Data Center ノードを追加・削除する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

データセンターライセンスは、ノードの数ではなく、クラスターのユーザー数に基づいています。つまり、いつでも Data Center クラスターにノードへの追加や削除が可能です。 

クイック スタートを使用して AWS に Confluence Data Center をデプロイした場合、Confluence と Synchrony ノードを Auto Scaling グループに配置する必要があります。各グループの最小サイズと最大サイズを変更するか、スケーリング プランを使用して、AWS コンソール内のノードを追加または削除します。 

このページの内容

ノードを追加する

ノードを追加するには:

  1. 停止したノードからインストールディレクトリとローカルのホームディレクトリを新しいノードにコピーします。
  2. 新しいノードで Confluence を開始する。開始プロセスで Confluence は実行中のノードから新しいノードにインデックスを回復させ最新の状態にします。
  3. > [一般設定] > [クラスタリング] を選択し、新しいノードが表示されることを確認します。

1 度に開始できるのは 1 つのノードのみです。複数のノードを同時に開始すると、深刻な障害が発生するおそれがあります。 

ノードを削除する。

ノードを削除するには、そのノードで Confluence を停止します。その後、必要に応じてインストールディレクトリとローカルホームのディレクトリを削除します。 

残りのノードの数を表示するには、 > [一般設定] > [クラスタリング] を選択します。

ノード識別子の変更

Confluence はクラスタ内の各ノードに対して識別子を生成します。ユーザーと管理者が簡単に読み取れるように、confluence.cluster.node.name システム プロパティを使用して各ノードにノード識別子を設定できます。 

システム プロパティの設定方法の詳細は、システム プロパティの設定 を参照してください。 

スタンドアロン インストールへの移動

クラスタ構成が不要になったが、引き続き Data Center 機能にアクセスしたい場合は、スタンドアロンの (クラスタ化されていない) Data Center インストールに戻ることができます。

ここでは、既存のクラスタノードのひとつを新しいスタンドアロン インストールに使用するものと仮定して説明します。切り替えの一環として、一部のインフラストラクチャに変更を加える必要があります。

このプロセスをステージング環境で完了し、一連の機能テスト、連携テスト、およびパフォーマンス テストを実行してから、本番環境に変更を加えることをおすすめします。

用語

このガイドでは以下の用語について説明します:

  • インストール ディレクトリ - Confluence をインストールしたディレクトリ。
  • ローカルのホーム ディレクトリ - 各クラスタ ノードにローカルで保存されているホームまたはデータ ディレクトリ (Confluence がクラスタで実行されていない場合は単に "ホーム ディレクトリ")。
  • 共有ホームディレクトリ - 作成したディレクトリで、クラスタの同一パスを経由してすべてのノードにアクセス可能なディレクトリ。

1. Confluence をシャットダウンします。

続行する前にすべてのクラスタ ノードを停止します。

2. ロード バランサの構成

スタンドアロン インストールでの使用を予定しているノードを除き、すべての Confluence ノードからトラフィックをリダイレクトするようにロード バランサを構成します。

ロード バランサが不要になった場合はこの手順で削除できます。

3. ホームで共有されているクラスタのの項目をローカルのホームに戻す

  1. 1 つのノードで、<local home> ディレクトリに /shared-home という名のディレクトリを作成します (クラスタのセットアップ時にこのディレクトリを削除した場合)。
  2. 次のディレクトリとファイルを <shared home> ディレクトリから <local home>/shared-home ディレクトリに移動します。
    • config
    • confluence.cfg.xml
    • dcl-document
    • dcl-document_hd
    • dcl-thumbnail
  3. <shared home> ディレクトリの残りのコンテンツを <local home> ディレクトリのルートに移します。この手順の一部として、attachments ディレクトリも移動するようにします。

この時点で、クラスタの共有ホームディレクトリが空になっているはずです。

(warning) ローカルのホーム ディレクトリの confluence.cfg.xml を誤って上書きしないようにご注意ください。共有ホーム ディレクトリの confluence.cfg.xml ファイルは、ローカルのホーム ディレクトリのものとは異なるパラメータを持ちます。

4. クラスタ プロパティの変更

  1. 既存の <local home>/confluence.cfg.xml のバックアップを作成します。
  2. <local home>/confluence.cfg.xml を編集します。
  3. setupType パラメーターを custom に変更します。

    Before

    <setupType>cluster</setupType>

    After

    <setupType>custom</setupType>
  4. すべてのクラスタ プロパティを削除します。これらは confluence.cluster で始まります。

    例を見る

    削除すべきクラスタ プロパティの例は次のとおりです。これらは、クラスタの構成方法によって異なります。

    confluence.cluster
    confluence.cluster.address
    confluence.cluster.home
    confluence.cluster.interface
    confluence.cluster.join.type
    confluence.cluster.name
  5. ファイルを保存する。

Confluence を起動します。

Confluence を再起動します。

tip/resting Created with Sketch.

スタンドアロン インストールを実行していることを確認するには、 > [一般設定] > [クラスタリング] に進みます。

アクティブなクラスタは表示されなくなります。代わりに、クラスタの開始の詳細と、クラスタ ノードを有効化するオプションが表示されます。

最終更新日: 2019 年 12 月 11 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.