Jira Service Desk 4.8.x アップグレード ノート

Jira Service Management リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ここでは、Jira Service Desk 4.8 へのアップグレードに関する重要な注意事項について説明します。このリリースの新機能と改善点に関する詳細は、「Jira Service Desk 4.8.x リリース ノート」を参照してください。

 変更の概要


アップグレード ノート

バージョン ビューの読み込み速度を上げるのに役立つ新しい API

Jira Service Desk 4.8.1 以降で利用可能

プロジェクト設定でのバージョン ビューの読み込みを高速化して大規模なインスタンスでのタイムアウトを回避するために、呼び出されたエンドポイントを変更しました。 

 .../release/allversions ではなく GET /rest/projects/1.0/project/<project_key>/release/allversions-nodetails を使用して、すべてのプロジェクト バージョンのリストを、名前、ステータス、説明 (進捗データ以外) などのデータとともに返します。アーカイブ済みバージョンも返されます。 

また、各バージョンに関連する各ステータス カテゴリ (すること、進行中、完了) の課題の数についての情報を返す方法も変更しました。総称して「進捗」と呼ばれるこのデータは、ページがスクロールされると遅延読み込みされるようになって、別の新しいエンドポイントを使用します。 

新しいエンドポイント取得するデータ

GET

/rest/projects/1.0/project/<project_key>/release/allversions-nodetails

プロジェクトのバージョンとそのデータのリスト
POST /rest/projects/1.0/project/<project_key>/release/details/progress各バージョンの進捗状況

古いエンドポイントはまだ動作していますが、Jira ではバージョン 7.13.14、8.5.5、8.8.1、8.9.0 以降でのみ使用できます。

事前通知: 受信メール設定に対して予想される変更

更新: Jira Service Desk 4.10 へのターゲット リリースを変更

Google と Microsoft が基本認証を廃止することを受けて、当社は近日中に受信メールに OAuth 2.0 認証方法 (これまでは IMAP および POP3 プロトコルを使用) を追加します。これは Jira Service Desk 4.10 (Jira Core および Software 8.10) で実施予定です。変更がある場合は、随時お知らせします。サポート対象のエンタープライズ リリースにもバックポートされます。現在、メールを使用して課題やコメントを作成している場合は、受信メール設定を再構成する必要があります。

当社はこの作業を最優先して扱い、Google と Microsoft が設定した期限より前にソリューションを提供することを目指しています。それによって、これらの変更に備えるための十分な時間が確保できます。

OAuth 2.0 サポートでは、受信メール設定への、および受信メール サーバーの設定方法が変更されます。

監査ログの移行

Jira 4.8 に導入される改善した監査ログでは、アップグレード時に既存の監査ログ (最大千万レコード) を移行する必要があります。

既存のイベントは、データベースに移行されます。

移行は Jira 起動時に実行される

移行は、通常のアップグレードでは起動時に、Data Center の ZDU アップグレードではバックグラウンドでそれぞれ実行されます。Jira の動作を維持する必要がある場合は、ZDU アップグレードを使用することをおすすめします。使用しているデータベースと現在の監査ログのサイズに応じて、すべてのデータを移行するには数時間かかる場合があります。

移行するエントリの数を制限する

移行を高速化するために、移行するエントリの数を制限するか移行を完全にオフにできます。移行をオフにすると決定した場合、新しい監査ログにはアップグレード後に発生したイベントのみが表示されます。 

制限を適用するには、setenv.sh/.bat ファイルに次の行を追加します。この例では、移行を 10 エントリのみに制限します。

JVM_SUPPORT_RECOMMENDED_ARGS="-Djira.advanced.audit.log.migration.limit=10"

移行の実行中は新しいイベントがバッファーに入れられて、移行が完了するとバッファーがリリースされます。移行前には追加のヘルス チェックも実行して、新しい監査ログを収容するのに十分な空きディスク領域 (Jira ホーム パーティション上) があるかどうかを確認します。


新しい API エンドポイント

高度な監査機能の導入の一環として、新しい REST エンドポイントを追加しました。詳細については、こちらを参照してください。 

Java 11 ではデフォルトで G11 GC が有効

Java 11 で Jira を実行している場合、ガベージ ファースト ガベージ コレクション (G1 GC) は既定で有効になります。これまでも、ガベージ コレクションをチューニングする際にはこの方法が推奨されていましたが、今後はすぐ利用できます。特に Java ヒープが大きい環境では、G1 GC はより効率的でパフォーマンスの向上に役立ちます。

Java バージョン

既定の GC

推奨される GC

Java 11G1 GC
  • 大規模な Java ヒープの G1 GC
  • 小さい Java ヒープの ParallelGC*
Java 8ParallelGCParallelGC

*パフォーマンス テストでは、Java ヒープが比較的小さい場合は ParallelGC の恩恵を受ける可能性があることが示されています。大きな違いはありませんが、パフォーマンスに問題がある場合は ParallelGC に戻すことをご検討ください。

GC メソッドを変更するにはどうすればよいですか?

デフォルトの GC メソッドの変更方法:

  1. Jira を停止します。

  2. setenv.sh/.bat ファイルを編集して、JVM_GC_ARGS を検索します。利用可能なパラメーターはその内部で説明されています。

  3. Windows で Jira をサービスとして実行している場合は、gc-params-service.bat ファイルも変更する必要があります。

サポート対象のすべてのメール ハンドラー

以前のバージョン (4.6) のいずれかで、正規表現の「引用符なしのメール本文からコメントを追加する」と「新規課題を作成または既存の課題にコメントを追加する」を使用しない、2 つのメール ハンドラーを廃止することにしました (Jira Service Desk 4.6 アップグレード ノートを参照)。メール フッターや署名などの不要なコンテンツを取り除くために、正規表現を使用するハンドラーに切り替えることをおすすめします。 

それ以降、当社は廃止に関する重要なフィードバックをいただいてきました。結果として、メール ハンドラーを元に戻すことにしました。

2 つのメール ハンドラーは廃止せずに代わりに既存のハンドラーに正規表現を追加し、管理者がメールで Jira 課題に追加された不要なコンテンツを管理できるようにします。

サポート終了のお知らせ

In Jira Service Desk 4.8 では、次のプラットフォームのサポートを終了します。

  • SQL Server 2012

  • PostgreSQL 9.4、9.5

  • Solaris

  • Oracle 12c R1

詳細については、「サポート終了のお知らせ」を参照してください。

アプリ開発者向けの情報

アプリに関するすべての重要な変更については、「Jira 8.8 への準備」を参照してください。

アップグレード手順

すべての利用可能なアップグレード方法や Jira Service Desk 4.8 に必要なアップグレード前手順を含む、完全なアップグレード手順については、「Jira アプリケーションのアップグレード」を参照してください。お客様に最適なアップグレードの詳細については、アップグレード前の計画ツールも参照してください。そのツールでは、アップグレード先のバージョンをお勧めし、アップグレード前のチェックを実行し、ステップ バイ ステップの手順によって、カスタム アップグレード ガイドを提供します。

最終更新日 2020 年 11 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.