データベース JDBC ドライバ

このページでは、サポートされている全データベースの JDBC ドライバーのダウンロード リンクを提供します。 

ライセンス制約により、MySQL および Oracle データベース ドライバーは Confluence にバンドルできないため、Confluence をセットアップする前に、以下にリストされているドライバーを手動でダウンロードし、インストールする必要があります。 

PostgreSQL または Microsoft SQL Server を使用している場合、ドライバーは Confluence にバンドルされているためすぐに使用できます。 

データベース ドライバーを追加する (MySQL および Oracle)

Confluence セットアップ ウィザードは、ユーザーが選択したデータベースに適したドライバーが見つからない場合、データベース設定ステップを停止します。   

データベース ドライバーを Confluence で使用可能にするには:

  1. Confluence を停止します。
  2. 以下のリストから適切なドライバーをダウンロードして解凍します。
  3. .jar ファイルを <installation-directory>/confluence/WEB-INF/lib ディレクトリにドロップします。
  4. Confluence を再起動して、ブラウザで http://localhost:<port> に進み、セットアップ プロセスを続行します。

セットアップ ウィザードは、データベース設定ステップに戻るので、そのまま続行します。  

サポートされているドライバー

データベース

ドライバーのバンドル有無

JDBC ドライバ

注意詳細情報

PostgreSQL

(tick)

Postgres JDBC ドライバのダウンロード (最新)



バンドルされている JDBC 4 ドライバを使用することをお勧めします。

以降のドライバを使用したい場合、PostgreSQL の web サイトからダウンロードできます。

PostgreSQL データベースセットアップ

Microsoft SQL Server

(tick)SQL Server 用 Microsoft JDBC ドライバーのダウンロード 

バンドルされているタイプ 4 JDBC ドライバーを使用することをお勧めします。

最新バージョンを使用する場合、発生した問題に対してサポートを提供できない場合があります。

Microsoft SQL Server データベースセットアップ

(tick)

jTDS 1.3.1 ドライバーのダウンロード


(warning) このドライバーは推奨されません。新しい Confluence インストールは、SQL Server 用 Microsoft JDBC ドライバー (前述) を使用します。  

既存の Confluence サイトを Confluence 6.4 にアップグレードする場合は、バンドルされている jTDS ドライバーを引き続き使用する必要があります。以降のリリースで Microsoft ドライバーに移行できるように対応する予定です。

MySQL 5.7

(error)

Connector\J 5.1 ドライバをダウンロード


ライセンス上の制約のため、MySQL ドライバは Confluence にバンドルされていません。

Confluence は現在 5.1.48 ドライバでテストされています。

Confluence と MySQL 5.7 を使用する場合、最新のドライバ (8.x) を使用することはできません。

MySQL データベースセットアップ
MySQL 8.0(error)Connector\J 8.0 ドライバをダウンロード

ライセンス上の制約のため、MySQL ドライバは Confluence にバンドルされていません。

Confluence は現在 8.0.21 ドライバでテストされています。

MySQL データベースセットアップ

Oracle

(error)

JDBC ドライバのダウンロード

ライセンス上の制約のため、Oracle ドライバは Confluence にバンドルされていません。

Oracle 12c R2 の場合、12.2.0.x ドライバ (ojdbc8.jar) を使用します

Oracle 19c の場合、ojdbc8.jar または ojdbc10.jar を使用できます。

Thin Driver のみを使用することをお勧めします。「Oracle JDBC ドライバの FAQ」を参照してください。

Oracle データベースセットアップ


サポートされていないドライバやカスタム JDBC ドライバ (または JINDI データソース接続で、サポートされていないドライバやカスタム ドライバの driverClassName) を使用しようとすると、共同編集が失敗します。サポート対象のドライバを使用する必要があります。 

最終更新日 2020 年 9 月 29 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.