Jira Software 7.12.x リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

さらに読む

新しいバージョンの試用をご検討中の場合、ソフトウェア メンテナンスを更新済みであることをご確認ください。いますぐ更新

本リリースに関する重要な情報をアップグレード ノートでご確認ください。また、解決済みの課題の完全な一覧をご確認ください。 

互換性のあるアプリケーション

互換性のある Jira アプリケーションをお探しの場合、次のページをご参照ください。



カスタム フィールドの最適化ツール (Jira Software Data Center)

カスタム フィールドが最適な方法で構成されていない場合、インスタンスのパフォーマンスに大きな影響を与える可能性があります。Jira でカスタム フィールドのスキャンを行い、構成を改善できるカスタム フィールドを見つけられるようになりました。

ハイライトされたカスタム フィールドやそれらを使用するプロジェクトを確認し、クリック 1 つでそれらの構成を変更することもできます。この操作が、課題、プロジェクト、カスタム フィールドに格納された値に影響をおよぼすことはありません。詳細については、「カスタム フィールドの最適化」をご参照ください。

カスタム フィールド ページの新しいルックアンドフィール

Jira パフォーマンスを改善し、カスタム フィールドのページを見やすくするために、ページネーションを導入しました。すべてのカスタム フィールドの一覧を 1 つのページで確認するのではなく、ページ単位で表示できるようになりました。また、関連付けられたコンテキストや画面は、一覧内ではなく、ハイパーリンクから表示できる個別のポップアップ内に含まれるようになりました。必要な情報をすぐに見つけられるように、ページにクイック検索機能も追加しました。 

Jira 管理者は  > [フィールド] > [カスタム フィールド] でこの機能を確認できます。

フィルターとダッシュボードの編集権限の共有

フィルター機能は多くのユーザーに活用されています。 よく使用する検索結果を素早く表示し、ほかのチーム メンバーと簡単に共有できます。これまで、ほかのユーザーが作成したフィルターを変更したい場合、フィルターをクローンする以外の方法はありませんでした。

ユーザーからの要望を受け、フィルターに新しく権限を追加しました。フィルターへの表示権限や編集権限を設定し、チームが必要なときに必要な変更を行えるようにしました。この変更は、フィルターだけでなくダッシュボードにも適用されています。 

検索機能の強化

Jira Software に開発ツールを接続している場合、検索時にさらに多くのパラメータを使用できます。詳細検索では Jira Software 7.9 に、簡易検索では Jira Software 7.11 に、開発情報を利用できるようになりました。今回のリリースでは、利用できるパラメータを改善しました。

これにより、検索やフィルターをさらに制御して、本当に必要な課題だけを絞り込むことができるようになります。

他のノードへのインデックスのコピー (Jira Software Data Center)

クラスター内にある他のノードへのインデックス全体のコピーで使用していた既定の圧縮メソッドを変更し、このプロセスの速度を改善しました。クラスターに最初にジョインしたときや、長期間オフラインになっていたあとや、その他の何らかの理由によって更新が行われていなかったようなときに、インデックス全体がほかのノードにコピーされます。これまではコピーを行う前にインデックスの zip ファイルを作成していましたが、これは時間のかかる処理でした。これを改善するために、Google の Snappy を導入しました。

5 GB のインデックスの場合、レプリケート時間は 5 分から 48 秒に短縮されました (Amazon EFS の共有ホーム、100 MB/s の書き込み速度でテスト)。トレードオフとして、このサンプル インデックスの場合、最終サイズが 2 GB から 3 GB に増加していますが、その価値があると考えています。

Jira のパフォーマンスの改善

ボードに多数の課題が存在する場合、Jira の速度が低下する可能性があります。このような状況の場合に、Jira の速度を改善する操作を行えるようになりました。Jira 管理者は、カンバン ボードで列での日数インジケータを無効化するか、スクラム ボードで有効化するかを選択できます。カードでの時間の明示的な表示は、アクションがない課題をチームで管理するために役立つ場合がありますが、このオプションを無効化すると、Jira のパフォーマンスが改善されます。 

このオプションを無効化するには、 > [アプリケーション] > [Jira Software] > [設定] に移動します。

その他の改善事項

  • 未完了の課題を新しいスプリントに移動

    これまでは、未完了の課題を含むスプリントを完了すると、それらの課題をバックログまたは既存の非アクティブなスプリントに移動させることができました。今回のリリースでは、スプリントの完了時に表示されるダイアログから新しいスプリントを作成し、未完了の課題をそこに移動できるようにありました。

解決済みの課題

7.12.0 で解決済みの課題

2018 年 8 月 27 日にリリース済み

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh

7.12.1 で解決済みの課題

2018 年 9 月 5 日にリリース

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh

7.12.2 で解決済みの課題

2018 年 9 月 19 日にリリース、2018 年 9 月 21 日に取り下げ

このリリースはこの不具合のため、削除されました。使用することはできません。

If you have already installed it, have a look at upgrade notes where we described extra steps you need to complete after the Apache Tomcat upgrade.

7.12.3 で解決済みの課題

2018 年 10 月 12 日にリリース

キー 要約 T 作成日 更新日 期限 担当者 報告者 P ステータス ソリューション
Loading...
Refresh

最終更新日: 2018 年 12 月 31 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.