Jira Service Desk 4.10.x リリース ノート

Jira Service Desk リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

さらに読む

本リリースに関する重要な詳細情報をアップグレード ノートでご確認ください。また、解決済みの課題の完全な一覧をご確認ください。


互換性のあるアプリケーション

互換性のある Jira アプリケーションをお探しの場合、次のページをご参照ください。

受信メールの OAuth 2.0

Google と Microsoft は基本認証の廃止を予定しています。つまり、これらのいずれかのメール プロバイダーを (Jira のメール サーバーとして) 使用し、メール経由でリクエストまたは課題を作成している場合、OAuth 2.0 認証メソッドを使うようにメール サーバーを再構成する必要があります。この更新を行わない場合、Google と Microsoft が計画を実行に移したタイミングでメールが Jira の受信箱に適切に受信されなくなります。

Jira 8.10 and Jira Service Desk 4.10 introduce support for OAuth 2.0, which was one of the most important goals of this release. For mail servers, used in Jira Core and Jira Software projects, you can use OAuth 2.0 for both Google and Microsoft, but for Jira Service Desk's email channels we only support Google for now, and are planning to add Microsoft soon.

Follow these steps to use OAuth 2.0:

  1. すべての Jira アプリケーション: Jira を OAuth 2.0 と連携します。詳細情報

  2. Jira Core および Jira Software プロジェクト: OAuth 2.0 を使用するようにメール サーバーを再構成します。詳細情報

  3. Jira Service Desk プロジェクト: OAuth 2.0 を使用するようにメール チャネルを再構成します。詳細情報


tip/resting Created with Sketch.

次の機能は Jira プラットフォームのものです。つまり、Jira Core、Jira Software、および Jira Service Desk の、Jira ファミリ全体で利用できます。

ユーザーの匿名化 (GDPR) の改善

Jira Service Desk 4.7 で、一般データ保護規則 (GDPR) に準拠するために使用できる、ユーザーの匿名化機能を導入しました。この初期機能にはいくつかの制限事項があり、新しいバージョンでこれらの修正に取り組んできました。このリリースでは匿名化の範囲を次の項目を含めるように拡大しました。

  • 課題コレクターの報告者と作成者

  • 課題履歴の氏名 (担当者、報告者、シングルおよびマルチ ユーザー ピッカー フィールド)

  • 削除済みのユーザーを匿名化する機能

すでにユーザーを匿名化済みの場合、それらのユーザーを再度匿名化できます。これにより、新しくサポートされる項目の匿名化を行い、GDPR に準拠してユーザーを削除できます。詳細情報

カスタム フィールドへのインサイトを追加 DATA CENTER

Jira のインデックス作成のパフォーマンスに影響を与えているカスタム フィールドを特定できるようになりました。この情報に簡単にアクセスできるためになったため、ログを細かく調査する必要はありません。新しく作成した、カスタム フィールドのインデックス ページで、インデックスに時間がかかる上位 10 個のフィールドを確認し、インスタンスを分析してアクションを行えます。カスタム フィールドは大規模環境で問題をおよぼす場合があるため、これはエンタープライズ環境で特に便利な機能です。 

情報を確認するには、[管理] > [システム] > [クラスタリング] に移動します。ここで、[アクション] > [カスタム フィールドのインデックス化] をクリックします。詳細情報

反応のないノードを自動的に削除 DATA CENTER

クラスタをメンテナンスするための自動化機能を導入しました。オフラインのノードをクラスタから手動で削除したり、ハートビートがないノードをオフラインに移動したりする必要はなくなりました。ノードのハートビートがない状態が 2 日間報告されると、そのノードは自動的にオフラインに移動されます。オフラインの状態が引き続き 2 日間続くと、それはクラスタから自動的に削除されます。クラスタのメンテナンスを製品に任せることができます。詳細情報

カスタム フィールドの最適化 DATA CENTER

大量のカスタム フィールドがあると、Jira のパフォーマンスやインデックス作成時間が悪化する場合があります。この影響を最小化するために、フィールド インデックスの機能が呼ばれる数を減らす、新しい最適化機能を導入します。

特定の課題で値が存在しないときに、カスタム フィールドの並べ替えマーカーを保持することを廃止しました。また、すべてのインデックス機能は、特定の課題でカスタム フィールドの値が存在し、そのカスタム フィールドが表示されていて、その課題にスコープが割り当てられている場合にのみ実行されます。詳細情報

解決済みの課題

4.10.0 で解決済みの課題

2020 年 6 月 23 日にリリース

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh

4.10.1 で解決済みの課題

2020 年 7 月 20 日にリリース

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh


最終更新日 2020 年 7 月 14 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.