アップグレード前の計画ツール

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Confluence または Jira のアップグレードをご検討の場合、ご利用のアプリケーションの管理コンソールで提供されているアップグレード前の計画ツールを使用して、自身の環境に最適なアップグレード計画をすぐに作成できます。

ツールは、アップグレード先のバージョンを推奨し、アップグレード前のチェックを実行して、詳細なカスタム アップグレード ガイドを提供します。


前提条件

アップグレード計画ツールにアクセスするには、Troubleshooting and Support tools アプリがインストールされている必要があります。これはアプリケーションにバンドルされていますが、アプリを更新する必要がある場合があります。詳細については、「アプリの更新」をご参照ください。

互換性のあるアプリケーションおよびバージョン

現在、アップグレード前の計画ツールを次のアプリケーションおよびバージョンで使用できます。

アプリケーションバージョンTroubleshooting and Support tools バージョン
Confluence Server

6.5.0 以降

1.17.1 以降

Confluence Data Center6.5.0 以降1.19.0 以降
Jira Server

7.4.3 以降

1.15.1 以降

Jira Data Center

7.4.3 以降

1.16.0 以降


アップグレード前の計画ツールを見つける

ツールにアクセスするには、ご利用のアプリケーションの管理コンソールに移動します。これを行うには、管理者としてログインしている必要があります。

  • Confluence の場合、 > [一般設定] > [アップグレードを計画] に移動します。
  • For Jira applications: Choose Administration ( ) > Applications > Plan your upgrade


ヘルス チェック

アップグレード前の計画ツールは次のヘルス チェックを実行します。管理者はアップグレード前に任意の問題を確認および修正できます。これらのチェックは、アップグレード先のバージョンでのサポート対象プラットフォームの要件に基づきます。


ヘルス チェックチェックの実行内容Jira Server と Data CenterConfluence Server
サポート対象データベース

インスタンスがサポート対象のデータベース ベンダーおよびバージョンを使用していることを確認します。

(tick)(tick)
ライセンスの有効期限

ソフトウェア メンテナンスまたはサブスクリプションがアクティブであることを確認します。

(tick)(tick)
Java バージョンおよびベンダー

サポート対象の JDK / JRE が使用されていることを確認します。

(tick)(tick)
照合順序のチェック

ご利用のデータベースが適切な照合順序を使用しているかどうかを確認します。これは、MySQL または Microsoft SQL Server を使用している場合にのみ実行されます。

(tick)

(error)

照合順序が不適切である場合、Confluence は起動しません


ファイルの変更の確認

アップグレード プランの一環として、現在のインストレーションで次のファイルを確認し、カスタム変更がないかどうかを調べます。これらのいずれかのファイルが変更されている場合、変更の再適用がアップグレード ステップに含まれます。

Confluence のファイル

<install-dir>/confluence 配下のすべてのファイルを確認します。

Jira のファイル

次のディレクトリ配下のすべてのファイルを確認します。

  • <install-dir>/atlassian-jira
  • <install-dir>/bin/setenv.sh
  • <install-dir>/conf/server.xml


プロキシの考慮事項

アップグレード前の計画ツールで最新のバージョン データを表示するには、ご利用のアプリケーションが次の URL に到達可能である必要があります。

https://puds.prod.atl-paas.net/rest/v1/upgrade/info

接続が確立されない場合 (例: ファイアウォールやプロキシ サーバー設定で制限されている)、バージョン データ、サポート対象プラットフォーム、またはドキュメントの更新情報をツールで取得することはできません。

このような場合、Troubleshooting and Support Tools プラグインの最新バージョンに更新することをおすすめします。これにより、コンテンツが最新であることを確認できます。また、関連するサポート対象プラットフォームのページを確認したり、上述の URL へのアクセスを許可したりすることもできます。 

最終更新日 2019 年 9 月 4 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.