Confluence 7.5 アップグレード ノート

Confluence リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

以下は、Confluence 7.5 にアップグレードする際の重要な注意事項です。このリリースの新機能と改善点の詳細については、「Confluence 7.5 リリース ノート」を参照してください。 

このページの内容

アップグレード ノート

監査ログへの変更

新しい API エンドポイント

高度な監査機能の導入の一環として、新しい REST エンドポイントを追加しました。

監査ログの移行

When you upgrade to Confluence 7.5, we’ll migrate your existing audit log (up to 10 million records). Depending on the database you're using and the size of your current audit log, it may take several minutes to migrate all the data to the database. The migration runs as an upgrade task before Confluence starts up.

Confluence を再起動すると、Atlassian Troubleshooting and Support アプリ経由で追加のヘルス チェックが行われ、ローカルのホーム ディレクトリに新しい監査ログ ファイル用に十分なディスク領域が存在するかどうかが確認されます。

移行されたイベントの違い

  • 7.5 より前の監査ログにはスペースのデータは記録されないため、移行されたイベントはスペースの監査ログではなくグローバルの監査ログにのみ表示されます。
  • 移行されたイベントに関連する、スペース、ページ、およびユーザーなどの情報は、アクティブなリンクではなくプレーン テキストとして表示されます。

カバレッジ レベルの設定

新しい監査ログでは、全般設定、管理、ユーザー管理、セキュリティなどの異なる監査領域で記録するイベントを選択できます。

アップグレードを行うと、これらのレベルは既定で、最低レベルのカバレッジである基本に設定されます。

With a Data Center license, you also have the option to increase your coverage to Advanced (for a more detailed audit record) or Full if you want to log everything. See Audit log events in Confluence for the full list of events.

ページ プロパティ レポートのページ制限

ページ プロパティ レポートには最大で 500 ページが表示されます。表示すべきページの枚数がこれよりも多い場合、もっとも最近に作成または編集された 500 ページを表示している旨のメッセージと、一致するすべてのページを確認できる詳細検索へのリンクが提供されます。

共同編集の管理画面から制限モードを削除

Confluence 6.0 での共同編集の導入以降、この機能を簡単にセットアップして利用を開始できるようにするための多数の改善を行ってきました。

制限モードは、Synchrony の問題によってユーザーが編集を行えないときの一時処置として使用されることを意図して提供されていました。この機能がエンドユーザーに提供する編集エクスペリエンスはあまり優れたものではないほか、この機能を使用したお客様は少数であることを確認しました。共同編集の管理をより簡素化できるよう、制限モードを取り除くことを決定しました。以降は、共同編集は有効 (下書きの共有、同じページで複数のユーザーが作業可能) または無効 (複数の個人用下書き、競合の基本的なマージ機能) のいずれかになります。

共同編集を無効化する必要がある場合、ユーザーは未公開のすべての共有下書きのコンテンツに、プロフィールの下書きページからアクセスできます。共同編集が再び有効化されると、ユーザーはこれらの共有下書きで編集を再開できます。 

Word ファイルからのインポートのサイズ制限

メモリ不足エラーを防ぐため、Word からのインポート機能を使用して Confluence にインポートされるファイルのサイズを、未圧縮の状態で 20 MB に制限します。confluence.word.import.maxsize システム プロパティを使用してこの制限を変更できます。 

7.5.0 で Confluence をソース コードからビルドできない

Confluence 7.5.0 をソース コードからビルドできない、既知の問題があります。この問題の修正は 7.5.1 に含まれます。回避策については CONFSERVER-59847 - Getting issue details... STATUS  をご確認ください。 

Change to how you configure your mail server in the Confluence distribution

In Confluence 7.0 we upgraded JavaMail to version 1.6.2 which unfortunately contained a bug that affected some customers. To fix this issue, in Confluence 7.5 we've upgraded to version 1.6.4 of JavaMail, which is now known as JakartaMail

If you set up your mail server using a JNDI location (in the server.xml ), when you upgrade to Confluence 7.5 or later you will need to move the following files from <confluence-install>\confluence\WEB-INF\lib to <confluence-install>\lib:

  • jakarta.mail-x.x.x.jar 
  • javax.activation-x.x.x.jar
  • javax.activation-api-1.2.0.jar

The javax.mail-x.x.x.jar and javax.mail-api-x.x.x.jar files are no longer required, and no changes should be required to your server.xml

6.3 以前からのアップグレード

Confluence 6.3 以前からアップグレードする場合、スペース ディレクトリにスペースが表示されない既知の課題があります。これを修正するには、アップグレード後に サイトを再インデックスする 必要があります。 

サポート終了のお知らせ

複数のデータベースのサポート終了 

過去の告知のとおり、次のデータベースのサポートを終了します。

  • Microsoft SQL Server 2014
  • PostgreSQL 9.5

Internet Explorer 11 のサポート終了

過去の告知のとおり、アトラシアンでは、最新の Web 標準を引き続き活用して、すべての製品で改善された機能と最高のユーザー エクスペリエンスを提供できるようにするため、Internet Explorer 11 のサポートを終了しました。 

これらの告知の詳細については「Confluence のサポート終了のお知らせ」をご確認ください。 

インフラストラクチャの変更 

変更の詳細については、「Confluence 7.5 の準備」を参照してください。

Known issues

アップグレード中に問題が発生し、解決できない場合、サポート チケットを作成してください。弊社のサポート エンジニアがお手伝いします。

アップグレード手順

注: まずテスト環境をアップグレードします。アップグレードを本番環境に適用する前に、テスト環境でアップグレードをテストしてください。

すでに Confluence のバージョンを実行している場合、以下の手順に従って最新バージョンにアップグレードしてください。

  1. > [サポート ツール] > [ヘルス チェック] の順に移動し、ライセンスの有効性、アプリケーション サーバー、データベースのセットアップなどを確認します。
  2. アップグレードする前に、インストール ディレクトリ、ホーム ディレクトリ、およびデータベースをバックアップすることを強くおすすめします。
  3. ご使用の Confluence のバージョンが 7.4 より前の場合、そのバージョンから最新バージョンまでのすべてのリリースリリース ノートおよびアップグレード ガイドお読みください。
  4. Confluence の最新バージョンをダウンロードします。
  5. アップグレード ガイド」の説明に従います。
  6. Confluence のアップグレード後のチェックを使用して、すべての機能が意図したように動作していることを確認します。

アップグレード後の設定ファイルの更新

server.xml, web.xmlsetenv.bat/setenv.shconfluence-init.properties などの設定ファイルの内容は定期的に変更されます。 

アップグレード時には、以前のインストールのファイルで単純に上書きするのではなく、これらのファイルへの追加 (プロキシ設定、データソース、JVM パラメーターなど) を手動で再適用することをおすすめします。これを行わない場合、これまでの改善が失われてしまいます。

最終更新日 2020 年 7 月 1 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.