Jira Service Desk 3.6.x リリース ノート

Jira Service Desk リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

This JIRA Service Desk release has reached its end of life. See End of life policy.

2017 年 6 月 29 日

The Atlassian JIRA Service Desk team is proud to announce the release of JIRA Service Desk 3.6.

The JIRA Service Desk development team has been working on releasing more frequently, and this release includes both JIRA Service Desk and JIRA platform features. In this release, our top features include:

  • new SLA rendering, to make the values more understandable and useful,
  • プロジェクト管理者権限の拡張をプロジェクト単位で設定可能に
  • プロジェクト管理者権限を拡張して画面編集などを追加
  • zero downtime upgrades for JIRA Service Desk customers, and
  • 課題エクスポート操作の改善

This isn't all we've done, we've also made a few minor tweaks, listed below, and we've been busy fixing bugs to improve the overall experience with JIRA Service Desk.

アトラシアンは、お客様の Jira Service Desk エクスペリエンスの改善に日々取り組んでいます。製品についてのご意見やご提案がある場合、アトラシアンの Jira インスタンスから直接お知らせください。

Hope you enjoy JIRA Service Desk 3.6!

Warren Thompson

Jira Service Desk テクニカル ライター

このページの内容:

最新版をダウンロードする
または既存の JIRA Service Desk アプリケーションをアップグレードする

互換性のあるアプリケーション

互換性のある Jira アプリケーションをお探しの場合、次のページをご参照ください。



SLA rendering

Have you ever looked at an SLA that says something like "-881:00" and realised that while you know that's probably bad, you have no idea how bad? Well, In JIRA Service Desk 3.6, we decided it was time to make those figures more readable. Now, instead of something like "-48:00", which you may think indicates 2 days, we'll render the SLA as something like "-1w 1d", based on your calendar settings. In this example, we've taken calendar settings of a 5 day week, with 8 working hours a day. As you can see, the difference between thinking "-48:00" means 2 days, and the correct time frame of 1 week and 1 day is pretty large!

We hope that this change removes the ambiguity around SLAs, where you need to remember your SLA's calendar settings, and gives you a figure which is not only more readable, but also helps build empathy with your customers, as you'll know in real terms how long they've been waiting. Hand in hand with this, we've also adjusted the hover state, so when you hover over an SLA, you're given more pertinent information that helps your agents know exactly what state the request is in.

For more information read How teams see SLAs.


プロジェクト レベルの管理

In JIRA Service Desk 3.5, we allowed project administrators to edit their project's workflows under specific conditions. Now, we've added morefine-grained control to the Administer Projects permission, and added a few more perks for the project administrator.  When granted, the Extended project administration permission will allow project administrators for the associated projects to:

プロジェクトワークフローの編集と制限の表示
  • 他のプロジェクトと共有されていないワークフロー、およびシステムワークフロー以外のワークフローである必要があります。
  • ステータスを追加するには、それが JIRA インスタンスに既存のステータスでなければなりません。つまり、プロジェクト管理者が新しいステータスを作成したり、既存のステータスを編集したりすることはできません。
  • ステータスがプロジェクトの課題で使用されている場合、そのステータスを削除することはできません。
  • プロジェクト管理者はトランジションを作成、更新、削除することはできますが、トランジションで使用する画面の選択や更新を行ったり、トランジションのプロパティや条件、バリデーター、事後操作を編集または表示したりすることはできません。
プロジェクト画面の編集と制限の表示
  • デフォルトのシステム画面以外の画面である必要があります。
  • 他のプロジェクトと共有されていない画面、およびワークフローのトランジション画面として使用されていない画面である必要があります。
  • プロジェクト管理者はシステムフィールドを追加、削除、再配置することができます。
  • プロジェクト管理者は既存のカスタムフィールドを追加、削除、再配置することはできますが、カスタムフィールドを作成することはできません。


The Extended project administration option is enabled by default. if you're a JIRA administrator, you can disable it by selecting   > Issues > Permission schemes, and then choosing the relevant permission scheme to edit. Project and JIRA administrators can also view the Extended project administration setting when they're viewing their project by selecting Project settings > Permissions, however the JIRA administrator can't edit the setting here.


JIRA Service Desk Data Center Zero downtime upgrades

JIRA Software 7.3 introduced the ability to upgrade their Data Center deployment with zero downtime, and we're pleased to announce we've implemented this for JIRA Service Desk Data Center deployments. This means that is JIRA Service Desk is mission critical for your organization, you will be able to upgrade moving forward with zero downtime for your users. Effectively, what you'll do is upgrade your nodes one at a time, and when they're all upgraded, finalize the upgrade. No downtime is achieved through at least one node always being available. You can read up more on zero downtime upgrades in our administration documentation.


課題エクスポートの改善 

We've implemented an exporter which exports JIRA issues in an HTML format. When viewing a list of issues, select  > HTML (All fields) or  > HTML (Current fields) . If required, a JIRA administrator can disable the HTML export option by setting the jira.export.html.enabled property to false at  > System > Advanced Settings.

Given that the HTML export can be quite memory intensive in large JIRA Software instances, we've also added two additional properties to the Advanced Settings page. These properties allow a JIRA administrator to control the default number of search results allowed to be exported by a user (jira.search.views.default.max) and the absolute maximum number of search results allowed to be exported (jira.search.views.max.limit). This allows an admin to prevent users from attempting to export a large number of results, which could result in performance problems with your instance.


アプリ内通知

We've implemented a system add-on which provides targeted notifications within your JIRA Service Desk instance, predominantly to JIRA administrators. These notifications will alert you when new JIRA versions are available, and of upcoming license renewals. The in-app notifications are delivered by a system add-on, and can be controlled by selecting  > Add-ons > Manage add-ons, and then filtering for Atlassian Notifications. We actually shipped this in JIRA Service Desk 3.5.2, but we're just making sure you know about it. You may even be reading these release notes because you've been directed here by an in-app notification.



その他の改善点

上記以外にも、小規模な機能強化をいくつか行いました。いずれも、ユーザーと管理者がより効率的かつ簡単に操作できるよう設計されています。

  • The "Shared by" lozenge  has now been replaced with a "Used by" lozenge .
  • ワークフローの編集に関連するナビゲーションを改善し、下書きモードを導入しました。下書きモードでは、変更を公開したくない場合は簡単に編集を止めることができます。また、それぞれの課題タイプに移動しなくても、プロジェクト設定のワークフローセクションでワークフローを編集できるようになりました。

  • プロジェクトのワークフローや画面への変更を管理者が確認できるよう、監査ログにイベントをさらに追加しました。これにより、誰が何をどこで変更したのかを確認し、プロジェクトの設定をロールバックする必要があるかどうかを判断できます。
  • ガベージ コレクションのログを改善し、これらが自動生成されるようにしました。生成されたログは <installation-directory>/logs にあります。
  • インストールとアップグレードについてのエラー報告を改善しました。より詳細な情報を提供し、考えられる解決策についての詳細やその他の情報へのリンクを追加しました。



解決済みの課題

パフォーマンスの問題

バージョン 3.6.0、3.6.1、および 3.6.2 にはパフォーマンスの問題があり、ページを開いたり、一部の操作を終了したりするときにエラーが表示されることが確認されています。これは PostgreSQL を使用していて、ユーザーが 500,000 人以上いる場合に当てはまります。回避策として、ユーザー 100 万人ごとに、ヒープ サイズを 1 GB 増やします。次のバグ修正リリースでこの修正をリリースします。

3.6.0 で解決済みの課題

2017 年 6 月 29 日にリリース

We’ve noticed that JIRA is having problems with displaying arrows to reorder your subtasks. If you’re using this way to manage your issues, read more about the problem and a workaround here:  JRASERVER-65542 - Getting issue details... STATUS

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh

3.6.1 で解決済みの課題

2017 年 7 月 11 日にリリース

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh

3.6.2 で解決済みの課題

2017 年 7 月 31 日にリリース

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh

3.6.4 で解決済みの課題

2017 年 8 月 22 日にリリース済み

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh


最終更新日 2019 年 7 月 22 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.