Confluence 7.2 アップグレード ノート

Confluence リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

以下は、Confluence 7.2 にアップグレードする際の重要な注意事項です。このリリースの新機能と改善点の詳細については、「Confluence 7.2 リリース ノート」を参照してください。 

このページの内容

Using Companion app in single sign-on environments

If you've configured single sign-on (SSO) in such a way that your reverse proxy redirects the requests to your SSO gateway, and only successfully authenticated requests ever reach Confluence, your users won't have been able to use Atlassian Companion app. This is because the Atlassian Companion app uses JWT tokens to authenticate requests, and only Confluence can authenticate these requests, not your SSO authenticator. 

To make sure requests from the Atlassian Companion app can be authenticated, you can now configure your reverse proxy to always allow requests from the following URLs: 

  • <base-url>/rest/token-auth/api/* 
  • <base-url>/download/token-auth/attachments/*
  • <base-url>/plugins/servlet/imgFilter*  
  • <base-url>/rest/analytics/1.0/publish/bulk   (this is only necessary if you have opted in to data collection)

If an unauthenticated user tries to access these URLs directly, they would be redirected to the Confluence login screen. They wouldn't be able to access any content or download files while unauthenticated.

Chart macro maximum size

We now limit the maximum height and width of the Chart macro. This will help avoid performance problems if a user accidentally enters a very large value, as we'll automatically resize the chart to 3000px by 3000px. You can modify the default maximum using the  following system properties:

  • confluence.chart.macro.width.max  
  • confluence.chart.macro.height.max 

Changes to Data Center clustering

As mentioned in the release notes, you can now choose to deploy Data Center as a standalone (non-clustered) installation. If you're currently running Confluence Data Center in a cluster, there's no need to do anything. If you'd prefer to make the switch to a standalone setup, you can follow the process described in Adding and Removing Data Center nodes

Minor change to Lucene implementation

We've made a change to the implementation of the term filter. A bitset is now only created when the number of matches is large enough to benefit from it. This helps reducing unnecessary CPU and memory usage and avoid bottlenecks. The threshold can be changed via the confluence.search.lucene.termFilterBitSetThreshold system property, but we don't expect you should need to do this. 

MySQL 8

We've added support for MySQL 8.  If you plan to upgrade, you should upgrade Confluence first, then upgrade your database.  

You'll need to switch to the latest database driver, see Database JDBC Drivers.  If you use a datasource connection you'll also need to update the driver classname to com.mysql.cj.jdbc.Driver

Upgrade task to remove temporary files

When files are added to a page via the REST API an attachment-*.tmp temporary file is created in the <install-directory>/temp folder. To prevent this temp directory from growing too large over time, we now clean up these temp files at the end of the REST request. 

We've also implemented an upgrade task to clean up these files when you upgrade to Confluence 7.2. The upgrade task could take some time in sites that have a large number of files in the <install-directory>/temp directory. 

Upgrading from 6.x or earlier

If you set up your mail server using a JNDI location (in the server.xml ), there are now two additional jar files that you'll need to move from <confluence-install>\confluence\WEB-INF\lib to <confluence-install>\lib : 

  • javax.activation-x.x.x.jar
  • javax.activation-api-1.2.0.jar

6.3 以前からのアップグレード

Confluence 6.3 以前からアップグレードする場合、スペース ディレクトリにスペースが表示されない既知の課題があります。これを修正するには、アップグレード後に サイトを再インデックスする 必要があります。 

サポート対象プラットフォームの変更

In this release we have:

  • Added support for MySQL 8.

サポート終了のお知らせ

Advance Notice: End of support for Internet Explorer 11

アトラシアンでは、最新の Web 標準を引き続き活用して、すべての製品で改善された機能と最高のユーザー エクスペリエンスを提供できるようにするため、Internet Explorer 11 のサポートを終了することにしました。 

Confluence 7.4.x (Enterprise Release) will be the last release to support Internet Explorer 11. 

Advance Notice: End of support for several databases 

Confluence 7.3.x will be the last release to support the following databases:

  • PostgreSQL 9.4
  • MySQL 5.6 
  • Oracle 12c R1
  • Microsoft SQL Server 2012

Confluence 7.4.x (Enterprise Release) will be the last release to support the following databases:

  • Microsoft SQL Server 2014
  • PostgreSQL 9.5

これらの告知の詳細については「Confluence のサポート終了のお知らせ」をご確認ください。 

インフラストラクチャの変更 

Head to Preparing for Confluence 7.2 to find out more about changes under the hood. 

Known issues

アップグレード中に問題が発生し、解決できない場合、サポート チケットを作成してください。弊社のサポート エンジニアがお手伝いします。

アップグレード手順

注: まずテスト環境をアップグレードします。アップグレードを本番環境に適用する前に、テスト環境でアップグレードをテストしてください。

すでに Confluence のバージョンを実行している場合、以下の手順に従って最新バージョンにアップグレードしてください。

  1. > [サポート ツール] > [ヘルス チェック] の順に移動し、ライセンスの有効性、アプリケーション サーバー、データベースのセットアップなどを確認します。
  2. アップグレードする前に、インストール ディレクトリ、ホーム ディレクトリ、およびデータベースをバックアップすることを強くおすすめします。
  3. ご使用の Confluence のバージョンが 7.0 より前の場合、そのバージョンから最新バージョンまでのすべてのリリースリリース ノートおよびアップグレード ガイドお読みください。
  4. Confluence の最新バージョンをダウンロードします。
  5. アップグレード ガイド」の説明に従います。
  6. Confluence のアップグレード後のチェックを使用して、すべての機能が意図したように動作していることを確認します。

アップグレード後の設定ファイルの更新

server.xml, web.xmlsetenv.bat/setenv.shconfluenceinit.properties などの設定ファイルの内容は定期的に変更されます。 

アップグレード時には、以前のインストールのファイルで単純に上書きするのではなく、これらのファイルへの追加 (プロキシ設定、データソース、JVM パラメーターなど) を手動で再適用することをおすすめします。これを行わない場合、これまでの改善が失われてしまいます。

最終更新日 2020 年 6 月 24 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.