Confluence 5.5-m19 EAP リリースノート

_development_releases_archive

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

2014 年 3 月 20 日

アトラシアンは、Confluence 5.5 マイルストーン 19 (m19) を発表できることを光栄に思います。これは Confluence 5.5 の 2 番目の公開マイルストーン リリースであり、Confluence のクラスタリング ソリューションに関する継続的な取り組みのスナップショットを提供します。

This EAP (early access program) release is a snapshot of our work in progress, primarily focused on giving plugin developers an opportunity to test and fix their plugins in advance of an official release. Feel free to comment on the page if you want to provide any feedback or ask any questions.

このリリースの内容

Confluence のダウンロード

Development releases are not production ready. Development releases are snapshots of the ongoing Confluence development process. While we try to keep these releases stable, they have not undergone the same degree of testing as a full release, and could contain features that are incomplete or may change or be removed before the next full release.

No upgrade path. Because development releases represent work in progress, we cannot provide a supported upgrade path between development releases, or from any development release to a final release. You may not be able to migrate any data you store in a Confluence development release to a future Confluence release.

Atlassian does not provide support for development releases.

このリリースのハイライト

このマイルストーンには、Confluence のクラスタリング ソリューションに対するアトラシアンの作業のスナップショットが含まれており、Confluence 5.6 のリリース前に、プラグイン開発者にそれぞれのプラグインがクラスター互換であることを確認するための時間を提供します。テスト目的で環境を設定する方法については「単一マシン上で Confluence クラスターを起動」をご参照ください。 

Note that Confluence 5.5 will not include a clustered artifact, and customers wishing to set up a cluster in production will need to continue to use Confluence 5.4. We hope to make the new Confluence clustering solution available with Confluence 5.6.

クラスター化されたインストール用の共有ホーム ディレクトリ

クラスタ インストール用に共有ホーム ディレクトリの概念が導入されています。すべてのクラスタ ノードに対して、すべてのノード間で共有されるディレクトリに対するパスを構成する必要があります。  

プラグイン開発者は、ファイル システムに配置するデータを格納する最も適切な場所を決定する必要があります。「クラスターでプラグインを適切に動作させる方法」をご参照ください。

Updates to the atlassian-cache API

Confluence キャッシュのインフラストラクチャが更新されて、アトラシアン キャッシュ バージョン 2 API を使用するようになりました。この API は、Confluence によって使用されるアトラシアン キャッシュの以前のバージョン (0.1) と下位互換性があります。 

プラグイン開発者は、プラグイン要件に合わせて特別に構成されたキャッシュを作成できます。「プラグインにデータをキャッシュする方法」をご参照ください。

Confluence クラスタが Hazelcast を使用するようになりました 

Coherence は、クラスター化されたインストール用の Hazelcast に置き換えられました。この変更によって、Confluence 分散キャッシュ モデルが変更されます。Hazelcast はデータが各ノードで完全に複製されるのではなく、クラスター内のすべてのノードで均等に分割されるキャッシュ モデルをサポートしています。これによって、クラスターの拡張性がはるかに向上するはずです。

新しい REST API

Confluence 用の新しい REST API を開発中です。既存の API は、同等のリソースが REST API で利用可能になるため段階的に廃止される予定です。プラグイン開発者の場合は、可能な限り REST API を使用することをお勧めします。

詳細については「Confluence API」をご参照ください。

ページ プロパティとページ プロパティ レポート マクロのより詳細な制御

ページ プロパティとページ プロパティ レポートの各マクロに、オプションのページ プロパティ ID パラメーターを追加しました。複数のページ プロパティ マクロを含むページにある特定のページ プロパティ マクロについてレポートするには、各マクロに一致する ID を指定します。 

管理コンソールと歯車メニューの軽微な変更

Confluence 管理コンソールに若干の変更を加え、一部の設定を [一般設定] ページから新しい [詳細設定] ページに移動しました。これらの項目の機能は変更されていません。 

移動されたすべての項目の一覧を確認...

これらの設定は [Confluence 管理者] > [詳細設定] で確認できます。

  • サイト ホームページ
  • コメントのスレッド化
  • トラックバック
  • リモート API (XML-RPC & SOAP)
  • HTTP 応答の圧縮
  • 検索をオープン
  •  
  • クイック ナビゲーション

歯車メニューも変更されました。Confluence 管理にアクセスするには > [一般設定] の順に選択します。これによって、Confluence 管理コンソールの [一般設定] ページに直接移動できます。ユーザーまたはアドオンを管理する際に、Confluence 管理に移動せずにそれらのページに直接移動できるオプションが、歯車メニューに追加されました。 

その他の機能の改善

  • ユーザーがスペース間で個々のブログ投稿を移動できるようになりました。
  • Confluence サイト全体で、管理者が個々のスペースのブループリントを無効にできるようになりました。
  • 添付ファイル マクロの新しいパラメーター - プレビューの表示/非表示を選択できて、CreatedDate を並び替えオプションとして利用できるようになりました。 
  • @mentions オートコンプリートで氏名、ユーザー名、または名前の一部が認識されるようになりました。  
  • Confluence ページにマークダウンを挿入する機能。[挿入] > [マークアップ] の順に移動して [マークダウン] を選択します。Confluence はコンテンツを Confluence エディター形式に変換します (これは一方向のプロセスです)。
  • Jira 課題マクロの改善点には次が含まれます: 
    • JIRA ステータス バッジ
    • PDF エクスポートの改善
    • 列見出しを並べ替え
    • プロジェクト内に必須フィールドを含む課題を作成する機能。システム フィールドと一部のカスタム フィールド タイプ (プレーン テキスト フィールド タイプのみ) がサポートされています。 
    • カスタマイズ可能な列見出しによって、単一の課題を表として表示する機能

新しい EAP ドキュメント

Full documentation for this EAP release can be found in the new Confluence Data Center and Server documentation space.  This space will be updated with the latest documentation shortly after the release of a milestone or beta. 

フィードバックの送信方法

We'd love your feedback so please:

  • Feel free to comment on this page with your feedback, or
  • Send us your comments via the 'Got Feedback' option in the header of your EAP Confluence site.

アップグレード ノート

For standalone Confluence installations follow the usual upgrade instructions to upgrade your test site to this release.

For clustered installations the following extra steps apply. 

Follow the normal upgrade procedure, but execute the following steps immediately after shutting down the existing cluster:

  1. Create a directory that is visible to all cluster nodes in the same path.
  2. Shut down the cluster.
  3. 各ノードのホーム ディレクトリ内の confluence.cfg.xml を編集して、confluence.cluster.home という名称の新しいプロパティを共有ホーム ディレクトリへのパスと併せて値として追加します。例:

    <property name="confluence.cluster.home">/mnt/confluence-shared-home</property>
  4. 次を除いて、1 つのノードのホーム ディレクトリからすべてのファイルとディレクトリを、新しい共有ホーム ディレクトリに移動します。
    • config
    • confluence.cfg.xml
    • index
    • temp
    • bundled-plugins
    • plugin-cache-*
    • plugins-cache
    • plugins-osgi-cache
    • plugins-temp
  5. Remove the moved files/directories from the home directories on all other nodes.
  6. Continue to follow the normal upgrade procedure
最終更新日 2016 年 11 月 7 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.