Confluence 6.13 への準備

このドキュメントでは、既存のプラグインおよびアドオンに Confluence 6.13 との互換性があるかどうかを確認したい、Confluence 開発者向けの情報をご案内します。

Confluence 6.13 の開発中は毎週マイルストーンをリリースする予定です。このページで、新しいマイルストーンの公開タイミング、および変更内容をご確認ください。ベータ版のリリース後、正式なリリース ノートを公開します。

最新のマイルストーン
2018 年 11 月 26 日 6.13.0-rc1 ダウンロード
このマイルストーンで問題が見受けられた場合

Confluence EAP のヘッダーで [フィードバック] ボタンをクリックするか、課題を起票してお知らせください。

Confluence 6.13 での変更

リリース候補 - 2018 年 11 月 26 日

AdoptOpenJDK 8 で発生したフォント設定の問題により、Oracle JRE のバンドルを継続することを決定しました。Windows または Linux インストーラーで Confluence をインストールする場合、デフォルトで、バンドルされている JRG が使用されます。 

AdoptOpenJDK 8 は完全にサポートされていますが、ご希望の場合、AdoptOpenJDK の使用に切り替えるための管理者向けの手順を提供します。 

ベータ - 2018 年 11 月 14 日

このリリースの機能の完全な詳細については、Confluence 6.13.0 ベータ リリース ノートを参照してください。

ユーザー アカウントの削除

このリリースでは、ユーザー アカウントを永久に削除し、そのアカウントに関連付けられた個人を特定可能な情報を匿名化する機能を追加しました。ユーザーのアカウントが削除されると、以下の処理が実行されます。

  • 個人情報 (プロファイル情報など) の削除
  • プロファイル画像 (アバター) の置き換え
  • ユーザー名をユーザー キーに置き換え
  • 氏名をエイリアス ("user-12345" など) に置き換え
  • 検索結果にユーザー名が表示されないよう、ユーザーが投稿したりメンションされたりしていたすべてのコンテンツの再インデックスを実施

この仕組みの詳細については、EAP ドキュメントの「ユーザーの削除または無効化」を参照してください。 

アプリにユーザーの名前やユーザー名 (メンションやページの作成者欄など) が表示されている場合、ユーザーが削除されたときの挙動をテストすることをおすすめします。何らかの理由でユーザー削除イベントをリッスンする場合、これが期待どおりに動作することを確認することもおすすめします。 

マイルストーン 101 - 2018 年 11 月 5 日

PDF エクスポートの改善

PDF エクスポートに関連する多くのバグを修正し、PDF エクスポートの外観に多くの改善を加えました。これらの修正の一部により、動作が変更されています。 

  • スタイルが改善され、現在の PDF とは若干異なる場合があります。
  • PDF がページごとにエクスポートされるようになりました。つまり、各 Confluence ページは PDF の新しいページで開始されます (結合されません)。Server のお客様は、PDF スタイルシートでこの動作を変更できます。Data Center では、外部プロセス プールでの PDF エクスポートの処理方法により、これを変更することはできません。 
  • Headings are no longer demoted, based on the page's level in the page hierarchy (for example, if an exported page was 2 levels deep, h1 headers were demoted to h3, h2 headers to h4 and so on). Headings now match the level set on the Confluence page. 
  • 表は PDF ページの幅ではなく、表内のコンテンツの量に基づいてサイズ変更されるようになりました。この動作は、PDF スタイルシートで変更できます。

OpenJDK の更新

このリリースには、AdoptOpenJDK 8u192-b12 をバンドルしています。 

マイルストーン 49 - 2018 年 10 月 29 日 

新しい Confluence 検索および TinyMCE 4 エディタのアップグレード

アトラシアンでは Confluence の検索エクスペリエンスの改善と、エディタの TinyMCE 4 へのアップグレードに引き続き取り組んでいます。これらの変更は両方とも、Confluence 6.13 ではダークのままになります。

OpenJDK の更新

アトラシアンでは現在、Oracle JRE の代わりに Adopt OpenJDK を Confluence にバンドルすることに取り組んでいます。OpenJDK の実行時、Java のバージョンとベンダーのヘルス チェックが失敗する可能性があります。この問題は最終版リリースの前に解決する予定です。 

また、一部の Linux ディストリビューションには既知の課題があります。この解決方法の詳細については、「Confluence Server 6.13 以降を Linux オペレーティング システムにインストールする際、FontConfiguration エラーが発生して失敗する」を参照してください。 

また、AdoptOpenJDK 8u181 には、証明書が欠落する既知の問題があります。この問題は 8u192 で解決されました。詳細および回避策については、https://github.com/AdoptOpenJDK/openjdk-build/issues/676 を参照してください。

Cloud Migration Assistant for Confluence

アトラシアンでは先日、Server から Cloud に Confluence スペースを移行するお客様をサポートする Marketplace アプリを公開しました。このアプリは現在、Confluence 6.13 にバンドルされています。

アプリを使用して Cloud へ移行するために Confluence 6.13 にアップグレードする必要はありません。ただし、このアプリは Confluence 5.10 以降で使用できます。 

Cloud Migration Assistant for Confluence の詳細をご覧ください。 

マイルストーン 41 - 2018 年 10 月 22 日

このマイルストーンには大きな変更はありません。

マイルストーン 34 - 2018 年 10 月 15 日

このマイルストーンには大きな変更はありません。 

マイルストーン 27 - 2018 年 10 月 8 日

検索 UI 機能の改善予定について

過去に発表したように、アトラシアンでは、Confluence でのコンテンツの検索性の改善に取り組んでいます。今後の Confluence リリースでは、検索 UI にいくつかの大きな改善をロールアウトする予定です。

クイック検索への変更

現在のクイック検索 (クイック ナビゲーション) は、改善された検索エクスペリエンスに置き換えられます。

  • 検索結果の拡張 – これまでは、クイック検索の検索結果がタイトルに制限されていました。これを拡張し、検索で、ページ内のコンテンツ、個人プロファイル、スペースの説明、および一部の添付ファイル タイプを参照するようになりました。
  • CQL フィルタ – ユーザーがスペース、投稿者、タイプ、日付で結果をすばやく絞り込むことができるよう、インタラクティブな CQL フィルタを追加しました。

完全な検索機能へのアクセス

最初のリリースでは、ユーザーは引き続き、追加の CQL フィルターと高度な検索構文を備えた、既存の完全な検索ページにアクセスできます。

このマイルストーンでは検索の変更は引き続き反映されませんが、confluence-url/users/darkfeatures.action に移動し、next.ui.search ダーク機能フラグを追加して試すことができます。

Spring のアップグレード

Spring を 4.2.5 から 4.3.18 にアップグレードしました。 

OpenJDK のサポート 

Confluence 6.13 では AdoptOpenJDK 8 のサポートを追加し、Oracle JDK のサポートの変更の影響を受けるお客様を支援する予定です。

AdoptOpenJDK 8 でアプリのテストはできるだけ早く開始することをお勧めします。問題が発生した場合はお知らせください。

Confluence やその他の製品での Java 11 および OpenJDK のサポート予定の詳細については、Atlassian Server および Data Center 製品の Java 11 および OpenJDK サポートをご確認ください。

エディタの TinyMCE のアップグレード

前述のように、現在、Confluence エディタを TinyMCE バージョン 3 からバージョン 4 にアップグレードすることに取り組んでいます。アップグレードされたエディタはこのマイルストーンでは引き続きダークになっていますが、Confluence 6.13 ではアップグレードされたエディタを提供することを目指しています。

エンド ユーザーへの影響はないと考えています (ごくわずかな問題を除く)。新しいエディタでアプリをテストしていない場合、この時点で実行することをおすすめします。開発者向けドキュメントの「アップグレードした TinyMCE 4 エディタでアプリをテストする方法」に移動し、必要な対応をご確認ください。 


最新のドキュメントをお探しの場合は、Confluence EAP スペースで最新のドキュメントをご確認ください。

開発者コミュニティはご存知ですか? community.developer.atlassian.com/ でぜひご確認ください。新しい EAP リリースの公開時に、お知らせカテゴリに投稿する予定です。

最終更新日 2018 年 11 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.