Jira Software 7.6.x アップグレード ノート

Jira Software リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Here are some important notes on upgrading to JIRA Software 7.6. For details of the new features and improvements in this release, see the JIRA Software 7.6 release notes

JIRA Software 7.6 is an Enterprise release
This means we'll provide bug fix releases until 7.6 reaches end of life, to address critical security, stability, data integrity, and performance issues. 
Ready to upgrade? Check out the JIRA Software 7.6 Enterprise Release change log for a roll-up of changes since 7.2. 

アップグレードノート


Upgrade to the DVCS plugin

If your Jira Software Server or Data Center instance is connected to Bitbucket Cloud, it’s through the Jira DVCS connector plugin.

Due to GDPR regulations and the personal data protection they require, we've needed to make some changes to the API's that Bitbucket Cloud has available. These changes happen in two phases. Phase one will be live on Bitbucket Cloud by the 10th of May, 2019, and Phase two will go live on the 1st of September, 2019.

What you need to do as a result is to upgrade your Jira Software instance or upgrade your Jira DVCS connector plugin to the relevant version. For more information, see Jira KB

Apache Tomcat のアップグレード

In JIRA 7.6.9, we've upgraded Apache Tomcat from 8.5.6 to 8.5.29. 

修正: ジョブ ID の重複

In JIRA 7.6.2, we’ve delivered a fix to solve the problem with duplicated job IDs. You can read more about the related bug here:  JRASERVER-64325 - Getting issue details... STATUS

修正の仕組み

アップグレードの終了時に、アップグレード タスクがデータベース (clusteredjob テーブル) から重複を削除し、clusteredjob_jobid_idx インデックス全体を再作成して UNIQUE キーワードを追加します。これにより、重複が削除されるとともに、重複の再作成が防止されます。

既知の問題

修正はほとんどの環境で機能しますが、テスト マシンの 1 つで問題が発生しました。この問題は、重複の削除後かつインデックスの再作成前に新しい重複が作成された場合、つまり、重複の作成をブロックする前に発生しました。このような重複があるとインデックスを再作成できません。

ソリューション

インデックスが再作成されなくても、アップグレードが停止されたり、作業に大きな影響を与えることはありません (パフォーマンスが低下する可能性はあります)。ただし、次のソリューションを適用してインデックスを再作成することをおすすめします。

  • Check that the clusteredjob_jobid_idx index exists in your database.
    (tick) If it's there, you're good to go. The index was properly recreated.
    (error) If it's not there, restart your JIRA instance (Server), or one of the nodes (Data Center). After the restart, the index will be recreated.

Known issue: DVCS might fail after the upgrade (Microsoft SQL Server)

We've found a bug that makes DVCS fail when you upgrade from JIRA 7.4 to JIRA 7.6 - 7.6.2, only on environments using Microsoft SQL Server. For more info, see  JSWSERVER-16243 - Getting issue details... STATUS

We have fixed this issue in JIRA 7.6.3.

優先度スキーム (UI の変更)

このリリースでは、Jira で優先度を管理する方法を大きく変更しましたが、これらの変更は現在お使いの設定には影響しません。現在、Jira のインスタンスでは、グローバルの優先度リストを使用しています。アップグレード後、これらの優先度はすべて既定の優先度スキームに移行し、アップグレード前と同様に動作します。新しいスキームを作成し、(いくつかのプロジェクトを関連付けることにより) それらのスキームを使用するまでは、何も変更されません。

優先度スキーム (API の変更)

この変更はすべての利用者に関連しますが、主に Jira 管理者ではなくプラグイン開発者にとってより重要です。Jira 管理者がユーザー インターフェース外で優先度スキームを管理できるようにするための API は、Jira 7.6 では利用できません。

プラグイン開発者の方で、自身の開発したプラグインを使って優先度スキームを管理したい場合は、下記の API の変更リストを確認してください。このリリースでは、プラグインによる優先度スキーム管理を可能にする新しい API を追加しただけでなく、既存の API の変更も行っているため、プラグインとの互換性が失われる可能性が高いです。この変更は優先度スキームに対してのものであり、優先度を管理する API に対するものではありませんが、いままでのグローバルの優先度リストが既定の優先度スキームになるため、プラグインが優先度自体に関して不正確なデータを取得してしまう場合があります。 

最新情報

プラグインによる優先度スキーム管理を可能にするため追加される API は以下の通りです。 

変更点を表示する...
Classname メソッドシグネチャ Javadoc
com.atlassian.jira.issue.fields.config.manager.PrioritySchemeManager

FieldConfigScheme createWithDefaultMapping(String name, String description, List<String> optionIds);

Doc

FieldConfigScheme updateWithDefaultMapping(FieldConfigScheme fieldConfigScheme, List<String> optionIds);

Doc

FieldConfig getFieldConfigForDefaultMapping(FieldConfigScheme fieldConfigScheme);

Doc

void delete(FieldConfigScheme fieldConfigScheme); Doc

FieldConfigScheme getScheme(Project project);

Doc

FieldConfigScheme getScheme(Long id);

Doc

List<FieldConfigScheme> getAllSchemes(); Doc

boolean isDefaultScheme(FieldConfigScheme fieldConfigScheme); Doc

FieldConfigScheme getDefaultScheme(); Doc

String getDefaultOption(IssueContext issueContext); Doc

String getDefaultOption(FieldConfig fieldConfig); Doc

void setDefaultOption(FieldConfig fieldConfig, String optionId); Doc

List<String> getOptions(IssueContext issueContext); Doc

List<String> getOptions(FieldConfig fieldConfig); Doc

void setOptions(FieldConfig fieldConfig, List<String> optionIds); Doc

void addOptionToDefault(String optionId); Doc

void removeOptionFromAllSchemes(String optionId); Doc

Collection<FieldConfigScheme> getAllRelatedSchemes(String optionId); Doc

void assignProject(@Nonnull FieldConfigScheme priorityFieldConfig, @Nonnull Project project); Doc

Set<Project> getProjectsWithScheme(@Nonnull FieldConfigScheme fieldConfigScheme); Doc

void unassignProject(@Nonnull FieldConfigScheme scheme, @Nonnull Project project); Doc


優先度スキームの作成、更新、削除が行われると発生するイベントも新たに追加しました。

Classname イベント Javadoc
com.atlassian.jira.issue.fields.config.manager.PrioritySchemeManager com.atlassian.jira.event.issue.fields.config.manager.PrioritySchemeCreatedEvent Doc

com.atlassian.jira.event.issue.fields.config.manager.PrioritySchemeDeletedEvent

Doc

com.atlassian.jira.event.issue.fields.config.manager.PrioritySchemeUpdatedEvent Doc
変更内容について

一部の API では優先度スキームに対して優先度の追加または削除を行うために、追加のオプションのレシーブも行います。

変更点を表示する...
Classname メソッドシグネチャ 変更 Javadoc
com.atlassian.jira.config.PriorityManager createPriority 個別の優先度の作成に加えて、既定の優先度スキームにこの優先度を追加もします。 Doc

removePriority 個別の優先度の削除に加えて、すべての優先度スキームからこの優先度を削除もします。 Doc
非推奨となった API

以下の API は非推奨となり、新たな PrioritySchemeManager クラスに置き換えられました。

変更点を表示する...
Classname メソッドシグネチャ 置換後 Javadoc
com.atlassian.jira.config.PriorityManager setDefaultPriority

com.atlassian.jira.issue.fields.config.manager.PrioritySchemeManager

#setDefaultOption(FieldConfig, String)

Doc

getDefaultPriority

com.atlassian.jira.issue.fields.config.manager.PrioritySchemeManager

#getDefaultOption(IssueContext)

Doc
com.atlassian.jira.config.ConstantsManager getDefaultPriority

com.atlassian.jira.issue.fields.config.manager.PrioritySchemeManager

#getDefaultOption(com.atlassian.jira.issue.context.IssueContext)、または

com.atlassian.jira.issue.fields.config.manager.PrioritySchemeManager

#getDefaultOption(com.atlassian.jira.issue.fields.config.FieldConfig)

Doc

Content-Security-Policy および X-Frame-Options ヘッダー

クリックジャック攻撃を防ぐため、Jira では、X-Frame-Options および Content-Security-Policy セキュリティ ヘッダーを各 HTTP レスポンスに追加します。これらのヘッダーはコンテンツの iframe への埋め込みをブロックするため、本来この方法で表示したかったページにも影響する場合があります。別のサイトのリソースを Jira に埋め込んでいる場合(ダッシュボードなど)、アップグレード後に動作しなくなる場合があります。この問題を解決するには、この機能を無効化するか、セキュリティ ヘッダーの受信からリソースを除外するように選択します。詳細情報

アップグレード手順

注:まずテスト環境をアップグレードします。本番環境にロールする前に、テスト環境でアップグレードをテストしてください。

すでに Jira のいずれかのバージョンをご利用中の場合は、以下の説明に従って最新バージョンにアップグレードしてください。

  1. アップグレードする前に、インストール先のディレクトリ、ホームディレクトリ、およびデータベースをバックアップされることを強くお勧めします。
  2. リリースノートとアップグレードガイド (お使いのバージョンから最新バージョンまでの全リリース分) を読みます。
  3. 最新バージョンの Jira をダウンロードします。
  4. アップグレードガイド」の説明に従ってください。

以前のバージョンからのアップグレード方法

  • 7.0 以降
    アップグレードマトリックスを参照してください。複数のバージョンをまたいでアップグレードする際に注意すべき既知の問題が掲載されています。

  • Earlier than 7.0
    Consult the Migration hub. The JIRA 7.0 release introduced significant changes. You must first upgrade to JIRA 7.0 (we always recommend the latest bugfix release, in this case 7.0.11) before upgrading to later versions.
最終更新日 2019 年 8 月 5 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.