Service Management のガードレール (Data Center)

アトラシアンは、Jira Service Management インスタンスのパフォーマンスを最大限に引き出す方法に関する追加情報を提供することを目的として、最近、Jira Service Management のガードレールを公開しました。ドキュメントを読んで推奨事項を学んでください。これらは、潜在的なリスクを特定し、インスタンス最適化の次のステップについての意思決定に役立ちます。ガイドに従うと、インスタンスの現在の状態を評価し、潜在的な問題のリスクを軽減できます。

これらのガードレールは、最新の長期サポート リリースである Jira Service Management 5.4 でテストされました。ドキュメントは LTS リリースごとに更新される予定です。

アトラシアンが提供したデータは、Jira Service Management に固有のエンティティに焦点を当てています。Jira と共有するガードレールを探している場合は、Jira Software のガードレールをご確認ください

Jira Service Management のガードレールの詳細をご確認ください。


アセットの Groovy スクリプト用の新しい設定

Groovy スクリプト設定の更新により、Jira システム管理者はアセット スクリプト コンソールへのアクセス可能者を選択できるようになりました。アクセスを Jira システム管理者のみ、またはシステム管理者と Jira 管理者の両方に制限できます。新しい設定により、インスタンスで誰がスクリプトを実行できるかをより細かく制御できるようになります。

更新された設定 (および既存の設定) を使用するには、[管理] > [アプリの管理] > [アセット スクリプト設定] に移動します。

アセットにおける Groovy スクリプトの詳細をご確認ください。


アセットのパフォーマンス改善

アトラシアンは、アセットのパフォーマンスと信頼性を向上させるよう継続的に取り組んでいます。このリリースには、出荷が計画されている一連の改善の第 1 弾が含まれています。これらの改善の主な焦点はアセットのインポートです。今回のリリースで行われた更新の概要は次のとおりです。

  • インポート時の欠落オブジェクトの計算方法が修正されています。この変更では、過去に特定のインポートの一環として作成または更新されたオブジェクトに限り、インポートで欠落と見なされるようになりました。
  • 一括削除を待っている間に UI がタイムアウトしないようになりました。
  • インポート設定プロセスが変更され、既定では自動同期が無効になっています。そのため、インポート ジョブについて十分な情報に基づいて決定を下すことができます。
  • 一意の属性を持つオブジェクトをインポートする際のパフォーマンスが向上しています。
  • オブジェクト グラフの力学ビューのパフォーマンスが向上しています。


弱視やキーボードのみのユーザーのアクセシビリティを向上

このリリースでは、スクリーン リーダーやキーボードのみで操作を行うユーザーのエクスペリエンスが改善され、このようなユーザーが Jira Service Management で基本タスクを実行できるようアクセシビリティが修正されています。ここでは、一部の修正を取り上げています。

  • ボタンやリンクにロール、名前、href 値などの属性が追加され、キーボードのみのユーザーやスクリーン リーダーのユーザーがアクセスできるようになりました。

  • ボタンや展開可能なアイコンなどのいくつかの要素のフォーカス インジケーターとそのカラー コントラスト比が修正されました。

  • [新しいオブジェクトを作成] モーダル ダイアログの [さらに作成] チェックボックスが更新され、ロール属性と状態属性が追加されました。

解決された問題の全リストをご確認ください。


アセット REST API ドキュメントを新しい場所に移動

アセット REST API のリファレンス ドキュメントを docs.atlassian.com に移動し、そこから Jira Service Management REST API ドキュメントに追加する予定です。以前の場所はまもなく廃止される予定ですので、ブックマークの更新を忘れないでください(star)

アセット API ドキュメントをご確認ください。


Jira Data Center および Server モバイル アプリでのアセット オブジェクトの表示 (Data Center)

アトラシアンは、Jira Data Center および Server アプリにアセットを組み込むよう取り組んでおり、最近、アセット カスタム フィールドに対する作業が終了したところです。最新バージョンのアプリでは、課題にアセット カスタム フィールドを表示できます。フィールドで言及されているオブジェクトを表示するには、関連するオブジェクト スキーマに対するオブジェクト スキーマ ユーザー権限が必要です。

ユーザーのお気に入りのアセット機能をすべてモバイル デバイス対応にするというアトラシアンの取り組みはまだ始まったばかりです。UI の改善も進行中です。進捗に関する最新情報にご期待ください。

この機能は現在 iOS でのみサポートされています。Android のサポートは近日開始される予定です。



Jira Data Center および Server アプリの詳細をご確認ください。


次の機能は Jira プラットフォームのものです。つまり、Jira Software と Jira Service Managementで利用できます。

カスタム フィールドのコンテキストの設定: 新しいデザイン、機能強化

お客様からいただくフィードバックは常に Jira の改善の原動力となり、アトラシアンが本当に重要なことに取り組み、お客様の日常業務に価値をもたらすうえで役立っています。今回は、Jira 管理者が待望していた改善をようやく発表できるようになりました。具体的には、カスタム フィールド コンテキストの設定のエクスペリエンス全体が刷新されました。

アトラシアンでは、ユーザーが機能をすばやく、効率的に、予測可能な形で操作し、より短時間でより多くのことを達成できるように取り組んでいます。デザインの刷新と機能強化が終了しましたので、その詳細についてここで取り上げます。

  • 検索を利用して、探しているものをすばやく見つけることができます。選択する必要があるアイテムが 1 つだけであるにもかかわらず、課題タイプやプロジェクトの長大なリストをスクロールする必要はなくなります。
  • リスト間でアイテムをドラッグ & ドロップすることで、コンテキストに対するアイテムの追加や削除を簡単に行うことができます。または、単に [追加] または [削除] ボタンを使用します。
  • 複数選択機能により、手作業の繰り返しを避けることができます。Shift キーを押しながら選択すると一度に複数のアイテムを選択できます。
  • クリックミスの心配はありません。リストにアイテムを追加したら、そのリストの外側をクリックしても、選択はクリアされません。
  • 新たに追加されたすべてのアイテムが個別の [Just added (最近追加)] セクションに表示されるようになったため、変更を瞬時に確認できます。コンテキストに追加したアイテムの数にかかわらず、すべての新しい選択内容をひと目で把握できます。
  • 「コンテキスト」と「カスタム フィールド設定スキーム」で迷うようなこともなくなります。アプリおよびドキュメント全体を通して用語が統一されています。シンプルかつ明確にするため、「コンテキスト」が利用されます。

このデモを見てアップデートの内容をよく理解し、このリリースにアップグレードしたら機能を自分で試してみてください。

カスタム フィールドのコンテキストの詳細をご確認ください。

解決済みの課題

最終更新日 2023 年 4 月 14 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.