Jira Software 7.3.x リリース ノート

Jira Software リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

この Jira リリースのサポートは終了しています。詳細については「サポート終了ポリシー」をご参照ください。


2017 年 1 月 3 日

Atlassian JIRA Software チームよりJIRA Software 7.3 のリリースを発表いたします。

今回の JIRA Software のリリースでは、すべてのお客様に機能を提供できるように様々な分野に取り組み、JIRA Software で得られるエクスペリエンスを向上させました。今回のリリースで取り組みを行ったのは、次のような分野です。

  • プロジェクト管理 - プロジェクト管理者にワークフローを編集する機能を付与することにより、その権限を強化する取り組みを開始しました。
  • リッチテキスト エディター - リッチテキスト エディターをラボ機能からレベルアップさせ、インスタンスの既定のエクスペリエンスとして提供することとなりました。
  • Data Center  - シングルサインオンのサポートを追加するとともに、クラスタ環境でゼロダウンタイムの JIRA Software アップグレードを可能にしました。

これらの機能を提供することにより、すべてのお客様に対して JIRA Software のエクスペリエンスを向上させることができたと確信しています。コメントやご提案がある場合は、当社の JIRA インスタンス内で 直接当社宛てにお気軽に送信していただきますようお願いいたします。

Eve Stankiewicz

JIRA Software プロダクト マネージャー

このページの内容:


プロジェクト レベルの管理

以下の一定の条件を満たせば、プロジェクト管理者がプロジェクトのワークフローを編集できるように、プロジェクト管理者の権限を拡大しました。

  • ワークフローが他のプロジェクトと共有されていないこと
  • ワークフローが既定の JIRA システム ワークフローでないこと。このタイプは一切の編集が不可能となっています

プロジェクト管理者は JIRA 管理者と同じレベルでワークフローを編集できるわけではありません。以下のような制限があります。

  • ステータスを追加するには、それが JIRA インスタンスに既存のステータスでなければなりません。つまり、プロジェクト管理者が新しいステータスを作成したり、既存のステータスを編集したりすることはできません。
  • プロジェクト管理者はワークフローのステータスを削除できません。
  • プロジェクト管理者はトランジションを作成、更新、削除することはできますが、トランジションで使用する画面の選択や更新を行ったり、トランジションのプロパティや条件、バリデーター、事後操作を編集したりすることはできません。

この機能は既定で有効になっています。JIRA Software 7.3 にアップグレードすると、すべてのプロジェクト管理者がすぐにこの機能を使用できるようになります。ワークフローを編集するには、プロジェクト管理者はプロジェクトのサイドバーで プロジェクトの設定 を選択し、課題タイプを選択する必要があります。この操作によってワークフローが提示され、ワークフローの編集 を利用できるようになります。


これは大きな変更であることを承知しているため、スクリプトを作成 して、JIRA 管理者がどのインスタンスに影響があるかを把握しやすくしました。このスクリプトは、プロジェクトの一覧とプロジェクトのワークフローを編集できるグループやユーザーの一覧を表示します。また、監査ログに新しい「ワークフロー」イベントを追加し、ワークフローを変更した人や変更の対象となるプロジェクトを示すようにしました。



リッチテキスト編集

JIRA Core 7.2 で選択可能なラボ機能としてリッチテキスト編集機能をリリースしましたが、今回この機能をレベルアップし、 JIRA Core の既定のエクスペリエンスとして提供することとしました。つまり、JIRA Core7.3 にアップグレードまたは新規インストールすると、リッチテキスト エディターが既定で有効となります。これにより、ユーザーはビジュアル モード(WYSIWYG)またはテキストモード(wiki マークダウン)のいずれかを選択できます。管理者の必要に応じて、リッチテキスト編集を無効にする機能を保持しており、その場合、すべてのインスタンス全体ですべてのユーザーに対して機能が無効となります。 

To disable the rich text editor, select > System, and select Rich text editor from the sidebar.



JIRA インスタンスの起動

Jira の起動に関連する、次の 2 つの機能を追加しました。

  1. JIRA をインストールまたはアップグレードするプロセスにステップを追加したため、JIRA の起動を自ら選択することが必要になりました。
  2. システム外アドオンをすべて無効にした状態で、JIRA を手動で起動する機能を追加しました。

1. 起動のインストールとアップグレード

JIRA インスタンスをインストールまたはアップグレードするとき、JIRA の起動を自ら選択することが必要になりました。これまでは、JIRA がインストールまたはアップグレードを実行すると、JIRA をブラウザで起動するかどうか確認することなく、JIRA を自動起動していました。今回、JIRA を起動するかどうかを確認するステップが追加され、起動することを選択した場合は、JIRA をブラウザで起動するかどうかが確認されます。この変更が必要になったのは、Amazon Web Services(AWS)で作業を行うにあたり、CloudFormation テンプレートを使用する Quick Start ガイドを利用して、AWS 環境で JIRA Software Data Center または JIRA Service Desk Data Center を展開するためです。

2. システム外アドオンの無効化

ユーザーがインストールしたアドオンまたはカスタムのアドオンのすべて、またはこれらのアドオンのうち一覧で指定した部分を無効化した状態で、JIRA を起動できるようにする機能を追加しました。

  1. --disable-all-addons (Windows ユーザーの場合は、 /disablealladdons)
  2. --disable-addons=<addon keys> (Windows ユーザーの場合は、/disableaddons=<addon keys>)


この機能は、JIRA 起動時のアドオン不具合により JIRA インスタンスの起動が停止してしまうといったアップグレードやインストールに関する問題に対処することを目的としています。アドオンを無効にして JIRA を起動できるようになり、アドオンマネージャーを使用すれば、手動でアドオンを削除できます。 



Data Center のシングル サインオン

2016 年 10 月、アトラシアンは Jira Software Data Center で SAML シングルサインオンをサポートするアドオンを発表しました。当社は、このアドオンを Jira Software にバンドルして、設定なしですぐに使用できるようにしようと取り組んできました。今回、Jira Software 7.3 から、Data Center のライセンスを取得したインスタンスを既存のサポート済みアイデンティティプロバイダー (IdP) にリンクし、ユーザーにシングルサインオンのエクスペリエンスを提供できるようになりました。この機能により、ユーザーが記憶する必要のあるパスワードの数が少なくなり、インスタンスのセキュリティが向上します。



Data Center のゼロダウンタイム アップグレード 

We're pleased to announce that we've implemented a zero downtime "upgrade mode" in JIRA Software Data Center, which allows you to run your nodes in a clustered environment when they are on different versions of JIRA Software. This allows you to upgrade the JIRA instance on one node, while your other node/s provides uninterrupted service to your users. Once you have upgraded your node and started JIRA Software, it will be added back to the cluster, and be available for users. You can then proceed in upgrading your other node/s. To check out the process, select > Applications, and select JIRA upgrades from the sidebar.

この機能は、AWS 上で展開する JIRA Software Data Center とは互換性が ない ことにご注意ください。AWS では、ノードをアップグレードする別の機能を提供しています。



JIRA 管理者向けの変更

JIRA Software インスタンスを管理する場合、JIRA 7.3.x プラットフォームのリリースノート を必ず確認してください。JIRA プラットフォームに多くの機能と改善を導入しましたが、これらは JIRA Software 7.3 に取り入れられており、機能やバグ修正がその内容に含まれています。



解決済みの課題


7.3.0 で解決済みの課題

2017 年 1 月 3 日にリリース

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh


7.3.1 で解決済みの課題

2017 年 4 月 27 日にリリース

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh

7.3.2 で解決済みの課題

2017 年 3 月 1 日にリリース

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh


7.3.3 で解決済みの課題

2017 年 4 月 27 日にリリース

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh

7.3.4 で解決済みの課題

2017 年 4 月 4 日にリリース

このリリースでは、Jira の中国語の翻訳を追加しました。

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh

7.3.5 で解決済みの課題

2017 年 4 月 27 日にリリース

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh

7.3.6 で解決済みの課題

2017 年 4 月 27 日にリリース

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh

7.3.7 で解決済みの課題

2017 年 6 月 5 日にリリース

パフォーマンスの問題

このバージョンにはパフォーマンスの課題があり、ページを開いたり、一部の操作を終了したりするときにエラーが表示されることがわかっています。これは postgreSQL を使用中で、500,000 人以上のユーザーがいる場合に適用されます。回避策としては、ユーザー 100 万人ごとに、ヒープサイズを 1 GB 増やしてください。次のバグ修正リリースでこの修正をリリースします。

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh

7.3.8 で解決済みの課題

2017 年 6 月 19 日にリリース

パフォーマンスの問題

このバージョンにはパフォーマンスの課題があり、ページを開いたり、一部の操作を終了したりするときにエラーが表示されることがわかっています。これは postgreSQL を使用中で、500,000 人以上のユーザーがいる場合に適用されます。回避策としては、ユーザー 100 万人ごとに、ヒープサイズを 1 GB 増やしてください。次のバグ修正リリースでこの修正をリリースします。


機能

In this release, we've included the Atlassian Notifications add-on, which provides targeted notifications, primarily to JIRA administrators, regarding new releases and upcoming maintenance renewals.

If you're a JIRA administrator and don't want to receive such notifications, you can go to  > Add-ons > Manage add-ons, search for Atlassian Notifications among the system add-ons, and disable it. For more info, see Disabling and enabling add-ons.

修正

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh


7.3.9 で解決済みの課題

2018 年 1 月 11 日にリリース

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh


最終更新日 2019 年 1 月 4 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.