Confluence 3.5-m4 ("リリース候補版 4") リリースノート

_development_releases_archive

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

テスト目的専用

Do not use this release to upgrade your production systems.

This release is a public development release ('milestone') leading up to the next Confluence major release. Development releases are a snapshot of our work in progress, allowing our customers and especially plugin developers to see what we're up to.

Who should upgrade?

Development releases are not production ready. Development releases are snapshots of the ongoing Confluence development process. While we try to keep these releases stable, they have not undergone the same degree of testing as a full release, and could contain features that are incomplete or may change or be removed before the next full release.

No upgrade path. Because development releases represent work in progress, we cannot provide a supported upgrade path between development releases, or from any development release to a final release. You may not be able to migrate any data you store in a Confluence development release to a future Confluence release.

Atlassian does not provide support for development releases.

In supplying milestone releases, our aim is to provide plugin developers with an opportunity to see the latest changes in the code.

Each milestone release has passed all our automatic tests and has been used for one week on our official internal Confluence server. Most of the issues solved have been reviewed too, and all of our milestone releases even have been performance tested for a while.

However, since our milestones releases are timeboxed (that is, they are released every two weeks, no matter how far we have come implementing features and bugfixes) there is always a chance that we have new known bugs that are scheduled to be fixed in the next milestone, or completely new bugs unknown even to us.

Additionally, we have not completed our performance testing and compatibility testing for all supported databases and user management systems. So, for example, a milestone release may behave well on a small installation but show severe problems when subjected to many users.

アップグレード手順

Follow the normal upgrade instructions to upgrade your test instance to this release. We strongly recommend that you backup your Confluence home directory and database before upgrading!

ダウンロード

すべての開発リリースは、Atlassian ウェブサイトの開発リリース ページから入手できます。

Previous Milestone(s)

機能

通知の改善

このマイルストーンでも通知の改善を継続的に進めてきました。今後、変更に関する通知は、差出人メール アドレスとして、その変更を行ったユーザーの名前が含まれるようになります。これは Jira と同じように動作するため、受信トレイ内で Confluence 通知を読みやすくなるはずです。

メールで使用される差出人メール アドレスの形式は、Confluence 管理者がメール サーバーの設定で、Jira と同じ形式を使用してカスタマイズできます。初期設定の形式は「<ユーザーの氏名> (Confluence)」です。

Automatic Language Detection

This milestone includes the ability to select a user's preferred language automatically, by respecting the Accept-Language header which the user's browser sends. Unless a language preference has been made in the profile settings, the closest matching language to the one suggested by the browser will be used.

新しいスペース ディレクトリ

Confluence の大規模なインストールで顧客が直面する最大の問題の 1 つは、ダッシュボードの拡張性です。スペースが数十個を超えるサイトでは、ダッシュボード上のスペースのリストが拡張されない問題があります。このため、スペース ディレクトリと呼ばれる新しい画面を追加しました。これによって、ダッシュボードを使用せずにすべてのスペースを参照できます。

スペース ディレクトリでは、今後ダッシュボード上にあるスペースの「すべて」リストが廃止されて、多くの顧客にとってダッシュボードのパフォーマンスが大幅に向上する予定です。

Multimedia Autocomplete

また、Confluence 3.5 のエディターの改善についても継続して取り組んでいます。このマイルストーンでは、オートコンプリートによってマルチメディア ファイルをページに埋め込めるようになりました。Confluence でエディターの「!」をクリックして、添付されているムービー ファイルの名前を入力して試してみてください。

ウォッチャーをウォッチおよび管理するためのリモート API

Confluence SOAP API と XML-RPC API に、ウォッチャーを監視して管理するための新しいメソッドを多数追加しました。リモート API の新しいメソッドは、UI を通じて公開されるウォッチ機能を模倣しています。

  • boolean watchPage(String token, long pageId) – ページまたはブログ投稿をウォッチする。スペース、ページ、またはブログがすでにウォッチされている場合は、false を返す
  • プール値 watchSpace (文字列トークン、文字列スペースキー) — スペースを監視して、スペースがすでにウォッチされている場合は false を返す
  • プール値 watchPageForUser (文字列トークン、長い PageID、文字列のユーザー名) — 別のユーザーの代わりにウォッチを追加する (スペース管理者のみ)
  • boolean isWatchingPage(String token, long pageId, String username) – check whether a user is watching a page (space administrators only, if the username isn't the current user)
  • boolean isWatchingSpace(String token, String spaceKey, String username) – check whether a user is watching a space (space administrators only, if the username isn't the current user)
  • RemoteUser[] getWatchersForPage (文字列トークン、長い PageID) — ページのウォッチャーを返す (スペース管理者のみ)
  • RemoteUser[] getWatchersForSpace(String token, String spaceKey) – スペースのウォッチャーを返す (スペース管理者のみ)。

また、getBlogEntryByDayAndTitle というあまり知られていない古い方法もありますが、これは今月のブログ投稿しか検索できませんでした。日付とタイトルですべてのブログ投稿を対象に検索する新しい方法を追加しました。

  • RemoteBlogEntry getBlogEntryByDateAndTitle(String token, String spaceKey, int year, int month, int dayOfMonth, String postTitle) – retrieve a blog post by specifying the date it was published and its title.

小さな改善

  • CONFDEV-1792 - 編集ページの「コメント」を「何を変更しましたか?」に変更 (ユーザー テストで「コメント」では意味が曖昧であることが指摘されたため)
  • CONFDEV-1614 - Confluence のリンク スタイルを変更
  • CONFDEV-1409 - 新しいアバターのセット
  • CONFDEV-977 - キーボード ショートカットがあるすべてのダイアログの下部にヒントを追加する

バグ修正

Multimedia マクロのバグ修正
  • CONFDEV-1955 - Multimedia マクロのヘルプ リンクを修正
ユーザー管理のバグ修正
  • CONFDEV-1682 - Confluence UI で LDAP グループを削除しようとすると、処理できない例外になる
  • CONFDEV-1499 - Update the message shown to users when there are more users than the license allows
その他のバグ修正
  • CONFDEV-1936 - BundleUserMacrosUpgradeTask アップグレード タスクが不要だったので削除しました
  • CONFDEV-1924 - ドキュメントのテーマで壊れたパーソナル サイドバーのレイアウトを修正しました
  • CONFDEV-1855 - {attachments} マクロの順序を逆順に変更
  • CONFDEV-1840 - atlassian-user.xml がないときにサポート Zip が作成されなくなった
  • CONFDEV-1805 - External gadget urls don't work for https 
  • CONFDEV-1742 - インデックスが古い形式を使用しているときに LuceneUtils が長々とした警告を出す
Improvements for developers
  • CONFDEV-1896 - AUI を 3.2.1 にアップデートした
  • CONF-21462 - Plugin authors can now sign their plugins
  • CONFDEV-1877 - IDEA 10 で Confluence を修正: Web アプリは Confluence コア上の依存関係をコンパイルしています

既知の問題

  • CONFDEV-2112 - 3.5-m3 の後に構築されたカスタム デコレーターを使用しているスペースは、エラーが発生して失敗します
  • CONFDEV-2120 - ロゴはスペース ディレクトリでは機能しません

Note about CONFDEV issues

The Confluence team is using an internal JIRA project for tracking development with GreenHopper. The CONFDEV issues refer to our internal tracking numbers for user stories or bugs discovered and fixed within the scope of a release.

最終更新日 2016 年 5 月 27 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.