Confluence 6.1.0 ベータ版リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

2017 年 3 月 9 日

Atlassian presents Confluence 6.1.0-rc1. This is the first public release candidate for Confluence 6.1 and a snapshot of our work in progress, primarily focused on providing add-on developers an opportunity to test their add-ons and make any required changes in advance of an official release.

Confluence 6.1.0-rc1 は今すぐダウンロードできます

Development releases are not production ready. Development releases are snapshots of the ongoing Confluence development process. While we try to keep these releases stable, they have not undergone the same degree of testing as a full release, and could contain features that are incomplete or may change or be removed before the next full release.

No upgrade path. Because development releases represent work in progress, we cannot provide a supported upgrade path between development releases, or from any development release to a final release. You may not be able to migrate any data you store in a Confluence development release to a future Confluence release.

Atlassian does not provide support for development releases.

 

 

Issues with this milestone?
Please raise an issue to tell us about it. 

問題を報告する

Highlights of 6.1.0-rc1

3 月 9 日にリリース済み

Confluence 6.1 is almost ready for takeoff!  

You can also now take our new Cloud Formation Template for a spin. It's the fastest way to get Confluence Data Center up and running in AWS. Head to Preparing for Confluence 6.1 for all the details. 

Highlights of 6.1.0-beta2 

Released 17 February

Data Center が SAML シングル サインオンに対応

日常的に使うツールで安全なシングルサインオンを利用できるよう、SAML へ切り替える組織はますます増えています。Confluence Data Center を SAML 2.0 アイデンティティ プロバイダーへ接続することで、チームに便利なサインイン方法を提供しましょう。 

It's quick and easy to configure, and we support a wide range of identity providers, including OneLogin, Okta, PingIdentity, Bitium, Microsoft Active Directory Federation Services and Microsoft Azure Active Directory. You should be able to connect other identity providers too, so long as they use the SAML 2.0 Web Browser SSO Profile, with HTTP POST binding. 

SAML single sign-on is already available for JIRA Data Center and Bitbucket Data Center, so now's the time to bring all your Data Center applications under one authentication umbrella. 

 


Confluence Data Center を数分で AWS にデプロイする

インスタントなスケーラビリティ、クイック セットアップ、Data Center の無痛管理をお求めですか?ぜひ利用してください。そのために、Amazon と連携し、Amazon Web Service(AWS)で Confluence 6.1 Data Center を展開する新しい Quick Start を開発しました。

Quick Start は、数分でロード バランサとデータベースとともに Confluence Data Center クラスタをセットアップするのを支援します。以下はアーキテクチャの概要です。

簡単なセットアップ

新しいまたは既存の仮想プライベート クラウド(VPC)に Confluence Data Center を展開する Quick Start を使用して、Confluence および Synchrony ノード、データベース、ロード バランサを数分で設定し、使用できるようにします。AWSを初めての場合は、ステップバイステップのクイックスタートガイドが、プロセス全体を通して支援します。

簡単なスケーリング

Confluence および Synchrony ノードは自動スケーリング グループの EC2 インスタンスにインストールされます。これは、組織の成長に合わせてキャパシティを増やすのが簡単であることを意味しています。スケーリング ポリシーを指定すると、アプリケーションの需要が増加または減少するにつれて、インスタンスを起動または終了することができ、クラスタをこれまで以上に簡単に管理できるようになりました。 

単純なコストとライセンス

Quick Start を使用して AWS に Confluence を展開するのに必要なのは、Amazon アカウントおよび Confluence Data Center ライセンスだけです。AWS サービスのコストを負担することになりますが、Quick Start の使用については追加の費用やライセンスは必要ありません。

The Quick Start will be available at https://aws.amazon.com/quickstart/ shortly after Confluence 6.1 is released.

 


Re-energize your team with Team Playbook blueprints

For Atlassian, the mission to unleash the potential in every team starts at home. We've developed a playbook that changed the way our teams work. If you like the sound of the Atlassian Team Playbook but aren't sure how to get started, the Team Playbook blueprints are here to help. Each blueprint links back to the Team Playbook website for more information on how to complete the play. 

ヘルス モニター

Running a health monitor is your team's chance assess yourselves against eight attributes common amongst healthy teams and make a plan to address your weak spots. The blueprint provides everything you need to run the health monitor for three different types of teams: software teams, leadership teams and service teams.

エクスペリエンス キャンバス

アトラシアンのデザイナーに人気のエクスペリエンス キャンバス プレイは、お客様のプロジェクトが解決しようとしている問題や、誰のために解決しようとしているか、および何をもって成功とするかを明確にします。最初に仮設から出発し、結果がどのようになるかを確認します。ブループリントを使用することで、チームやその他の利害関係者と作業を共有することが簡単になります。 

DACI の決定

Projects and big initiatives involve lots of decisions. DACI is a framework that helps you to make decisions efficiently and effectively by define the roles and responsibilities of everyone who needs to be involved. It's like the current decisions blueprint on steroids, for when making the right decision really matters.

プロジェクト ポスター

プロジェクト ポスターは、チームが同じページを開き、実行モードにジャンプする前にアプローチでの自信を構築するのに役立ちます。ブループリントは、チームが問題を把握、アイデアを共有、どのような状態を成功とするかを定義するのに役立ちます。また、最も重要な詳細を、より大きな組織に伝えるのにも適しています。 

 


共同作業の継続的な改善

If you're already using collaborative editing we hope you're loving being on the same page with your team and getting more done. 

Confluence 6.1 has a veritable bucket full of fixes, performance improvements, and some nifty changes that make getting people collaborating in your environment much easier:

  • リバースプロキシ設定を変更して内部 Synchrony プロキシを使用する必要がなくなりました。そのまま使用して動作します。この改善には、setenv.bat / setenv.sh および server.xml への変更が含まれているため、これらのファイルにカスタマイズを加えている場合は、アップグレード後にカスタマイズ部分を追加し直す必要があります (ファイルそのものを入れ替えないでください)。 
  • XHR への自動フォールバックは、ユーザーが WebSockets で Confluence に接続できない場合に面倒なくページの編集を続けることができることを意味しています。 

Confluence 6.0 にアップグレードしたがインフラストラクチャまたは環境の問題のために共同編集をオフにしている場合、6.1 にアップグレードすることをお勧めします。その価値があることを約束します。 

 


問題発生時の安全な起動

すべてのユーザーがインストールしたアドオンまたは選択したアドオンを無効化して、コマンドラインから Confluence Server を起動できるようになりました。これは、サイトの問題をトラブルシューティングする場合、特にアップグレード後に Confluence を起動できない場合などに役立ちます。 

 

表示する...

To temporarily disable all non-system add-ons:

Linux
$ ./start-confluence.sh --disable-all-addons
Windows
 > start-confluence.bat /disablealladdons

 

To temporarily disable specific add-ons, specify the add-on key (for example com.atlassian.test.plugin). You can disable multiple add-ons using a colon-separated list.

Linux
$ ./start-confluence.sh --disable-addons=com.atlassian.test.plugin
Windows
> start-confluence.bat /disableaddon=com.atlassian.test.plugin

これらのパラメータはスタートアップ時のみ適用されます。再起動後は保持されません。アドオンを永久的に無効化する場合、UPM を使用する必要があります。

This is a Confluence Server feature. These parameters do not work with Confluence Data Center.

 


新しい中国語 (簡体字) 言語パック

中国語(簡体字)言語パックのバンドルを開始しました。これにより、箱から出してすぐに使える言語パックの数が 10 になりました。 

 


インフラの変更

Head to Preparing for Confluence 6.1 to find out about changes that will impact add-on developers. 

サポート対象プラットフォームの変更

We've made no changes to our supported platforms in this beta release. 

既知の問題

Confluence 6.1.0-beta2 has no known issues.

最終更新日 2017 年 5 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.