Jira アプリケーションのオプションの設定

Jiraは、Jiraのアプリケーションにて、組織内でカスタマイズ使用することを可能にする構成オプションの数を持っています。これらのオプションは 「一般設定」 ページでアクセス、編集が出来ます。

このページの内容:

Jira の一般設定を編集する

  1. > [システム] を選択します。 
  2. 一般設定を選択すると、管理ページが開きます。 
  3. 設定の編集ボタンをクリックして、以下の3つのセクションを編集します。

(info) Jira システム管理者グローバル権限を保持している場合にのみ、画面に [詳細設定] ボタンが表示されます。

一般設定

(*が付いている場合、その機能はクラウドでは利用できないか、編集できません)

設定

説明

Title

ここで指定したタイトルは、 Jira ログインページ と ダッシュボードに表示されることになります。Jira インストールとその目的を識別するのに役立つタイトルを指定します。
(info) また、ロゴはすべてのJiraページ上に表示されます。

モード *

Jiraは、2つのモードで動作することができます。
- パブリック - 誰もがサインアップでセルフ登録が可能で、課題の作成をすることができます。(あなたのJiraシステムの権限の範囲内)
- プライベート - パブリックユーザーのログインを許容しない内部の課題追跡システムに便利です。セルフサインアップを有効にしない場合、 新規ユーザーアカウントを作成できるのは Jira 管理者のみです。

(info)  Jiraアプリケーションは、委任認証とユーザーのコピー オプションが有効化された構成のLDAPディレクトリを持っている場合、ユーザーはログインし、新しいアカウントを作成することができます。
デフォルト: パブリック

認証の最大試行回数 *

CAPTCHAがユーザーに表示される前に許可される最大の認証試行回数。空白にした場合は、CAPTCHAが示されることはありませんし、ユーザーが無制限の認証の試行を持っています。それはあなたが少数にこれを設定することをお勧めします(たとえば、以下5 )
デフォルト 3(Jiraの新規インストール用)

サインアップ時に CAPTCHA を使用 *

パブリックモードでJiraを実行している場合(上記参照)、CAPTCHAを有効にすることを強くお勧めします。これは、スパムボットをがサインアップするのを防ぐためにサインアップにCAPTCHAの画像を表示されます。
デフォルト: ON

ベース URL *

この Jira インストールのベース URL。Jira が応答する URL は 1 つしか設定できません。この設定は、ユーザーが Jira インスタンスにアクセスするのにリクエストする URL と一致する必要があります。例えば、内部と外部のユーザーに対して、異なるホスト名や URL を設定することはできません。この URL は、送信されるメール通知でも、Jira 課題へのリンクのプレフィックスとして使用されます。より詳しい情報については、「ベース URL の設定」を参照して下さい。

メールの差出人

From : 通知メールのヘッダー形式指定します。デフォルトの形式は「ジョン・ドウ(JIRA)<jira@company.com> "です。使用可能な変数は、'${fullname}'、'${email}' 、 '${email.hostname}' です。 なお、実際のアドレスは(例えば、'jira@company.com') ここで指定することはできません。

メールサーバーまたは個別のプロジェクトを設定すると、アドレスが決定されます。

はじめに

短い概要メッセージはダッシュボードに表示されます。(info)すべての Jira ページで表示される、告知バナーも参照してください。HTML を含めることもできますが、すべてのタグが正しく閉じられていることを確認してください。

多言語対応

設定

説明

インデックス作成言語 Jira に保存されている課題の全文検索では、高性能なテキスト検索エンジン ライブラリである Lucene が使用されています。このオプションは、Jira の検索インデックス作成と、一覧にある使用可能な言語で入力された課題の課題検索機能を強化するために設計されています。したがって、課題で使用されている言語を選択します。

一覧から言語を選択すると、選択した言語に応じ、Jira で検索を行った際に次のような影響があります。

  • テキストフ​​ィールドに予約された語のインデックスは作成されません。
  • すべてのJiraのフィールドに単語のステミングがアクティブになります。

複数の言語があなたの問題で使用されている(または、上記の二つの効果を無効にしたい)場合は、その他 を選択します

(info)この値を変更した場合は、Jira のインデックス再作成を行う必要があります。

インストール済み言語

本セクションでは、Jira システムで利用可能な全ての言語パックを一覧表示しています (注: 言語を追加したい場合、「国際化について」をご参照下さい)。

既定の言語

Jira インターフェイスで使用される言語 (上記のインストール済み言語の一覧から選択したもの)。ユーザーは自身のユーザー・プロファイル内の言語設定で、デフォルトの言語を上書きすることができます。

既定のユーザー タイムゾーン Jira インターフェイス全体で使用されるタイムゾーン。ユーザーは、ユーザー プロファイル内のタイムゾーンの設定を変更することで、デフォルトのタイムゾーンを上書きできます (時間形式を選択するには、「Jira アプリケーションのルックアンドフィール設定を設定する」を参照してください)。(info)期限、リリース日 (バージョンに関連付けられている)、カスタム日付フィールドなどの時間コンポーネントを持たない日付フィールドは、日付情報のみを記録し、タイムゾーンに関連する情報は持ちません。これらは、タイムゾーンの設定の影響を受けません。

オプション

設定

説明

ユーザーが問題に投票することを許可します Jira で投票が有効であるかどうかを制御します。ユーザーは投票によって、課題の完了や解決を望む意向を示すことができます。"投票者とウォッチャーの表示" 権限も参照してください。
既定: ON
ユーザーが課題をウォッチすることを許可する Jira でウォッチが有効であるかどうかを制御します。ユーザーは関心のある課題を "ウォッチ" できます。ウォッチ中のユーザーには、課題の変更がすべて通知されます。"投票者とウォッチャーの表示" および "ウォッチャー一覧の管理" 権限も参照してください。
既定: ON
ダッシュボードとフィルターをパブリックと共有することを許可する フィルターの共有オプションに "パブリック" を加えるかどうかを制御します。ユーザーはフィルターの共有先を選択でき、"パブリック" が利用可能な場合は、匿名ユーザー、すなわち Jira にログインしていないユーザーとも共有できるようになります。インスタンスが外部に公開されている場合、フィルターに一般のユーザーがアクセスできるようになります。オプションを OFF に変更しても、"パブリック" として共有されている既存のフィルターは変更されません
既定: ON  
プロジェクト名の最大文字数 プロジェクト名として使用できる文字の最大数を制御します。この値を変更しても、既存のプロジェクト名には影響しません。
既定:80
プロジェクト キーの最大文字数 プロジェクト キーに使用できる文字の最大数を制御します。この値を変更しても、既存のプロジェクトのキーには影響しません。 2 から 255 の間の任意の値(両端の値を含む)に設定できます。
既定:10
未割り当ての課題を許可する オンにすると、プロジェクトの既定の担当者が未割り当てになります。オフにすると、課題は必ず誰かに割り当てられる必要があります。既定では、各プロジェクトで定義されているプロジェクト リーダーが担当者に割り当てられます。
既定: ON
外部ユーザー管理

設定を ON にすると、Jira ではユーザーにパスワード変更やプロファイル編集のオプションを表示しません。また、これは、ログイン ページのパスワードを忘れた場合のリンクを無効化します。通常、Jira 以外のアプリケーション (例: CrowdMicrosoft Active Directory、または他の LDAP ディレクトリ) ですべてのユーザーを管理する場合にのみ、ON に設定します。既定: OFF

ログアウト確認 ログアウト時にユーザーの確認を得るかどうかを制御します。NEVER COOKIE - ユーザーが (cookie 経由で) 自動的にログインした場合、確認を求めるプロンプトを表示します。ALWAYS
既定: NEVER
gzip 圧縮の使用 Jira がブラウザに送信する web ページを圧縮するかどうかを制御します。mod_proxy を使用している場合を除いて、ON にすることをお勧めします。
既定: ON
ユーザーのメール アドレスの表示方法 ユーザーのメール アドレスがユーザー プロファイル ページに表示される方法をコントロールします。
- PUBLIC - メール アドレスは全員に表示されます。
- HIDDEN - メール アドレスはすべてのユーザーに対して非表示となります。
- MASKED - メール アドレスにマスクがかかります (たとえば、"user@example.com" は "user at example dot com" と表示されます)。
- LOGGED IN USERS ONLY - メール アドレスは Jira にログインしたユーザーにのみ表示されます。
既定: PUBLIC
コメントの表示設定 コメントと作業ログの表示方法を指定するときに、ユーザーに提示される一覧の内容を決定します。
- グループとプロジェクト ロール - 一覧には、グループとプロジェクト ロールが含まれます。
- プロジェクト ロールのみ - 一覧に含まれるのは、プロジェクト ロールのみです。
既定:プロジェクト ロールのみ
メール ヘッダー「Precedence: bulk」を除外する Jira 通知メールの Precedence: Bulk ヘッダーを防止するかどうかを制御します。このオプションを有効にする必要があるのは、通知が「バルク」メールを拒否するメーリングリストに送信される場合のみです。通常の状況では、このヘッダーは自動応答(および、これに起因して生じる可能性があるメール ループ)を防止します。
既定:OFF
課題ピッカーのオートコンプリート 「課題ピッカー」のポップアップ画面で課題キーをオートコンプリートします。ユーザーのブラウザが AJAX と互換性がない場合は、OFF にします。
既定:ON
JQL のオートコンプリート ユーザーが高度な(JQL)検索を実行するときに、検索語をオートコンプリートします。この機能を使用したくない場合や、パフォーマンスに影響がある場合は、OFF にします。
既定:ON
Internet Explorer 用の MIME スニッフィング セキュリティ ホール回避ポリシー Internet Explorer 7 以前に存在するクロスサイト スクリプティングの脆弱性に対応して、添付ファイル表示方法を指定するセキュリティ オプション。Jira の添付ファイルに対する既定のブラウザの動作を変更します。オプションは次のとおりです。
- Insecure:添付ファイルのインライン表示 - すべての添付ファイルのインライン表示を許可します。セキュリティ上のリスクを完全に理解している場合のみ、このオプションを選択します。
- Secure:すべてのブラウザで添付ファイルすべてを強制ダウンロード - 添付ファイルすべてのダウンロードを強制します。これは最も安全なオプションですが、ユーザーの利便性は低下します。
- Work around Internet Explorer security hole - リスクの高い添付ファイル(IE のみの回避策)の強制ダウンロード - IE ブラウザの場合、IE が誤って HTML ファイルと検出する可能性のある添付ファイルのダウンロードを強制します。申告済みの HTML 形式の添付ファイルもインラインで表示されません。このオプションを使用して、添付ファイルを使用した IE ユーザーへの攻撃リスクを減らします。
既定:Work around Internet Explorer security hole
管理者連絡フォーム

ログイン パネルやページなど、Jira 内の適切な場面で表示される "管理者に連絡" リンクをユーザーがクリックすると、入力用のメール フォームが表示されます。

この設定は電子メール発信が有効化された場合のみに、適用します。

以下のカスタム メッセージ "管理者に連絡メッセージ" の有無にかかわらず、使用できます。この機能を使用すると、Jira 管理者グローバル権限のあるユーザー (Jira システム管理者ではありません。詳細については JRA-27454 を参照してください) に通知が送信されます。
デフォルト: OFF

管理者連絡メッセージ ユーザーが(ログインパネルやページなど、Jira の適切な場面で表示される)「管理者連絡」リンクをクリックすると、カスタム メッセージが表示されます。「管理者連絡メッセージ」が「管理者連絡フォーム」の上部に表示されるのは、フォームが有効になっている場合(上記参照)のみです。
Gravatar の許可 ユーザー プロファイルで Jira 固有のアバターの代わりに Gravatar を使用できます。 Gravatar が有効の場合、ユーザーは Jira 固有のアバターを使用することができず、その逆の場合も同様です。
既定:OFF
インライン編集 インライン編集、つまり、画面上のフィールドをクリックして編集できます。
既定;ON 
検索結果の自動更新 基本検索で検索条件を変更すると、検索結果を自動更新できます。
既定:ON  
空の JQL クエリの無効化

空の JQL クエリの挙動を選択できます。オンの場合は結果を返さず、オフの場合はすべての既存の課題を返します。このオプションは、空のフィルタでインスタンスのすべての既存の課題が返される場合のパフォーマンスの問題を回避するために導入されました。

Note that some apps may be using empty JQL queries to return all issues on purpose. Turning on this option will affect them. An empty JQL query in QueuesSLAs and Reports within Jira Service Desk will continue to return all issues per project.

デフォルト: OFF

CSV へのエクスポート時の追加オプションの有効化

検索結果を CSV ファイルにエクスポートするときの区切り文字を選択できます。エクスポート時に、値の区切り文字を以下のいずれかから選択できます。

  • カンマ (,)
  • セミコロン (;)
  • バーティカル バー (|)
  • キャレット (^)

このオプションをオフにすると、デフォルト区切り文字としてカンマ (,) が使用されます。これは、エクスポートを多数実行する場合や、追加のダイアログを毎回表示したくない場合に役立ちます。

デフォルト: ON 

最終更新日: 2019 年 2 月 11 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.