Jira Software 8.13.x アップグレード ノート

Jira Software リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ここでは、Jira Software 8.13 へのアップグレードに関する重要な注意事項について説明します。

このリリースの新機能と改善の詳細については、「Jira Software 8.13.x リリース ノート」を参照してください。 


 アップグレード ノート

8.13.12: PostgreSQL 12 と Amazon Aurora PostgreSQL 12 のサポート

Jira Software 8.13.12 adds support for PostgreSQL 12 (Server and Data Center) and Amazon Aurora PostgreSQL 12 (Data Center only). Additionally, this version of Jira Software is tested and bundled with version version 42.2.23 of the PostgreSQL JDBC driver.

Jira Software 8.13.12 has a known issue, where the Supported database health check fails incorrectly on instances of Jira running on PostgreSQL 12. We are working on delivering a fix as soon as possible.

8.13.9: バンドル済みの JRE は、TLS バージョン 1 および 1.1 における MySQL コミュニティ エディション 5.7.27 以降との安全な接続を無効にします

Jira Software 8.13.9 binary installers are bundled with the AdoptOpenJDK 8u291 JRE, which ships with TLS versions 1 and 1.1 disabled by default. This prevents secure connections with MySQL Community Edition 5.7.27 or older compiled with yaSSL.

次の場合はこの課題の影響を受けません。

  • MySQL Enterprise エディション を実行している場合
  • OpenSSL でコンパイルされた MySQL コミュニティ エディション 5.7.27 を実行している場合
  • MySQL コミュニティ エディションで安全な接続を有効にしていない場合
  • JRE バージョン 8u291 より前または 11.0.11 を使用してJira を実行している場合

アップグレード後に Jira が MySQL データベースとの安全な接続を確立できるようにするには、TLS 1.2 をサポートする MySQL コミュニティ版のバージョンに切り替えます。次のソリューションから 1 つ選択します。

推奨される解決策: MySQL コミュニティ エディション 5.7.28 以降にアップグレードする

MySQL コミュニティ版 5.7.27 以前のバイナリ配布は yaSSL でコンパイルされているため、初期設定では TLS 1.2 をサポートしていません。MySQL コミュニティ版 5.7.28 以降 (このバージョンは OpenSSL ライブラリを使用) にアップグレードして、以下のいずれかの方法で TLS 1.2 を介して安全な接続を許可することをお勧めします。

  • MySQL コネクタ/J ドライバーをバージョン 8.0.19 以降にアップグレードする。
  • dbconfig.xml の MySQL JDBC 接続文字列に enabledTLSProtocols=TLSv1.2 パラメーターを追加します。

詳細については次の情報をご確認ください。

解決策 2: MySQL コミュニティ エディション 5.7.27 以降を OpenSSL と再コンパイルする

または、OpenSSL と MySQL コミュニティ エディション 5.7.27 以降のバージョンを再コンパイルして、次のいずれかの方法で TLS 1.2 を介して安全な接続を許可します。

  • MySQL コネクタ/J ドライバーをバージョン 8.0.19 以降にアップグレードする。
  • dbconfig.xml の MySQL JDBC 接続文字列に enabledTLSProtocols=TLSv1.2 パラメーターを追加します。

詳細については次の情報をご確認ください。

解決方法 3: Java で TLS 1 および 1.1 を再度有効にする

TLS 1 と 1.1 のプロトコルは安全ではありません。アトラシアンは、このソリューションの長期的な使用を推奨していません。

必要に応じて、Java で TLS 1 と TLS 1.1 のサポートを再度有効にできます。これには、<JAVA_HOME>/lib/security/java.securityjdk.tls.disabledAlgorithms プロパティから TLSv1TLSv1.1 のエントリを削除する必要があります。

8.13.7: スタートアップ ファイルの変更

Java 11 で Jira を実行しているときに生成される GC ログの形式を変更するため、複数のスタートアップ ファイルへの変更を行いました。この変更がない場合、ログを GCViewer でパースすることができず、管理者による操作が困難になります。 

次のファイルの time,uptimetags,time,uptime,level に変更しています。

  • Linux の bin/set-gc-params.sh ファイル
  • Windows の bin/set-gc-params.bat ファイル
  • Windows の bin/set-gc-params-service.bat ファイル

これらのファイルへのカスタム変更を行っていない場合、特別な操作は不要です。カスタム変更を行っている場合、アップグレード時に新しいファイルに変更をコピーする必要があります。

8.13.4: 既知の問題: 問題に対するユーザー アクションのパフォーマンス

バックグラウンドでの再インデックスによって、問題に対するユーザー アクション (作成、更新、コメント) のパフォーマンスに影響を与える可能性がある問題を発見しました。これはすでに Jira 8.10 で導入されました。修正に取り組んでいる間、このリリースをブロックしないことにしました。この問題はすでに Jira インスタンスに存在しており、このリリースに含まれる他の修正からもメリットを受けられるためです。

この問題にご注意ください。必要に応じてこの問題を回避できます。修正のリリース後、これらのアップグレード ノートを更新します。

問題と回避策の詳細

8.13.4: Displaying default Jira avatars instead of broken images

We've improved how deleted avatars are displayed around Jira and in email notifications. Now, if an avatar's image is missing, you'll see the default Jira avatar for a particular item – be it user avatar, issue type icon, or project icon. This change applies to all the places where avatars appear, for example issue type icons in issues, user avatars in user-picker fields, project sidebar, mentions, and so on.

8.13.3: 許可リストへの変更

When you create an application link, the URL is automatically added to the Jira allowlist. From Jira 8.13.3, outbound requests from these URLs require users to be authenticated, unless you specifically allow anonymous users.

また、すべてのアプリケーション リンクについてデフォルトの許可リスト動作を設定できます。匿名ユーザーを含むすべてのユーザーを許可するか、認証済みのユーザーのみを許可するか、すべてのユーザーの外向きリクエストを拒否するかを選択できます。新しいアプリケーション リンクが作成されると、構成済みの設定内容に従って URL が許可リストに追加されます。 

アプリケーション リンクに依存する機能 (ガジェットなど) で問題が発生した場合、そのアプリケーション リンクで匿名リクエストを許可できます。これは安全性を少し低下させますが、リンクしたアプリケーションで認証済みのリクエストを使用するために必要な変更を適用するまでの回避策として利用できます。このような状況の場合、対象のパスまたはリソースにアクセスを制限するように絶対 URL やワイルドカード ルールを使うことをおすすめします。 

アプリケーション リンクを必要としないサードパーティ ガジェットをサブスクライブしている場合、許可リストにガジェットの URL を追加する必要があります。 

既知の問題: cross-origin iFrame を使うページでモーダル ダイアログが開かない

Jira の多数のアクションがモーダル ダイアログ (ポップアップ) で行うように構成されています。たとえば、ある項目の横で [編集] をクリックすると、ほとんどの場合、別のページに移動するのではなくモーダルで編集設定が開かれます。

問題

In Jira 8.12.2 and 8.13.0, these modal dialogs might not open on pages that use cross-origin iFrames. An example of this could be a cross-origin iFrame added to the Jira banner to collect some statistics. Because of this problem, you won’t be able to complete actions that rely on modal dialogs — these might include editing permissions, starting sprints, or editing comments in Jira Service Management requests. More about this bug

影響バージョン

  • 8.12.2、8.13.0

修正対象バージョン

この問題は次のバグ修正リリースで修正済みです。

  • 8.12.3、8.13.1

Known issue: Sprint suggestions aren’t working

The Sprint picker field (used either when creating/editing issues or searching for sprints) suggests the last five sprints you viewed. If you haven’t viewed at least five, Jira will retrieve all existing sprints and calculate which are the best suggestions for you. Because of a bug, Jira isn’t retrieving additional sprints, so you’re seeing suggestions that are based only on your history.

More about this problem: https://jira.atlassian.com/browse/JSWSERVER-20679

Affected versions: 8.11.x, 8.12.x, 8.13.0

Fixed versions: 8.13.1+, 8.14.0+ (not released yet)

Workaround: The only workaround right now is building your history so Jira can show suggestions based on it. To do this, you have to visit backlogs that include sprints you’re interested in. Follow this bug for updates

Note: Upgrading to one of the fixed versions might cause performance issues in large Jira instances with thousands of sprints. See Sprint picker field might cause performance issues

BKS-V1 キーストア形式の既知の脆弱性

Jira を SSL で実行している場合、BouncyCastle ライブラリで提供される BKS-V1 キーストア形式のセキュリティ脆弱性にご注意ください。ご利用の Jira インスタンスではこれを使用しないことを強く推奨します。詳細情報

Support for Microsoft Exchange Online POP3 (8.13.1+)

We are planning to add the option to integrate with OAuth 2.0 using POP3 for Microsoft Exchange Online. The support will cover OAuth 2.0 integration for incoming mail. 

Document based replication

Our previous architecture meant that the speed of index replication across the cluster was limited by the slowest node in the cluster due to single thread replay of all indexing operations. This is no longer the case as index changes on a node are now sent to other nodes directly. So each node we add to the cluster increases the write capacity of the cluster.

With Jira DC 8.13, our new architecture means that the index replication will not be delayed & index will remain consistent across the cluster. Simply put, this means a more stable cluster and reliable consistency of data across each node in the cluster.

However, these architectural changes require each node to communicate directly with other nodes, which can double the network traffic. When testing this on a 8 node cluster running a sustained stress load of 400 requests per second, the total network traffic volume amounted to 25% of total capacity of a 1Gbps link. Traffic will be lower if the load or cluster size is lower.

For more on Document-based replication, see Document-based replication in Jira Data Center.

Setting to prevent phishing attacks 

To prevent non-authenticated users from navigating to crafted URLs in Jira and injecting messages onto the page, we've added a setting that disables displaying URL parameters in security dialogs. 

The setting is available in Jira administration > System > General configuration and defaults to Off

If the setting is disabled, the URL parameters that might be added to a URL are not captured and displayed in security dialogs. In that case, a security dialog looks the following:

New system property to speed up database search

We're introducing a new mechanism that retrieves custom field values for issues in batches of 50. This speeds up time-consuming operations such as database search. 

For now, all these improvements affect only Jira built-in custom fields. We’re also opening an experimental API to help you leverage these improvements. For details, see Batch custom field value retrieval API

You configure this feature with the jira.custom.field.indexing.batch.size property. Setting its value to 1 disables batching and any other number defines the number of issues that will be batched. 

この変更を活用するには、完全な再インデックスを実行する必要があります。

既知の問題: アップグレード後に Jira が MySQL データベースを認識しない

MySQL データベースを使っている場合、アップグレード後に次のエラーが表示されることがあります。

We can't tell what database you're using

これは、dbcongig.xml ファイルが database-type として mysql を使っているためです。MySQL 5.6 のサポート終了以降、Jira ではこのタイプは認識されなくなっています。構成を更新する必要があります。

この問題の解決方法

  1. Jira を停止します。
  2. Edit the dbconfig.xml file (in your home directory)
    • MySQL 8.0 を使っている場合、database-typemysql8 に変更します。
    • MySQL 5.7 を使っている場合、database-typemysql57 に変更します。
    • MySQL 5.6 を使っている場合、このバージョンのサポートは終了しているため、まずデータベースをアップグレードする必要があります。

MySQL への Jira の接続の詳細については次のページをご確認ください。

既知の問題: Azure SQL がサポート対象外のデータベースとして報告される

Microsoft Azure SQL データベースで Jira を実行している場合は、サポート対象外のデータベースを使用している旨を示す警告が表示されます。これは、Azure SQL が誤って SQL Server 2014 として報告されて、このリリースで SQL のサポートが終了したためです。

ソリューション 

We’re working on the update of the Atlassian Troubleshooting and Support Tools app. For now, discard the warnings and wait for the available update. Your database is fine.

アップグレード前にプールの最大サイズを増やす

If you're upgrading from Jira 7.x to Jira 8.x we recommend changing the pool-max-size parameter to 40 in your dbconfig.xml before the upgrade. Leaving the default of 20 can sometimes lead to “ResultSet Closed” errors during re-indexing on 8.x. For information on implementing the change, see Tuning database connections.

重要なバグ修正には完全な再インデックスが必要

We fixed a bug that caused issues removed from sprint not showing in Burndown Chart or Sprint Report. The problem will automatically be fixed for all the newly created and edited issues and they will display in the Sprint Report and Burndown Chart.
If you are not concerned about the past issues, you don’t have to take any action. However, if you want to be sure all the past and current issues get fixed too, you need to perform a full reindex.

アップグレード時に問題を引き起こす Tomcat のバグ

Tomcat started to use double-quotes as of version 8.5.48 as a result of Expansion of JAVA_OPTS in catalina.sh containing '*' stops startup on linux bug. That's why when you upgrade to Jira 8.13 and set parameters in setenv.sh or setenv.bat, make sure that you:

  • catalina.sh の二重引用符を削除しない
  • Set all your parameters in one line without any new line in setenv.sh or setenv.bat

それ以外の場合、Jira の開始時に問題が発生する可能性があります。 

高度な監査ログに新しいイベントを追加 DATA CENTER

より素晴らしいインサイトをアプリケーションにもたらすために、優先順位 (作成、削除、更新) と安全な管理者ログイン (websudo) を追跡するための新しいイベントを追加しています。 

  サポート終了のお知らせ

Jira 8.13 では、変更はありません。 

 アプリ開発者向けの情報

アプリに関するすべての重要な変更については、「Jira 8.13 への準備」を参照してください。

 アップグレード手順

Jira バージョン 8.x.x からアップグレードする場合 

See Upgrading Jira applications for complete upgrade procedures, including all available upgrade methods and pre-upgrade steps. For a more tailored upgrade, go to Jira administration > Applications > Plan your upgrade. We’ll recommend a version to upgrade to, run pre-upgrade checks, and provide you with a custom upgrade guide with step-by-step instructions.

最終更新日: 2021 年 10 月 19 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.