リリースノート 3.0-m8 ("マイルストーン 8")

_development_releases_archive

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

マイルストーン リリース アドバイザリ

テスト目的専用

Do not use this release to upgrade your production systems.

This release is a public development release ('milestone') leading up to the next Confluence major release. Development releases are a snapshot of our work in progress, allowing our customers and especially plugin developers to see what we're up to.

Who should upgrade?

Development releases are not production ready. Development releases are snapshots of the ongoing Confluence development process. While we try to keep these releases stable, they have not undergone the same degree of testing as a full release, and could contain features that are incomplete or may change or be removed before the next full release.

No upgrade path. Because development releases represent work in progress, we cannot provide a supported upgrade path between development releases, or from any development release to a final release. You may not be able to migrate any data you store in a Confluence development release to a future Confluence release.

Atlassian does not provide support for development releases.

In supplying milestone releases, our aim is to provide plugin developers with an opportunity to see the latest changes in the code.

Each milestone release has passed all our automatic tests and has been used for one week on our official internal Confluence server. Most of the issues solved have been reviewed too, and all of our milestone releases even have been performance tested for a while.

However, since our milestones releases are timeboxed (that is, they are released every two weeks, no matter how far we have come implementing features and bugfixes) there is always a chance that we have new known bugs that are scheduled to be fixed in the next milestone, or completely new bugs unknown even to us.

Additionally, we have not completed our performance testing and compatibility testing for all supported databases and user management systems. So, for example, a milestone release may behave well on a small installation but show severe problems when subjected to many users.

アップグレード手順

Follow the normal upgrade instructions to upgrade your test instance to this release. We strongly recommend that you backup your Confluence home directory and database before upgrading!

ダウンロード

すべての開発リリースは、Atlassian ウェブサイトの開発リリース ページから入手できます。

要約

Confluence チームは、最新のマイルストーン リリースである Confluence 3.0-m8、「マイルストーン 8」をお届けできることを嬉しく思います。このリリースでは、コミュニティ機能の大幅な改善、追加のパフォーマンスの改善多くのバグ修正が含まれています。

コミュニティ

Confluence の新しいコミュニティ機能に対する大幅な改善をご確認ください。

  • プロファイル ページのアクティビティ リストが改善されました - ユーザー ステータス リストが独自のタブに移動し、新しい最近の更新マクロがその場所に配置されました。外観も手直しされており、プロファイル ページにうまく収まっています。Facebook も顔負けです。
  • ステータス リストはページネーション付きの別のタブに移動しました - ユーザー ステータス リストは適切な場所に配置され、独自のタブになりました。このタブは、履歴に基づくステータス更新を管理および表示する中心的な場所です。古いステータス更新を削除するためのリンクは、このタブにあります。
  • 各ステータス項目には独自のページがあるため、ステータスにリンクすることができます - 各ステータスを独自のページに表示できるので、古いステータス オブジェクトへのリンクを作成して履歴参照が可能になりました。
  • パーソナル スペース サイドバーが更新され、アクティビティ リストとフォロワー情報が追加されました - パーソナル スペース サイドバーは、最近更新された新しいマクロおよびフォロー情報と調和し、見栄えがします。
  • Favorite People (お気に入りユーザー) タブで (またはホバーを使用して) フォロワーを追加すると、すぐにページとリストが更新されます - Lucene インデックスを使用せず、ホバーの制御に左右されないように、フォロワー情報の検索方法を変更したため、このページ上のほとんどの変更は更新のトリガーとなり、更新は直ちに表示されます。新しいフォロワーが実際に機能したかどうかの心配はもう無用です。
  • ユーザー プロファイル ページのこれらの追加フィールドは Wiki レンダラーを介して実行されるようになり、リンクと簡単な書式設定が可能になりました。

マクロ ブラウザ

マクロ ブラウザー チームは過去 2 週間、陰でリッチ テキスト エディターのプレースホルダーに取り組んでいました。残念ながら、この変更は複雑さの度合いとリスクが高すぎて、3.0 に適用できないため、このマイルストーンではマクロ ブラウザーにいくつかの小さな改善を行いました。

  • マクロ ブラウザーで利用可能な、マクロに関するパラメーターとドキュメントの数が増えています。バンドルされたマクロの 100% がドキュメント化されたパラメーターを持つようになり、リリースの残りの部分ではドキュメントの微調整のみを行います。
  • Office コネクタ {viewfile} マクロは、Word、Excel、PDF、PowerPoint の各ドキュメント用の個別のマクロとしてマクロ ブラウザに表示されます。

PDF エクスポート

Balsamiq Mockups と他のいくつかの複雑なマクロが PDF に正しくエクスポートするようになりました (CONF-14792)。

(star) 今すぐ新しい PDF エクスポートを試してみませんか?任意のページで、[ツール]、[PDF としてエクスポート] の順に選択します。

Engine Room

Engine Room チームは、このマイルストーンのために重要なパフォーマンスの改善をいくつか実施しました。具体的には次のとおりです。

  • 検索が高速になって、分単位のインデックス更新にブロックされなくなります。これによって、検索インデックスを使用するダッシュボードとマクロがやや高速になります (CONF-7749CONF-14803)。
  • ページに埋め込まれた画像添付ファイルが Web ブラウザにキャッシュされるようになりました。これによって、多数の画像を含むページの読み込みが速くなってサーバーの負荷が軽減されます (CONF-8034)。 
  • WebDAV プラグインを 2.0-beta2 にアップグレードしました。このプラグインは以前からコミュニティにリリースされており、非常に肯定的な反応がありました。現在はより多くのクライアントとの互換性があるはずです。ただし、Windows クライアントにはまだ特別な設定が必要です。テストするには、クライアント設定に関するドキュメントを読んでください。

20% のプロジェクト

管理者は、Web インターフェイスから Confluence のキャッシュのサイズをカスタマイズできるようになりました。以前は、キャッシュを調整するたびに XML ファイルを編集し、Confluence を再起動する必要がありました。これは、Confluence Jira プロジェクトで最も人気のあるサポート機能リクエストの 1 つである CONF-12836 (34 票) に対応しています。

バグ修正

M7 で破損していたマクロである {flowchart}、{rsvp}、{pagetree} が修正されました (CONF-14615CONF-14829CONF-14581)。

これまで、Gliffy プラグインと Beanshell マクロを最新の開発バージョンで正しく動作させるにはカスタマイズが必要でしたが、Confluence 3.0 によって動作するようになりました。

以下は、Confluence 3.0-m8 で解決済みの課題の完全なリストです。

type 鍵 (キー) 要約 担当者 reporter 優先度 ステータス resolution created updated due

予期しないエラーのため、データを取得できません。

Jira でこれらの課題を表示する

最終更新日 2016 年 11 月 8 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.