Confluence 7.12 アップグレード ノート

Confluence リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

以下は、Confluence 7.12 にアップグレードする際の重要な注意事項です。このリリースの新機能と改善点の詳細については、「Confluence 7.12 リリース ノート」を参照してください。 

このページの内容

アップグレード ノート 

データベース検証クエリ設定が変更されました

Confluence uses a database validation query to check that a database connection is alive before attempting to use it. There are several different ways to perform this validation query. From Confluence 7.12, we now let the database driver choose how to validate if a connection is still alive, rather than overriding the driver configuration with a particular validation query. This simplifies the configuration, and did show a small performance improvement in many of our tests. 

setenv ファイルが改善されました

We've added some commentary to the setenv.sh and setenv.bat file to make it easier for you to locate and manage commonly modified Java options and system properties, and added some recommended values for large instances. 

As always, we strongly recommend checking that the default Java options haven't changed, before copying over your previous configuration. Here's a summary of the changes.

Removed

The following options were removed, as they are the default from Java 8 onwards, so don't need to be set explicitly.

-XX:+UseCodeCacheFlushing
-XX:-PrintGCDetails
-XX:-PrintTenuringDistribution
-XX:+PrintGCCause

We also removed the following properties, which means Confluence will fall back to the default for your Java version. See the note below about a known issue with TLS1.3 and some early Java 11 versions.  You can always reinstate these properties if you need to specify specific protocols. 

-Djdk.tls.server.protocols=TLSv1.1,TLSv1.2 
-Djdk.tls.client.protocols=TLSv1.1,TLSv1.2

Added

The following option was added, which changes the default behaviour of system.gc.

-XX:+ExplicitGCInvokesConcurrent

The following options are recommended for medium, large, and enterprise sized sites. These have been added as comments, and can be uncommented if you choose to adopt these recommended values. 

-XX:ReservedCodeCacheSize=384m 
-XX:+PrintTenuringDistribution 
-XX:+PrintGCDetails -XX:+PrintGCTimeStamps 
-Dconfluence.upgrade.recovery.file.enabled=false 

We have also updated the service.bat file to make it consistent with the values in setenv.bat. If you've modified this file previously, make sure you update the new file, rather than copying over your existing file. 

PostgreSQL 11 のサポート

We've added support for PostgreSQL 11. If you plan to upgrade, you should upgrade Confluence first, then upgrade your database.  

See pg-upgrade in the PostgreSQL 11 documentation for information on how to upgrade your database. Make sure you back up your database, Confluence installation directory and Confluence home directory before you begin. We strongly recommend you test your changes in a staging environment first. 

After upgrading, we recommend you run ANALYZE. Analyze collects statistics about the contents of tables in the database, which the query planner can use to help determine the most efficient execution plans for queries.

TLS1.3 known issue

There are some known issues with Java 11 and TLS 1.3, so if you're not using the bundled Java version, make sure you're running Java 11.0.8 or later to avoid problems.

Supported Platforms changes

In this release we added support for PostgreSQL 11. 

サポート終了のお知らせ

事前告知: Microsoft Edge Legacy のサポート終了について

2020 年 1 月に、Microsoft は Chromium を基盤とする新しい Microsoft Edge ブラウザをリリースしました。Microsoft が Microsoft Edge Legacy のサポートを終了する計画を発表したため、弊社でも Microsoft Edge Legacy のサポートを終了することを決定しました。

Confluence 7.12.x is the last release to support Microsoft Edge Legacy. 

Advance Notice: End of support for PostgreSQL 9.6

Confluence 7.13.x will be the last release to support the following database:

  • PostgreSQL 9.6

For more information on these notices, see End of Support Announcements for Confluence

インフラストラクチャの変更 

変更の詳細については、「Confluence 7.12 への準備」を参照してください。

既知の問題

アップグレード中に問題が発生し、解決できない場合、サポート チケットを作成してください。弊社のサポート エンジニアがお手伝いします。

アップグレード手順

本番環境でのアップグレードを行う前に、テスト環境必ずアップグレードをテストするようにします。

Confluence を最新バージョンにアップグレードするには、次の手順を実行します。

  1.  > [一般設定] > [アップグレードを計画] に移動して、アップグレード先のバージョンを選択します。アップグレード前の確認が実行されます。
  2.  > [一般設定] > [トラブルシューティングとサポート ツール] に移動して、ライセンスの有効性、アプリケーション サーバー、データベース セットアップなどを確認します。
  3. ご利用の Confluence バージョンが 2 バージョン以上古いものである場合、 現在のバージョンと最新バージョンとの間のすべてのリリースの リリース ノートとアップグレード ガイドを確認します。
  4. インストール ディレクトリ、ホーム ディレクトリ、およびデータベースのバックアップを作成します。
  5. Confluence の最新バージョンをダウンロードします。
  6. アップグレード ガイド」の説明に従います。

アップグレード後の設定ファイルの更新

server.xml, web.xmlsetenv.bat/setenv.shconfluenceinit.properties などの設定ファイルの内容は定期的に変更されます。 

アップグレード時には、以前のインストールのファイルで単純に上書きするのではなく、これらのファイルへの追加 (プロキシ設定、データソース、JVM パラメーターなど) を手動で再適用することをおすすめします。これを行わない場合、これまでの改善が失われてしまいます。

最終更新日 2021 年 7 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.