Jira Software 7.9.x リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

さらに読む

新しいバージョンの試用をご検討中の場合、ソフトウェア メンテナンスを更新済みであることをご確認ください。いますぐ更新

本リリースに関する重要な情報をアップグレード ノートでご確認ください。また、解決済みの課題の完全な一覧をご確認ください。 

互換性のあるアプリケーション

If you're looking for compatible JIRA applications, look no further:



カンバン ボードの高速化

チームの生産性が高いと、"完了" 列が常にいっぱいになってしまう場合があります。ボードに課題が多すぎると、パフォーマンスが悪化するほか、何度もスクロールする必要が発生します。これを修正するために、ボードを整理された状態に保ってパフォーマンスを確保する、コードネーム "Fast Kanban" を実装しました。 

アイディアはシンプルです。"完了" 列には、任意の方法で過去 2 週間以内に更新された課題のみが表示され、残りは非表示になります。ボードが整理されるため、チームの作業が快適になります。プロジェクト管理者は必要に応じて、保持期間を変更したり、すべての課題を表示するように選択したりすることができます。詳細情報

強力な検索機能

開発ツールをJira Software にリンクすると、課題を表示するときに開発情報を参照できます。これは非常に役立ちますが、この情報をクエリで取得できるようになりました。クエリを使って次のリリースを確認したり、オープンなプル リクエストを持つすべての課題を検索したりすることができます。アドバンス検索で、次のようなクエリを入力します。

fixVersion = 7.8.0 AND development[pullrequests].open > 0

これは、修正バージョンが 7.8.0 で、オープンなプル リクエストがリンクされているすべての課題を返します。プロジェクトで失敗しているビルドの数も確認できます。次のようになります。

project = ABC AND development[builds].failing > 0

JQL に開発情報を追加することで、Jira Sotware での開発ツールの視認性をさらに高めることができます。これにより、開発および作業の判断を多くの情報を基に行えるようになります。信頼性の高いリリース パイプラインのビルドにも役立ち、ユーザーは顧客にさらに高品質なリリースを提供できるようになります。詳細情報

バージョン検索でのワイルドカードの使用

多くのユーザーからリクエストをいただいていた、ワイルドカードを使用したバージョン フィールドの検索機能を追加しました。9、9.1、その他の形式について、~ 演算子と、任意の文字の位置 (文字数は問わない) を表すアスタリスクを使用する、シンプルなクエリを使用できます。

たとえば 9.x のバージョンを検索したい場合、検索クエリは次のようになります。fixVersion ~ “9.*”。便利なクエリをぜひお試しください。詳細情報

Microsoft SQL Server 2016

製品ファミリのサポート対象データベースに、Microsoft SQL Server 2016 を追加しました。詳細情報

Jira Data Center での非同期キャッシュ レプリケーション

Jira Data Center でのキャッシュ レプリケーション形式を非同期に変更しました。これにより、クラスタの安定性を高め、ノード間でのキャッシュの不一致が取り除かれます。詳細については、アップグレード ノートをご参照ください。

その他の改善事項

  • CSV の区切り文字
    課題を CSV にエクスポートする際に、一般的な 4 つの区切り文字から 1 つを選択できるようになりました。選択できる区切り文字は、コンマセミコロンバーティカル バー、およびキャレット (^) です。課題を検索し、右上の [エクスポート] > [CSV] を選択して、ぜひ機能をお試しください。

  • 空の JQL クエリの無効化
    空の JQL クエリで絞り込みを行うとすべての課題が返されるため、ボードやガジェットでパフォーマンスに深刻な影響が発生する場合があります。これを防ぐために、空の JQL クエリが実行された場合の動作を決定するグローバル設定を追加しました。すべての課題を返すか (現在と同様)、結果をまったく返さないかを選択できます。詳細情報

  • 監査ログの新イベント
    ボードの作成と削除、およびスプリントの削除イベントを追加しました。

  • MySQL データベースでの IPv6
    Jira を MySQL データベースに接続する際に IPv6 アドレスを使用できるようになりました。詳細情報

解決済みの課題

7.9.0 で解決済みの課題

2018 年 4 月 9 日にリリース

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh

7.9.1 で解決済みの課題

2018 年 4 月 24 日にリリース、2018 年 5 月 7 日に削除

このリリースはこの不具合のため、削除されました。使用することはできません。

7.9.2 で解決済みの課題

2018 年 5 月 9 日にリリース

BTF 分析プラグインに変更を行い、収集する情報の品質や精度を改善しました。

この改善を利用するには、Jira Server / Data Center インスタンスをこのバージョンにアップグレードします。

キー 要約 T 作成日 更新日 期限 担当者 報告者 P ステータス ソリューション
Loading...
Refresh

最終更新日: 2018 年 12 月 31 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.