Jira Software 8.18.x アップグレード ノート

Jira Software リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ここでは、Jira Software 8.18 へのアップグレードに関する重要な注意事項について説明します。


 アップグレード ノート

次の重要な情報をご確認ください。

8.18.1: Bundled JRE disables secure connections to MySQL Community Edition 5.7.27 or older over TLS versions 1 and 1.1

Jira Software 8.18.1 binary installers are bundled with the AdoptOpenJDK 8u291 JRE, which ships with TLS versions 1 and 1.1 disabled by default. This prevents secure connections with MySQL Community Edition 5.7.27 or older compiled with yaSSL.

You're not affected by this issue if:

  • You’re running MySQL Enterprise Edition
  • You’re running MySQL Community Edition 5.7.27 compiled with OpenSSL
  • You haven’t enabled secure connections in MySQL Community Edition
  • You’re running Jira using a JRE version lower than 8u291 or 11.0.11

To ensure that Jira can establish a secure connection with your MySQL database after the upgrade, switch to a version of MySQL Community Edition that supports TLS 1.2. You can choose one of the following solutions:

Recommended solution: Upgrade to MySQL Community Edition 5.7.28 or newer

Because the binary distributions of MySQL Community Edition 5.7.27 and older are compiled with yaSSL, they do not support TLS 1.2 by default. We recommend that you upgrade to MySQL Community Edition 5.7.28 or newer (this version uses the OpenSSL library), and then allow secure connections over TLS 1.2 by either:

  • Upgrading the MySQL Connector/J driver to version 8.0.19 or newer.
  • Adding the enabledTLSProtocols=TLSv1.2 parameter to the MySQL JDBC connection string in dbconfig.xml.

詳細の参照先:

Solution 2: Recompile MySQL Community Edition 5.7.27 or older with OpenSSL

Alternatively, you can recompile version MySQL Community Edition 5.7.27 or older with OpenSSL, and then allow secure connections over TLS 1.2 by either:

  • Upgrading the MySQL Connector/J driver to version 8.0.19 or newer.
  • Adding the enabledTLSProtocols=TLSv1.2 parameter to the MySQL JDBC connection string in dbconfig.xml.

詳細の参照先:

Solution 3: Re-enable TLS 1 and 1.1 in Java

The TLS 1 and 1.1 protocols are insecure. Atlassian does not recommend using this solution in the long term.

If required, you can re-enable support for TLS 1 and TLS 1.1 in Java by removing the TLSv1 and TLSv1.1 entries from the jdk.tls.disabledAlgorithms property in <JAVA_HOME>/lib/security/java.security.

Disable the PacClient

Use this temporary workaround only if you installed Jira Software 8.18.0. This problem has been fixed in 8.18.1.

Jira Software 8.18.0 had a known issue that affected Universal Plugin Manager (UPM) cache invalidation and rendered Jira unresponsive after a few hours since startup.

To prevent Jira from becoming unresponsive, disconnect it from the Atlassian Marketplace:

  1. Select Administration () > Manage apps.
  2. At the bottom of the page, select Settings.
  3. Clear the Connect to the Atlassian Marketplace checkbox and select Apply.

In clustered Data Center configurations, the change is propagated to all nodes in the cluster.

Alternatively, you can restart Jira with the -Dupm.pac.disable=true startup option enabled. See Setting properties and options on startupIf you’re running Jira Data Center in a cluster, repeat this step on each node.

After disabling the PacClient, you won’t be able to install or update apps directly from the Atlassian Marketplace. However, you can still do that by manually uploading apps from the Manage apps administration page.

H2 データベースのアップグレード

このリリースでは、Jira の評価時に多く使われる組み込みの H2 データベースをアップグレードしました。これは大幅なアップグレードであり、いくつかの重大な変更が含まれています。 

組み込みの H2 データベースで実行されている Jira をアップグレードしようとしている場合、次の手順に従ってください。

  1. アップグレードするインスタンスの XML バックアップを作成します。
  2. ${jira_home}/database から h2db.mv.db ファイルを削除します。
  3. 新しい Jira インスタンスを実行します。
  4. XML バックアップをリストアします。

データをサポート対象のデータベースに移行

H2 を本番環境で使用している場合、インスタンスをアップグレードする前にサポート対象の外部データベースに移行する必要があります。 

ステップバイステップの GUI については「データベースの切り替え」をご確認ください。

 アプリ開発者向けの情報

アプリに関するすべての重要な変更については、「Jira 8.18 への準備」を参照してください。

 アップグレード手順

Jira バージョン 8.x.x からアップグレードする場合 

  • 利用可能なすべてのアップグレード方法およびアップグレード前の手順を含む完全なアップグレード手順について、「Jira アプリケーションのアップグレード」をご参照ください。

  • ご自身の環境に合わせたアップグレードをご検討の場合、[Jira 管理] > [アプリケーション] > [アップグレードを計画] をご確認ください。アップグレード先のバージョンの提案やアップグレード前のチェックの実行が行われ、詳細な手順を含むカスタムのアップグレード ガイドが提供されます。
最終更新日 2021 年 8 月 18 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.