リリースノート 2.8-m2 ("マイルストーン 2")

_development_releases_archive

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Do not use this release to upgrade your production systems.

For all production use and testing of Confluence, please use the latest official release.

Confluence 2.8-m2 は、2.8 向けのマイルストーン開発リリースです。これは、Confluence 2.8 に至るまでの公開された開発リリース (DR) です。開発リリースは現在取り組んでいる作業のスナップショットであり、お客様やとりわけプラグイン開発者に対して当社の取り組みをお知らせするものです。

Who should upgrade?

Development releases are not production ready. Development releases are snapshots of the ongoing Confluence development process. While we try to keep these releases stable, they have not undergone the same degree of testing as a full release, and could contain features that are incomplete or may change or be removed before the next full release.

No upgrade path. Because development releases represent work in progress, we cannot provide a supported upgrade path between development releases, or from any development release to a final release. You may not be able to migrate any data you store in a Confluence development release to a future Confluence release.

Atlassian does not provide support for development releases.

Our milestone releases aim to provide plugin developers with an opportunity to see the latest changes in the code.

各マイルストーンのリリースはすべての自動テストに合格して、公式の社内 Confluence サーバーで 1 週間使用されています。解決した課題のほとんどもレビューされています。

However, since our milestones releases are timeboxed (i.e. they get released every two weeks, no matter how far we have come implementing features and bugfixes), there is always a chance that we have new known bugs, which are scheduled to be fixed in the next milestone, or completely new bugs unknown even to us.

Milestone releases have not been load- or stress-tested. So, for example, they might behave well on a small installation but show severe problems when subjected to many users.

アップグレード手順

Follow the normal upgrade instructions to upgrade from Confluence 2.7.x to this release. We strongly recommend that you backup your confluence-home directory and database before upgrading!

ダウンロード

All development releases are available from Development Releases on the Atlassian website.

このリリースで解決された課題

  • Velocity テンプレート エンジンのアップグレード

Confluence のベロシティ テンプレート エンジンが 1.3 から 1.5 にアップグレードされました。これはエンド ユーザーにはさほど関係しないかも知れませんが、既存のテーマやプラグインとの互換性に問題がある可能性があります。アトラシアン社内で使用しているこのアップグレード ガイド「http://confluence.atlassian.com/display/DOC/Migrating+to+Velocity+1.5」もご確認ください。

  • ファイル アップロード コンポーネントのアップグレード

Web ブラウザのファイルのアップロードを処理するために、Pell マルチパートは Jakarta Commons FileUpload コンポーネントに置き換えられました。これも Confluence エクスペリエンスには特に影響はありませんが、Confluence にファイルを添付するときに何らかの問題を引き起こす可能性があります。

  • PDF スペース エクスポート

スペース PDF エクスポートが最適化されたため、エクスポート時のサーバー メモリ使用量が少なくなります。

  • 新しい GZIP 圧縮フィルター

Confluence チームは新しい GZIP 圧縮フィルターを統合して、ダウンロードとページ ビューをより効率的に実現できるようにしました。現在、初期設定では有効になっていないため、プラグインでテストするには、管理コンソールで有効にする必要があります。アトラシアンではこれを社内で使用していて、ページを閲覧する際のパフォーマンスが見違えるほど向上しています。

Jira で行われた修正と新しく実装された機能の完全なリストをご確認ください。前のマイルストーンからの修正だけでなく、2.8 の開発中に解決したすべての課題も含まれています。

既知の問題

スペース ロゴやログイン画面に関連する外観上の UI の問題がいくつかありますが、どれも生産性に影響するようなものではありません。ベロシティ マクロのバグのため、通知メールは空になっています。

最終更新日 2008 年 1 月 16 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.