Jira Software 8.5.x リリース ノート

Jira Software リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

さらに読む

本リリースに関する重要な情報をアップグレード ノートでご確認ください。また、解決済みの課題の完全な一覧をご確認ください。 

 互換性のあるアプリケーション

互換性のある Jira アプリケーションをお探しの場合、次のページをご参照ください。

Jira Software 8.5 はエンタープライズ リリースです
8.5 のサポート終了までの期間は、セキュリティ、安定性、データの整合性、およびパフォーマンスについてのクリティカルな問題に対応する、バグ修正リリースが提供されます。
アップグレードの準備はお済みですか? 7.6 以降の変更の適用について、Jira Software 8.5 エンタープライズ リリース変更履歴をご参照ください。 



管理対象デバイスで Jira Server アプリを使用

ご利用の Mobile Device Management (MDM) ソリューションを使用してチームに Jira Server モバイル アプリを配布できるようになりました。社内で許可されたデバイスや特定のユーザーにのみアプリを制限したい場合に便利です。

ご利用の MDM が AppConfig 標準を満たしている場合、アプリのサイト URL を事前に入力することで、ユーザーの時間を削減したり、ミスを防いだりすることができます。サイトが複数ある場合、複数のサイト URL を事前に入力できます。ユーザーは簡単にログインできます。詳細情報

ATST に新しいチェックを追加

Atlassian Troubleshooting and Support Tools プラグインの最近のバージョンで、明示的なガベージ コレクションのチェック機能を導入しました。これは、明示的なガベージ コレクション (GC) に推奨された JVM スタートアップ パラメーターが使用されているかどうかを確認します。パラメーターが適切に構成されていない場合、パフォーマンスの問題が発生する可能性があります。ATST アプリを 1.20.0 に手動でアップデートすると、このチェックが自動的に開始されます。詳細情報

新機能について 

同じエンタープライズ リリースである Jira 7.13.x のリリース以降、多数の変更が導入されています。課題のアーカイブ機能を追加し、パフォーマンスおよびアクセシビリティを向上させたほか、Jira をより良くするための改善をほかにも行っています。Jira 7.6 と 8.5 との間のすべての変更および修正については変更履歴をご参照ください。

API の変更履歴

前回のエンタープライズ リリース以降の変更の完全な情報をお探しの方向けに、REST API の変更履歴をご用意しました。詳細情報

エンタープライズ リリースのパフォーマンスについて

アトラシアンではそれぞれの Jira リリースで広範囲にわたるパフォーマンス テストを実行し、最新バージョンを以前のバージョンと比較しています。これは新機能による Jira への影響や、パフォーマンスのリグレッションが発生していないことを確認するためです。

Jira のエンタープライズ リリース間のパフォーマンスの比較も行っています。これらは通常、数バージョン離れているため、マイナーなフィーチャー リリースとの比較よりも改善を明確に確認できます。

Jira 7.6 ER から 8.5 ER、および Jira 7.13 ER から Jira 8.5 ER のパフォーマンスの比較結果については、「パフォーマンスおよび拡張のテスト」をご参照ください。

解決済みの課題

8.5.0 で解決済みの課題

2019 年 10 月 21 日にリリース

T キー 概要 Status
Loading...
Refresh

8.5.1 で解決済みの課題

2019 年 11 月 6 日にリリース

T キー 概要 Status
Loading...
Refresh

最終更新日: 2019 年 9 月 16 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.