ゼロ ダウンタイム アップグレードの管理

Zero downtime upgrade (ZDU) allows you to upgrade your JIRA Data Center with no downtime for your users. Your instance will remain available throughout the upgrade process.

ゼロ ダウンタイムについて

Zero downtime upgrade (ZDU) is a special method available for JIRA Data Center. It introduces the upgrade mode that allows your nodes to work on different JIRA versions while you upgrade them one by one. During the upgrade, JIRA remains fully functional and open to your users.

ZDU is available for both JIRA Software Data Center and JIRA Service Desk Data Center. JIRA Software 7.3 or JIRA Service Desk 3.6 are the minimum versions you need to be able to use this upgrade process. If you're running a JIRA installation with both JIRA Software and JIRA Service Desk, don't worry, we got you covered!

ゼロ ダウンタイム アップグレード プロセスには長い時間がかかる場合があるため (ノード数に応じて異なります)、必要な操作をすべて完了したかどうかを確認できる、便利なチェックリストも用意しています。このページのすべてのステップを 1 つずつ実行することをおすすめします。チェックリストは、何をどこまで実行したかを追跡するためのツールです。

技術的な概要

アップグレードに関連してクラスタで発生する内容の詳細については、「ZDU 技術概要」を参照してください。

FAQ

ご質問がある場合、「ゼロ ダウンタイム アップグレードの FAQ」をご確認ください。



はじめる前に

ゼロ ダウンタイム アップグレードを開始する前に、いくつかすべきことがあります。

目的のバージョンのインストーラーがあることを確認します。
詳細を読む...

Download the appropriate JIRA Software installer. Make sure you have it available for all your nodes, as you'll need it to upgrade them one at a time.

対象のバージョンについて熟知していることを確認します。
詳細を読む...

Review the release notes and upgrade notes for the version of JIRA platform and JIRA Software that you're upgrading to. If you plan to skip a few versions during your upgrade, we strongly recommend that you read the release notes and upgrade guides for all versions between your current version and the version to which you are upgrading. Remember, the minimum version you need to be on to use zero downtime upgrades is JIRA Software 7.3.

サポートされるプラットフォームを使用していることを確認します。
詳細を読む...

Confirm that your operating system, database, and other applicable platforms and hardware still comply with the requirements for JIRA Software 7.3. The End of Support Announcements page also has important information regarding platform support for future versions of JIRA.

アドオンをチェックします。
詳細を読む...

Jira のアドオン (例: Jira にデフォルトで含まれない機能) をインストールした場合は、アップグレード先の Jira Software のバージョンとの互換性を確認する必要があります。アドオンの互換性情報は、Atlassian Marketplace のアドオンのホームページで確認できます。 

  • アドオンが現在のバージョンと目的のバージョンの両方をサポートしている場合、何もする必要はありません。
  • アドオンに、最新および目的のバージョンをサポートする更新プログラムがある場合は、Jira アップグレードを開始する前にアドオンを更新します。
  • アドオンが現在お使いのバージョンをサポートしているけれど、目的のバージョンをサポートするには更新プログラムが必要な場合 (更新プログラムが現在のバージョンをサポートしていない場合)、アップグレード中の課題を回避するためにアドオンを無効化する必要があります。アップグレードが完了したら、アドオンを更新して再度有効化できます。つまり、アップグレード中はアドオンを利用できません。
  • アドオンが現在のバージョンをサポートしているけれど、目的のバージョンをサポートしていない場合 (目的のバージョンをサポートする更新プログラムがない場合)、アップグレード中に問題が発生する可能性があり、アップグレードを進める場合はそのアドオンを無効化する必要があります。アドオンは、アドオンが新しいバージョンをサポートし、更新できるようになるまで、有効化しないでください。
データベースをバックアップします。
詳細を読む...

ゼロ ダウンタイム アップグレードを使用するには、アップグレード プロセス全体でデータベースを利用可能である必要があります。そのため、アップグレード手順の開始時点に可能な限り近いデータベースのネイティブ ツールを使用してデータベースのバックアップを実行する必要があります。

サポート ヘルス チェック、インスタンス ヘルス、およびサポートされるツール プラグインが有効化さえr、最新バージョンであることを確認します。
詳細を読む...

ゼロ ダウンタイム アップグレード のチェックでは、Jira が正しい情報を持っていることを確認し、ゼロ ダウンタイムの間ユーザーをサポートできるよう、これらの両方のプラグインを有効にする必要があります。これらは既定では有効化されていますが、チェックするには以下の操作が必要です。

  1. Navigate to > Add-ons > Manage add-ons.
  2. 適宜「health」または「support」と入力し、ドロップダウンでシステムを選択してプラグインを検索します。
  3. 関連プラグインを展開して、有効/無効のいずれかを確認します。無効化されている場合は、有効化をクリックします。

いずれかのプラグインで更新プログラムを利用可能な場合、更新ボタンが表示されます。このボタンをクリックして利用可能な最新バージョンに更新します。

新しいバージョンのプレステージングとテスト

アップグレードは、本番環境を最も反映するテスト環境で最初に実行することを強くお勧めします。テスト環境のアップグレードに成功し、正常な機能を確認するまでは、本番環境インスタンスをアップグレードしないでください。これには、アドオンとカスタマイズのチェックも含まれます。テスト環境におけるアップグレードで解決できない問題がある場合、弊社サポート サイトで課題を作成してサポートを依頼してください。

1. Jira をアップグレード モードにする

Putting JIRA into upgrade mode allows the nodes in your cluster to run on different versions of JIRA Software until you finalize or cancel your upgrade. To put JIRA into upgrade mode, all your nodes need to be running on the same versions.

  1. Navigate to > Applications > JIRA upgrades.
  2. Jira をアップグレード モードにするをクリックします。これは、ノードがすべて同じバージョンの場合のみ使用可能です。

Jira を初めてアップグレード モードにしたときに、アップグレードをキャンセルできます (このオプションを使うと Jira のアップグレードが終了します)。これは、ノードのアップグレードを開始するまで利用可能です。ノードを同じバージョンにアップグレードしたら、アップグレードを終了できます。アップグレードをキャンセルするには、各ノードを元のバージョンに戻す必要があります。

2. ノードをアップグレードする

Once your JIRA instance is in upgrade mode, you can upgrade each node individually. Upgrading a node will involve stopping JIRA, upgrading the installation, and then starting JIRA. Stopping JIRA will remove the node from your cluster, making it unavailable, and any users logged in to that node will lose their current session, before being routed to another node. As the administrator, it's up to you to decide which nodes to upgrade and in which order. You always need to have at least one node online and connected to your cluster to achieve zero downtime. There's some useful information on monitoring a JIRA Data Center node here, and depending on your setup, you may be able to 'drain' your nodes to minimise impact.

The JIRA Software installer automatically performs most of the upgrade tasks for you. However, if you have made customizations to your JIRA installation, you will need to migrate the customized files manually to the upgraded installation. This step takes place during the upgrade of your node.

You're now ready to upgrade your nodes. Make sure you can access the installer before you start, and select the node you need to upgrade:

I'm upgrading a Windows environment
  1. Shut down your JIRA application.
  2. Run the installer '.exe' file to start the upgrade wizard.
    (info) If a Windows 7 (or Vista) 'User Account Control' dialog box asks you to allow the upgrade wizard to make changes to your computer, specify Yes. If you do not, the installation wizard will have restricted access to your operating system and any subsequent installation options will be limited.
  3. At the 'Upgrading JIRA?' step, choose the Upgrade an existing JIRA installation option.
  4. In the Existing JIRA installation directory field, specify the JIRA application installation directory of your JIRA installation to be upgraded.
    (info) The upgrade wizard will attempt to find an existing JIRA installation and use its location to pre-populate this field. However, always verify this location, particularly if you have multiple JIRA installations running on the same machine.
  5. この後のアップグレード ウィザードのステップでのオプション指定や実行は次の通りです:
    1. At the 'Back up JIRA directories' step, ensure the Back up these directories option is selected. This creates 'zip' archive file backups of your existing JIRA installation and JIRA home directories in their respective parent directory locations.
      (info)Please Note:
      • このオプションの選択を強く推奨します!
      • At this point, the upgrade wizard notes any customizations in your existing JIRA installation directory which it cannot automatically migrate to your upgraded JIRA installation. If you are informed of any files containing such customizations, please make a note of these files as you will need to manually migrate these customizations.
  6. アップグレード ウィザードの最終ステップで、アップグレードを確認するために、アップグレードしたJIRA インストールをブラウザーで起動するオプションを選択します。
I'm upgrading a Linux environment

JIRA のアップグレード (Linux)

  1. Download the appropriate 'JIRA 'Linux 64-bit / 32-bit Installer' (.bin) file that suits your operating system (for the new version of JIRA) from the JIRA Download page.
  2. JIRA をシャットダウンします。
  3. Open a Linux console and change directory (cd) to the '.bin' file's directory.
    (warning) If the '.bin' file is not executable after downloading it, make it executable, for example:
    chmod a+x atlassian-JIRA-X.Y.bin 
    (where X.Y represents your version of JIRA)
  4. “.bin” ファイルを実行し、アップグレード ウィザードを起動します。
  5. When prompted to choose between creating a new JIRA installation or upgrading an existing installation, choose the Upgrade an existing JIRA installation option.
  6. Specify the JIRA installation directory of your JIRA installation to be upgraded.
    (info) The upgrade wizard will attempt to find an existing JIRA installation and will provide its location as a choice. However, always verify this location, particularly if you have multiple JIRA installations running on the same machine.
  7. この後のアップグレード ウィザードのステップでのオプション指定や実行は次の通りです:
    1. Choose the option to back up JIRA's directories. This creates 'zip' archive file backups of your existing JIRA installation and JIRA home directories in their respective parent directory locations.
      (info)Please Note:
      • このオプションの選択を強く推奨します!
      • At this point, the upgrade wizard notes any customizations in your existing JIRA installation directory which it cannot automatically migrate to your upgraded JIRA installation. If you are informed of any files containing such customizations, please make a note of these files as you will need to manually migrate these customizations.
    2. “Upgrade Check List” ステップの後、既存 JIRA インストールが起動中の場合はシャットダウンされます。その後、アップグレード ウィザードで:
      1. 既存 JIRA インストールをバックアップします。
      2. 既存 JIRA Installation Directory のコンテンツを削除します。
      3. 既存 JIRA Installation Directory に新しい JIRA バージョンをインストールします。
      4. Starts your new (upgraded) JIRA installation.
        (warning) If you noted any files that contain customizations which must be migrated manually to your upgraded JIRA installation, then:
        1. アップグレードした JIRA インストールを終了します。
        2. アップグレードした JIRA アプリケーション インストールディレクトリ にこれらのファイルからカスタマイズを移行します。

          Migrating customizations

          既存の JIRA インストールの設定ファイルを修正した場合は、新しい JIRA インストールにも同様の修正を適用してください。ただし、設定ファイル内のプロパティはバージョンによって異なるため、既存のインストールから設定ファイルを単純にコピーして、新しいインストールの該当するファイルを置き換えることはできません。

          For each file you have modified in your existing JIRA installation, you need to manually edit each equivalent file in your new JIRA installation and re-apply your modifications. If a file is not present in your new JIRA installation (for example, osuser.xml in recent JIRA versions), then copy that file over to your new JIRA installation.

          以下の表は、最もよく変更されるファイルと、JIRA インストールディレクトリ内の各ファイルの場所を示しています。


          ファイル



          「おすすめ」(以前の「スタンドアロン」の JIRA ディストリビューションの保存場所



          説明


          JIRA-application.properties

          atlassian-JIRA/WEB-INF/classes

          Upon starting your new JIRA installation, any custom property values in the JIRA-application.properties file will automatically be migrated across to either the JIRA database or JIRA-config.properties file. JIRA.home is the only property of the JIRA-application.properties file subsequently used by JIRA.

          setenv.bat (Windows) または setenv.sh (Linux)

          bin

          JIRA アプリケーションメモリの容量を増やす

          osuser.xml
          (not required if upgrading from JIRA 4.3.0 or later)

          atlassian-JIRA/WEB-INF/classes

          Modified if you have integrated LDAP with JIRAintegrated Crowd with JIRA, or if you are using a custom form of external user management or user authentication.

          seraph-config.xml

          atlassian-JIRA/WEB-INF/classes

          Modified if you have integrated Crowd with JIRA.

          server.xml

          conf

          次のような場合に修正します。

          (tick) The version-specific upgrade notes contain details on properties which may have changed in these commonly modified files.

          上記のファイル以外にも、アップグレードのプロセスにて以下の設定を考慮・実行する必要があります。

          • Using JIRA with Atlassian's Crowd? — If you are using Crowd with JIRA, configure your new JIRA to talk to Crowd as described in integrated Crowd with JIRA.
            • JIRA の新しいホスト名/IP アクセスを許可するように Crowd を設定します。
          • Allocating additional memory to JIRA — If you had previously allocated additional memory to JIRA, do the same for your new JIRA instance. For more information refer to Increasing JIRA application memory.
          • 文字エンコード — 文字エンコード (ロケール) が新しい場所と古い場所で同じであることを確認します。 エンコードの互換性がない2つのシステム間で添付ファイルを移動した場合、新しいバージョンの JIRA が正常に動作しない場合があります。
          • カスタマイズ — カスタマイズを行った場合(コード、テンプレート、設定ファイルなど)は、これらの変更の互換バージョンを新しい JIRA へコピーします。(ユーザーの古いバージョンをカスタマイズした組織内の開発者は、新しいバージョンに対しても同等の変更のビルドとテストを行って、アップグレード後の JIRA インストールへコピーするファイルをユーザーに提供する必要があります。)
          • (オプション) 別のポートで JIRA を実行する— 新しい JIRA が古い JIRA と同一マシン上にインストールされている場合、(古い JIRA の再起動が必要になった場合に備えて) 別々のポートで実行していることを確認することができます。詳細は、「JIRA の TCP ポートの変更」を参照してください。
        3. Restart the upgraded JIRA installation. This will automatically add it back to your cluster.

  8. アップグレード ウィザードの最終ステップで、アップグレードを確認するために、アップグレードした JIRA インストールをブラウザーで起動するオプションを選択します。

最初のノードをアップグレードしたら、クラスターで利用可能であり、ユーザーがそのノードにログインしてノードを使用できることを確認します。完了したら、各ノードでプロセスを繰り返します。

Once you've upgraded all your nodes to the latest version, you can finalize your upgrade on the JIRA upgrades page (> Applications > JIRA upgrades). If you haven't upgraded all the nodes, the Finalize upgrade button won't be available, and you'll need to check which node/s still require upgrading. You can finalize your update when all nodes are upgraded.

3. アップグレードを完了する

Finalizing an upgrade will allow any required upgrade tasks to run on your instance, and take JIRA out of upgrade mode. Once the required tasks have completed, you're installation is upgraded.

  1. Navigate to > Applications > JIRA upgrades.
  2. アップグレードを完了するをクリックします。これは、ノードがすべて同じバージョン (新しいバージョン) の場合のみ使用可能です。

おめでとうございます! インスタンスをアップグレードし、ゼロ ダウンタイムを達成しました! 

最終更新日: 2018 年 12 月 19 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.