Jira Service Management 4.22.x アップグレード ノート

Jira Service Management リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ここでは、Jira Service Management 4.22.x へのアップグレードに関する重要な注意事項について説明します。このリリースの新機能や改善の詳細については、次のページをご確認ください。

アップグレード ノート

OAuth 2.0 に伴う変更

リリース ノートでお知らせしたように、Jira を OAuth 2.0 プロバイダーとして構成できるようになりました。これにより、次のような変更があります。

現在の OAuth 2.0 クライアント連携

これまで Jira を OAuth 2.0 のクライアントとして構成することができました。これはメール サーバーの構成時に行っていたかもしれません。これらの連携を [管理] > [OAuth 2.0] で見つけることはできなくなりました。このメニューは [管理] > [アプリケーション リンク] に移動しました。管理者側でのアクションは不要です。

Jira を OAuth 2.0 プロバイダーとして構成する

OAuth 2.0 の使用に切り替える場合、OAuth 1.0 を使用する現在の連携を更新するか、新しい連携を構築して、Jira との互換性を保つ必要があります。利用できる OAuth 2.0 のフローと必要なデータについて理解するには、Jira OAuth 2.0 プロバイダー API で OAuth 2.0 プロバイダーの実装の詳細をご確認ください。

連携を利用する準備が整ったら、次のページで Jira での利用方法を確認できます。「他のアプリケーションにリンクする

Microsoft GCC アカウントのサポート

Microsoft GCC メールアドレスを選択して、Jira Service Management プロジェクトでメール リクエストを受信できるようになりました。メール リクエストの受信に関する詳細をご確認ください。

 サポート終了のお知らせ

サポートされるプラットフォームの一覧については、「サポート対象のプラットフォーム」を参照してください。

 アプリ開発者向けの情報

アプリに関するすべての重要な変更については、「Jira 8.22 への準備」を参照してください。

 アップグレード手順

最新のバージョンにアップグレードするために、次の資料を活用できます。

  • 利用可能なすべてのアップグレード方法およびアップグレード前の手順を含む完全なアップグレード手順について、「Jira アプリケーションのアップグレード」をご参照ください。
  • ご自身の環境に合わせたアップグレードをご検討の場合、[Jira 管理] > [アプリケーション] > [アップグレードを計画] をご確認ください。アップグレード先のバージョンの提案やアップグレード前のチェックの実行が行われ、詳細な手順を含むカスタムのアップグレード ガイドが提供されます。
最終更新日 2022 年 4 月 6 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.