Confluence 7.1 アップグレード ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

以下は、Confluence 7.1 にアップグレードする際の重要な注意事項です。このリリースの新機能と改善点の詳細については、「Confluence 7.1 リリース ノート」を参照してください。 

このページの内容

Upgrading to Java 11

In this release, we've added support for Java 11. Java 8 is still bundled with Confluence, so you can continue using Java 8 for now, or switch to Java 11 manually. See Change the Java vendor or version Confluence uses to find out how to switch your Java version.

Some of the Java arguments used in our setenv.sh  / setenv.bat  files are no longer recognised in Java 11. If you decide to move to Java 11, make sure you apply your customizations manually when you upgrade, don't simply copy over your old setenv file (or existing Java options if you run Confluence as a service). 

変更内容...

Java 11 では、次の引数が置き換えられます。

-XX:-PrintGCDetails -XX:+PrintGCDateStamps -XX:-PrintTenuringDistribution -Xloggc:$LOGBASEABS/logs/gc-`date +%F_%H-%M-%S`.log -XX:+UseGCLogFileRotation -XX:NumberOfGCLogFiles=5 -XX:GCLogFileSize=2M
-Djava.locale.providers=COMPAT,SPI 

置き換え後は次のようになります。

-Xlog:gc+age=debug:file="%atlassian_logsdir%\gc-%atlassian_timestamp%.log"::filecount=5,filesize=2M
-Djava.locale.providers=JRE,SPI,CLDR

We also recommend adding the following new arguments:

-XX:+IgnoreUnrecognizedVMOptions 
-Djdk.tls.server.protocols=TLSv1.1,TLSv1.2 
-Djdk.tls.client.protocols=TLSv1.1,TLSv1.2    

IgnoreUnrecognizedVMOptions  means that any unrecognised Java 8 arguments will be ignored. You won't need to remove these manually. 

There are known issues with TLS 1.3, so we recommend TLS 1.1 and 1.2 for now.

詳細な情報については、Java 11 ドキュメントの「Enable Logging with the JVM Unified Logging Framework」を参照してください。 

If you have added additional arguments, you may need to check that these are still available in Java 11, as they may cause errors when you start Confluence. 

Change to the Spaces List macro

The Spaces List macro now shows only current spaces by default. A new macro parameter is available if you would like it to also display archived spaces. 

Enabling the Edit in Office dark feature

As mentioned in the release notes, we've extended support for the legacy Edit in Office dark feature (previously only available in 6.13.6 and 6.15.6).

If you're unable to use the Atlassian Companion app in your environment, you can choose to switch to Edit in Office functionality by enabling the dark feature. If you enabled the dark feature in a 6.13 or 6.15 version, there's no need to do anything, Edit in Office will remain enabled after you upgrade to 7.1.

It's important to note that you can't use Companion app and Edit in Office together in the same site. When Edit in Office is enabled, WebDAV integration is restored, and all Companion app integration is automatically disabled. See Enable the Edit in Office dark feature for more information.

To read more about our future plans for file editing in Confluence, check our community announcement

Upgrading from 6.x or earlier

If you set up your mail server using a JNDI location (in the server.xml ), there are now two additional jar files that you'll need to move from <confluence-install>\confluence\WEB-INF\lib to <confluence-install>\lib : 

  • javax.activation-x.x.x.jar
  • javax.activation-api-1.2.0.jar

6.3 以前からのアップグレード

Confluence 6.3 以前からアップグレードする場合、スペース ディレクトリにスペースが表示されない既知の課題があります。これを修正するには、アップグレード後に サイトを再インデックスする 必要があります。 

サポート対象プラットフォームの変更

In this release we have:

  • Added support for Java 11.

サポート終了のお知らせ

Advance Notice: End of support for Internet Explorer 11

アトラシアンでは、最新の Web 標準を引き続き活用して、すべての製品で改善された機能と最高のユーザー エクスペリエンスを提供できるようにするため、Internet Explorer 11 のサポートを終了することにしました。 

Confluence 7.4.x (Enterprise Release) will be the last release to support Internet Explorer 11.

Advance Notice: End of support for PostgreSQL 9.4, MySQL 5.6 and Oracle 12c R1

Confluence 7.3.x will be the last release to support PostgreSQL 9.4, MySQL 5.6 and Oracle 12c R1.

これらの告知の詳細については「Confluence のサポート終了のお知らせ」をご確認ください。 

インフラストラクチャの変更 

Head to Preparing for Confluence 7.1 to find out more about changes under the hood. 

Known issues

アップグレード中に問題が発生し、解決できない場合、サポート チケットを作成してください。弊社のサポート エンジニアがお手伝いします。

アップグレード手順

注: まずテスト環境をアップグレードします。アップグレードを本番環境に適用する前に、テスト環境でアップグレードをテストしてください。

すでに Confluence のバージョンを実行している場合、以下の手順に従って最新バージョンにアップグレードしてください。

  1. > [サポート ツール] > [ヘルス チェック] の順に移動し、ライセンスの有効性、アプリケーション サーバー、データベースのセットアップなどを確認します。
  2. アップグレードする前に、インストール ディレクトリ、ホーム ディレクトリ、およびデータベースをバックアップすることを強くおすすめします。
  3. ご使用の Confluence のバージョンが 7.0 より前の場合、そのバージョンから最新バージョンまでのすべてのリリースリリース ノートおよびアップグレード ガイドお読みください。
  4. Confluence の最新バージョンをダウンロードします。
  5. アップグレード ガイド」の説明に従います。
  6. Confluence のアップグレード後のチェックを使用して、すべての機能が意図したように動作していることを確認します。

アップグレード後の設定ファイルの更新

server.xml, web.xmlsetenv.bat/setenv.shconfluenceinit.properties などの設定ファイルの内容は定期的に変更されます。 

アップグレード時には、以前のインストールのファイルで単純に上書きするのではなく、これらのファイルへの追加 (プロキシ設定、データソース、JVM パラメーターなど) を手動で再適用することをおすすめします。これを行わない場合、これまでの改善が失われてしまいます。

最終更新日 2020 年 6 月 24 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.