Jira Service Desk 4.7.x アップグレード ノート

Jira Service Management リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ここでは、Jira Service Desk 4.7 へのアップグレードに関する重要な注意事項について説明します。このリリースの新機能と改善点に関する詳細は、「Jira Service Desk 4.7.x リリース ノート」を参照してください。

 変更の概要


アップグレード ノート

Sharing requests with the customer’s organization

As you might have read in the release notes, we’ve changed the default behavior of sharing new requests with the customer’s organization. Here’s the summary of the changes:

  • Customer portal: Requests raised in the customer portal will be set to private by default. If you want to share a request with your organization, you’ll need to choose it in the drop-down menu when raising a request. We did this to avoid sharing sensitive requests by mistake.

  • メール: 報告者が 1 つの組織にのみ所属している場合、メールで送信されたリクエストは組織と共有されるため、ここでの変更はありません。ただし、これらのリクエストを共有するか、非公開にするかをデフォルトで選択できる新しいグローバル設定が追加されました。[管理] > [アプリケーション] > [Jira Service Desk 設定]の順に移動して組織管理の項目を確認すると、グローバル設定を見つけられます。

SLA および自動化ルールでのエージェントの扱いの変更

We’ve changed how agents in certain roles are treated by Jira Service Desk. Until now, agents acting as approvers or belonging to the customer’s organization were seen as customers, which affected SLAs and automation rules — when an agent (“customer”) commented on a request, the clock kept on ticking and the request status didn’t change, which brought a lot of confusion to true customers. We’ve heard your feedback and decided to change it.

This change will most likely affect your work around Jira Service Desk (hopefully for the better!), so here’s the summary of what we did:

How agents are treated by Jira Service Desk

Agent roleBeforeAfter
報告者顧客Customer (no change)
Request participant顧客Customer (no change)
リクエストが共有されているカスタマーの組織の一部顧客エージェント
承認者顧客エージェント

How SLAs and automation rules are affected

The changes shown in the table are actually results. The true change occurs in the IF conditions, which answer the question of isCustomer/isAgent.

Here’s what happens to a request when an agent comments on it:

項目BeforeAfter
SLA
  • SLA time isn’t affected

  • The clock keeps ticking, still waiting for the agent to respond

  • SLA time is paused

  • カスタマーが返答できるようなりました

自動化ルール
  • Request status isn’t affected

  • サポート待ちのままで、顧客を混乱させる

  • Request status changes from Waiting for Support to Waiting for Customer

  • Now it’s time for the customer to respond

カスタム フィールドの説明における HTML の無効化

With Jira Service Desk 4.7 (and Jira 8.7.0), we’re changing the default behavior of the Enable HTML in custom field descriptions and list values items option. It will now be switched to OFF for new Jira installations and the upgraded ones that have never used it.

If you have modified this option, you shouldn’t be affected, but do we recommend that you check the it to make sure it's set correctly for your instance. You can find it by going to  > System > General configuration.

セキュリティ上の理由によって、このオプションを無効にしておくことをお勧めします。

PostgreSQL 11 のサポート

Jira Server と Data Center のサポート対象プラットフォームに PostgreSQL 11 を、Jira Data Center に Aurora PostgreSQL 11.4 を追加しました。

OpenID Connect support DATA CENTER

Many enterprises still struggle to use industry-standard user management tools to authenticate to Atlassian. Way back we added SAML support to all of our Data Center products and now we are adding a new authentication option through OpenID Connect integration to enable seamless integration with 3rd party Identity Providers.

For more information, see OpenID Connect

課題コレクターでの変更

Chrome ブラウザの今後のアップデートでは、新しいクッキー セキュリティ機能が導入されます。それによって、別々のドメインに埋め込まれた課題コレクターが本質的に壊れます。この問題を修正しましたが、課題コレクターの動作が次のように変更されました。

  • 課題の報告者に設定するために登録者のユーザー セッションを照合できなくなります。引き続き、メール アドレスを使用して照合できます。

  • 課題コレクターを機能させるために、サード パーティの cookie を有効化する必要はありません。この要件と、それについてリマインドする一部のエラー メッセージを削除しました。

  • フィードバックを送信したあとの成功メッセージには、プロジェクトと課題キーが表示されなくなりました (プロジェクトが Web 上の全員に公開されている場合を除く)。この変更は、プロジェクトや課題に関する情報を開示せずにセキュリティを向上させるために行いました。

For more info on the issue collector, see Using the issue collector.

サポート終了のお知らせ

We’re not making any changes in Jira Service Desk 4.7, but we’ll end support for a few platforms in Jira Service Desk 4.8 and 4.10. For more info, see End of support announcements.

アプリ開発者向けの情報

アプリに関するすべての重要な変更については、「Jira 8.7 への準備」を参照してください。

アップグレード手順

すべての利用可能なアップグレード方法や Jira Service Desk 4.7 に必要なアップグレード前手順を含む、完全なアップグレード手順については、「Jira アプリケーションのアップグレード」を参照してください。お客様に最適なアップグレードの詳細については、アップグレード前の計画ツールも参照してください。そのツールでは、アップグレード先のバージョンをお勧めし、アップグレード前のチェックを実行し、ステップ バイ ステップの手順によって、カスタム アップグレード ガイドを提供します。

Last modified on Mar 31, 2020

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.