Confluence 7.9 アップグレード ノート

Confluence リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

以下は、Confluence 7.9 にアップグレードする際の重要な注意事項です。このリリースの新機能と改善点の詳細については、「Confluence 7.9 リリース ノート」を参照してください。 

このページの内容

アップグレード ノート 

インデックス アーキテクチャへの変更

このリリースではパフォーマンスと安定性の改善のため、Lucene 検索インデックスにいくつかの変更を加えました。これらの変更の 1 つとして、インデックスをコンテンツ インデックスと変更インデックスの 2 つに分割しています。 

アップグレード タスクでのインデックスの分割

Confluence 7.9 にアップグレードするときに、アップグレード タスクがインデックス全体のコピーを 2 つ作成し、関連するコンテンツを削除してコンテンツ インデックスおよび変更インデックスを作成して、元のファイルを削除します。つまり、インデックスの 3 つのコピーを一時的に保存するために、ローカルのホーム ディレクトリのディスクに十分な空き領域が必要です。非常に大規模なサイトの場合、このプロセスには時間がかかることがあります。

アトラシアンのテストでは、90 GB のインデックスを分割するスクリプトを実行するのに 1 時間未満の時間がかかりました。しかしながら、この前のステップでのインデックスのコピーの作成は、(c5.2xlarge EC2 インスタンスで) 5 時間以上かかりました。インスタンスに IOPS を追加する必要がある場合があります。   

アップグレード タスクでのインデックスの分割 - クラスタ化された Data Center

上述の情報に加え、Confluence をクラスタで実行していて、アップグレード時点でローカルのホーム ディレクトリにインデックスがない場合は、共有ホーム ディレクトリのスナップショットが取得され、アップグレード タスクの開始前にそれが復元されます。アップグレード タスクが完了したら新しいスナップショットが生成され、共有ホームに保存されます。残りのノードは共有ホームからスナップショットを取得するため、アップグレード タスクが各ノードでインデックスを分割する必要はありません。 

ジャーナル エントリのアップグレード タスク

インデックスの分割が完了したら、別のアップグレード タスクがジャーナル エントリ テーブルのエントリを更新します。これは大規模なサイトでも数分程度で完了します。インデックスの分割とジャーナル エントリのアップグレード タスクの両方が正常に完了するまで、Confluence を使うことはできません。 

サポート終了のお知らせ

今回はサポート終了のお知らせはありません。 

インフラストラクチャの変更 

変更の詳細については、「Confluence 7.9 への準備」を参照してください。

既知の問題

アップグレード中に問題が発生し、解決できない場合、サポート チケットを作成してください。弊社のサポート エンジニアがお手伝いします。

アップグレード手順

本番環境でのアップグレードを行う前に、テスト環境必ずアップグレードをテストするようにします。

Confluence を最新バージョンにアップグレードするには、次の手順を実行します。

  1.  > [一般設定] > [アップグレードを計画] に移動して、アップグレード先のバージョンを選択します。アップグレード前の確認が実行されます。
  2.  > [一般設定] > [トラブルシューティングとサポート ツール] に移動して、ライセンスの有効性、アプリケーション サーバー、データベース セットアップなどを確認します。
  3. ご利用の Confluence バージョンが 2 バージョン以上古いものである場合、現在のバージョンと最新バージョンとの間のすべてのリリースリリース ノートとアップグレード ガイドを確認します。
  4. インストール ディレクトリ、ホーム ディレクトリ、およびデータベースのバックアップを作成します。
  5. Confluence の最新バージョンをダウンロードします。
  6. アップグレード ガイド」の説明に従います。

アップグレード後の設定ファイルの更新

server.xml, web.xmlsetenv.bat/setenv.shconfluenceinit.properties などの設定ファイルの内容は定期的に変更されます。 

アップグレード時には、以前のインストールのファイルで単純に上書きするのではなく、これらのファイルへの追加 (プロキシ設定、データソース、JVM パラメーターなど) を手動で再適用することをおすすめします。これを行わない場合、これまでの改善が失われてしまいます。

最終更新日: 2020 年 10 月 30 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.