リリースノート 2.8-m3 ("マイルストーン 3")

_development_releases_archive

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Do not use this release to upgrade your production systems.

For all production use and testing of Confluence, please use the latest official release.

Confluence 2.8-m3 は、2.8 向けのマイルストーン開発リリースです。これは、Confluence 2.8 に至るまでの公開された開発リリース (DR) です。開発リリースは現在取り組んでいる作業のスナップショットであり、お客様やとりわけプラグイン開発者に対して当社の取り組みをお知らせするものです。

Who should upgrade?

Development releases are not production ready. Development releases are snapshots of the ongoing Confluence development process. While we try to keep these releases stable, they have not undergone the same degree of testing as a full release, and could contain features that are incomplete or may change or be removed before the next full release.

No upgrade path. Because development releases represent work in progress, we cannot provide a supported upgrade path between development releases, or from any development release to a final release. You may not be able to migrate any data you store in a Confluence development release to a future Confluence release.

Atlassian does not provide support for development releases.

Our milestone releases aim to provide plugin developers with an opportunity to see the latest changes in the code.

各マイルストーンのリリースはすべての自動テストに合格して、公式の社内 Confluence サーバーで 1 週間使用されています。解決した課題のほとんどもレビューされています。

However, since our milestones releases are timeboxed (i.e. they get released every two weeks, no matter how far we have come implementing features and bugfixes), there is always a chance that we have new known bugs, which are scheduled to be fixed in the next milestone, or completely new bugs unknown even to us.

Milestone releases have not been load- or stress-tested. So, for example, they might behave well on a small installation but show severe problems when subjected to many users.

アップグレード手順

Follow the normal upgrade instructions to upgrade from Confluence 2.7.x to this release. We strongly recommend that you backup your confluence-home directory and database before upgrading!

ダウンロード

All development releases are available from Development Releases on the Atlassian website.

Issues resolved or improved in this release

  • UI 改善の初稿: Confluence によって提供される HTML と CSS を、標準に準拠してアクセシビリティに対応するようにする作業に取り組んでいます。同時に、UI 構造を作り直しています。ここ数年、UI が少し成り行き任せに成長しすぎているように思われます。たとえば、「ページを削除する」ボタンがページを編集しているときにのみ利用できるなど、いくらかナビゲーションがややこしくなっています。コンテンツを追加する際に最初に選択するドロップダウン メニューを実装したことで、UI はすでに若干すっきりしています。実施しているすべてのナビゲーションの変更は既定のテーマを対象としていますが、HTML&CSS の変更の一部は他のテーマにも影響する可能性があります。
    将来的には、変更によりプラグイン開発者は以前よりも簡単に Confluence に接続できるようになり、Confluence のスキン化がかなり簡単になります。ただし、プラグイン開発者は私たちが行う変更を認識して、(このマイルストーン リリースを調べて) プラグインのメンテナンス作業をスケジュールする必要があるかどうかをチェックする必要があります。変更の予定はさらにあるため、急がずに計画を立ててください。
  • ページの並べ替えの最初のドラフト: Confluence スペースから生成されるコンテンツの品質を劇的に向上させる、要望の高い機能の実装に取り組んでいます。これまでのところ、Confluence から生成した PDF ファイルはアルファベット順に並べられていました。このため、たとえば Confluence ユーザー マニュアルですら非常に読みづらいものでした。新しいページの順序付け機能によって、Wiki を好きなように構造化できます。もちろん、アルファベット モードがよければそのままにできます。アトラシアンの目標は、本当に便利なソリューションを提供することです。このマイルストーンで提供しているのは、機能の最初の 50% のみです。現在、Sarah (アトラシアンのドキュメンテーション女王) から得られるすべてのフィードバックとバグ レポートの実装に取り組んでおり、次のマイルストーン リリースではさらなる改善とバグ修正を提供します。

Jira で行われた修正と新しく実装された機能の完全なリストをご確認ください。前のマイルストーンからの修正だけでなく、2.8 の開発中に解決したすべての課題も含まれています。

既知の問題

大きな既知の問題はありませんが、主にページの並べ替えに関連する小中のバグが多数あります。これについては M4 で対処する予定です。

最終更新日 2008 年 1 月 29 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.