Jira Software 9.6.x リリース ノート

Jira Software リリース ノート

このページの内容

このセクションの項目

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

8.x から 9.x へのアップグレードでは Jira の完全な再インデックスがトリガーされるため、プロセス中にダウンタイムが発生します。現在 8.x をご利用の場合、ダウンタイムを予測したうえでアップグレードに最適な時間枠を選ぶようにしてください。

完全な再インデックスやダウンタイムの予測方法の詳細の確認

さらに読む

本リリースに関する重要な情報をアップグレード ノートで確認し、解決済みの課題の完全な一覧をご確認ください。

 互換性のあるアプリケーション

互換性のある Jira アプリケーションをお探しの場合、次のページをご参照ください。

考慮事項

Data Center への移行をご検討の場合、弊社の推奨事項をご参照ください。「Jira のインフラストラクチャの推奨事項」を確認

Crowd のメンバーシップ変更を Crowd ディレクトリの完全同期やインクリメンタル同期中にバッチ化

ステータス: DONE

Crowd メンバーシップ変更のパフォーマンスを改善するために、ディレクトリの完全同期/インクリメンタル同期中に変更を一括処理するようになりました。また、機能の効率性を高めるため、DirectoryManager のルックアップ リクエストがキャッシュされるようになっています。

サポート内容

ディレクトリの完全同期やインクリメンタル同期中に次の処理がサポートされます。

  • グループへのネスト グループ メンバーシップの一括追加
  • グループからのネスト グループ メンバーシップの一括削除
  • グループからのユーザー メンバーシップの一括削除

Cache App API の廃止

ステータス: DONE

Cache App API エンドポイントを廃止し、com.atlassian.jira.cacheResource ダーク機能フラグの背後に設定しました。これは必要に応じて有効化できます。このエンドポイントは今後のリリースで永続的に取り除かれます。

Cache App API はすべてのキャッシュをフラッシュするための利用は想定されておらず、本番環境で利用するには安全ではないと判断しました。

完全なシャットダウンを防ぐためにこの API エンドポイントを利用している場合があるかもしれません。ただし、このエンドポイントが Data Center で持つ影響も完全なシャットダウンに等しいものである可能性があります。さらに、基盤となっている問題が修正される保証もありません。

今後はキャッシュをフラッシュする際には完全な再起動を行うことを推奨します。Data Center 版では一度すべてのノードをシャットダウンし、その後それらを再起動します。

jira.diagnostics.ipdlog.poll.seconds システム プロパティを製品内診断から削除

ステータス: DONE

製品内診断 (IPD) ツールでは、システム プロパティ jira.diagnostics.ipdlog.poll.seconds を利用して、JMX 値のポール間隔やそれらがログ ファイル atlassian-jira-ipd-monitoring.log に記載される間隔を変更できました。デフォルトのポール間隔は 60 秒で、これは今後も維持されます。このプロパティは IPD から削除されます。

既知の問題

次の表は、Jira Software 9.6 で直面する可能性がある問題の一覧です。それぞれで回避策や一時的なソリューションが提供されている場合があります。

当社ではこのような問題を認識しており、今後のリリースでの解決を予定しています。

課題ソリューション

JIRA SOFTWARE 課題を新しいプロジェクトに移動する際に、クローズ済みのスプリントや完了済みのスプリントがスプリント課題フィールドから自動的に削除される。

Jira 8.8 以降、ユーザーが課題を別のプロジェクトに移動する際に、"クローズ済み" ステータスのすべてのスプリントがスプリント課題フィールドから自動的に削除されています。この挙動の目的は、関連性の低いスプリントをベロシティ レポートから取り除くことにありました。

クローズ済みのスプリントや完了済みのスプリントの削除についてユーザーに通知がなかったため、データ損失につながっていました。

現時点では、ユーザーはベロシティ レポートに関連性の低いスプリントを表示するかどうかを判断できますが、データ損失やシステム挙動の不透明性は残っています。

This is a known issue tracked in the ticket JSWSERVER-13333 - Getting issue details... STATUS

現在次のソリューションを検討しており、みなさまからのご意見を伺いたいと考えています。

  1. When moving issues to another project, you’ll be able to choose whether you want to keep or remove closed or completed sprints in them. Vote for this solution and leave your feedback in JSWSERVER-11992 - Getting issue details... STATUS

  2. Before moving issues to another project, you’ll be able to manually remove closed or completed sprints from them. Vote for this solution and leave your feedback in JSWSERVER-15615 - Getting issue details... STATUS

いただいたフィードバックを考慮して最適なソリューションを検討します。

解決済みの課題

9.6.0 で解決済みの課題

2023 年 1 月 24 日にリリース

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh

Last modified on Mar 16, 2023

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.