Jira Service Desk 4.1.x アップグレード ノート

Jira Service Management リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ここでは、Jira Service Desk 4.1 へのアップグレードに関する重要な注意事項について説明します。

このリリースの新機能と改善点に関する詳細は、「Jira Service Desk 4.1 リリース ノート」を参照してください。

Jira Service Desk は Jira プラットフォームで動作するため、「Jira プラットフォーム 8.1 アップグレード ノート」も確認する必要があります。



 アップグレード ノート

ここでは、Jira Service Desk 4.1 の変更点と重要な注意事項の概要について説明します。


MySQL のアップグレード後、Jira の起動に時間がかかる場合があります

Jira Service Desk 4.1 では、MySQL テーブルに新しい列を追加しました。これによって、アップグレード直後に Jira の起動に時間がかかる可能性があります。


Java 11 で Jira を実行する

Java 11 はまだ正式にはサポートされていませんが、Jira を実行するために使用できます。Java を使用することを選択した場合は、JDK 11.0.2 を利用してください。


サポート終了のお知らせ

Jira Service Desk 4.1 では、次の変更を行います。

  • 32-bit インストーラーの廃止。Jira Service Desk 4.2 または 4.3 では、完全に廃止されます。32-bit システムを使用する必要がある場合は、zip/tar.gz アーカイブを使用してインストールできます。

詳細については、「サポート終了のお知らせ」を参照してください。


アプリ開発者向けの情報

ヘルプ センターとカスタマー ポータルのルック アンド フィールにいくつかの変更を行いました。これは、カスタマー エクスペリエンスをシンプルかつ洗練されたものにするための改善の第 1 段階です。

これを行うため、フロントエンドのコードベースにいくつかの変更を加える必要がありました。これによってサードパーティ アプリが影響を受ける可能性があります。

潜在的な影響

次の 2 つの点に注意してください。

  • レイアウトの変更は、カスタマー ポータルでのアプリの表示方法に影響を与える可能性があります。
  • カスタマー ポータルは非同期的にルートを読み込むため、これまでは利用可能だったグローバルに影響を与える可能性があります。


影響を受ける依存関係の完全なリストを表示するには、こちらをクリック...

影響を受けて意図しない弊害を伴う Web リソースの依存関係:

com.atlassian.auiplugin:aui-spinner
jira.webresources:jquery-spin
com.atlassian.auiplugin:aui-header
com.atlassian.auiplugin:soy
com.atlassian.auiplugin:aui-button
com.atlassian.plugins.atlassian-chaperone:hotspot-tour
com.atlassian.plugins.atlassian-chaperone:chaperone
jira.webresources:jquery-ui-draggable
com.atlassian.auiplugin:jquery-ui-focusable
jira.webresources:jquery-progressbar
com.atlassian.auiplugin:table
com.atlassian.plugins.atlassian-plugins-webresource-plugin:data
com.atlassian.soy.soy-template-plugin:soy-deps
com.atlassian.auiplugin:aui-lozenge
com.atlassian.auiplugin:aui-toggle
com.atlassian.auiplugin:aui-badge
com.atlassian.auiplugin:ajs
jira.webresources:calendar-lib


影響を受ける AMD モジュールを公開する Web リソースの依存関係:

jira.webresources:calendar (contains the following AMD-Modules): jira/libs/calendar, jira/libs/calendar-layerable-mixin
jira.webresources:jquery (contains the following AMD-Modules): jquery, jira/jquery/deferred
jira.webresources:jira-logger (contains the following AMD-Modules): jira/util/logger
jira.webresources:jira-formatter (contains the following AMD-Modules): jira/util/formatter
jira.webresources:wrm-context-path (contains the following AMD-Modules): wrm/context-path
jira.webresources:feature-flags (contains the following AMD-Modules): jira/featureflags/feature-manager
jira.webresources:jira-metadata (contains the following AMD-Modules): jira/util/data/meta, jira/util/data/meta/store, jira/util/strings
com.atlassian.auiplugin:dialog2 (contains the following AMD-Modules): aui/dialog2
com.atlassian.auiplugin:aui-flag (contains the following AMD-Modules): aui/flag
jira.webresources:aui-core-amd-shim (contains the following AMD-Modules): aui/dialog, aui/dropdown, aui/message, aui/params, aui/progressive-data-set, aui/popup, aui/tabs, aui/inline-dialog
jira.webresources:jira-analytics-amd (contains the following AMD-Modules): jira/analytics
jira.webresources:util (contains the following AMD-Modules): jira/legacy/meta, jira/ajs/ajax/ajax-util, jira/util/version, jira/data/parse-options-from-fieldset, jira/ajs/persistence, jira/xsrf, jira/ajs/default-custom-event
jira.webresources:jira-urlhelpers (contains the following AMD-Modules): jira/util/urls
com.atlassian.plugin.jslibs:marionette-1.4.1-factory (contains the following AMD-Modules): atlassian/libs/factories/marionette-1.4.1
com.atlassian.plugin.jslibs:brace-2014.09.03-factory (contains the following AMD-Modules): atlassian/libs/factories/brace-2014.09.03
com.atlassian.plugin.jslibs:skate-0.12.6 (contains the following AMD-Modules): atlassian/libs/skate-0.12.6
com.atlassian.plugin.jslibs:backbone-1.0.0-factory (contains the following AMD-Modules): atlassian/libs/factories/backbone-1.0.0
com.atlassian.plugin.jslibs:underscore-1.4.4 (contains the following AMD-Modules): atlassian/libs/underscore-1.4.4
com.atlassian.auiplugin:aui-form-validation (contains the following AMD-Modules): aui/form-validation, aui/form-validation/validator-register
com.atlassian.auiplugin:aui-inline-dialog2 (contains the following AMD-Modules): aui/inline-dialog2

require ('aui/dialog2') ではなく globals (例: AJS.dialog2) を使用している場合は、これらを変更する良い機会です。

必要なアクション

Jira Service Desk 4.1 ではアプリは期待通りに動作するはずですが、依存関係を確認して以下の推奨されるアクションを行う必要があります。4.2 では特別な操作を行わない場合は、アプリがこれらの変更の影響を受ける可能性があります。

手順

  1. アプリに必要な依存関係が Web リソースで指定されていることを確認します。この確認を行う際、これらの依存関係が必要かどうか、または依存関係が読み込み時間のパフォーマンスに悪影響を及ぼしていないかどうかを検討します。これを実行するには https://bitbucket.org/atlassianlabs/atlassian-webresource-webpack-plugin が役立ちます。
  2. 新しいレイアウトでアプリの動作が期待通りであることを確認します。サービス デスク管理者が新しいレイアウトをアクティブ化すると、<body> 要素にクラス custom-portal-layout-flag が含まれるようになります。

アーリー アクセス プログラムをリリースして、一般リリースの前に変更をテストする時間を提供します。

ご質問がある場合

このコミュニティ ページに質問を投稿できます、できる限り早急に返信します。


アップグレード手順

すべての利用可能なアップグレード方法や Jira Service Desk 4.1 に必要なアップグレード前手順を含む、完全なアップグレード手順については、「Jira アプリケーションのアップグレード」を参照してください。お客様に最適なアップグレードの詳細については、アップグレード前の計画ツールも参照してください。そのツールでは、アップグレード先のバージョンをお勧めし、アップグレード前のチェックを実行し、ステップ バイ ステップの手順によって、カスタム アップグレード ガイドを提供します。

Last modified on Mar 31, 2020

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.