チャート マクロ

マクロ

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このマクロは、Confluence Server と Data Center で使用できます。マクロの詳細については、「Confluence Cloud」を参照してください。

チャート マクロをページに追加すると、同じページまたは添付ファイルの表のデータに基づいてグラフを表示できます。

これは、ページのデータを簡単に視覚化して表示することに適しています。 


このページの内容

スクリーンショット: チャート マクロが 2 つ含まれるページ。 

ページで Jira の情報を表示するには、Jira グラフ マクロをお試しください。

ページにチャート マクロを追加する

ページにチャート マクロを追加する方法

  1. エディタのツールバーで、[挿入] > [その他のマクロ] を選択します。
  2. [ビジュアルと画像] カテゴリから [チャート] を選択します。
  3. [挿入] をクリックします。 
  4. 1 つ以上の表にまとめたグラフのデータを、マクロ プレースホルダーの本文に入力します。詳細については、このページで後述する例をご参照ください。
  5. マクロのプレースホルダーをクリックして、[編集] を選択します。
  6. タイプ パラメーター (下記参照) を使用して、チャートの種類を選択します。
  7. 以下に説明するように、マクロ ブラウザで他のパラメータ設定を選択します。
  8. プレビュー領域で [リフレッシュ] をクリックして、チャートが期待どおりに表示されていることを確認します。
  9. [保存] をクリックして、ページにチャートを追加します。

その後、ページを公開するとマクロの動作を確認できます。 

スクリーンショット: pie チャートと stacked チャートのデータを含む、エディタの 2 つのチャート マクロ。 

マクロ パラメーターを変更する

マクロ パラメーターは、マクロの動作を変えるために使用します。

マクロ パラメーターを変更するには、次の手順を実行します。

  1. エディタでマクロのプレースホルダーをクリックし、[編集] を選択します。
  2. 必要に応じてパラメーターを更新し、[挿入] を選択します。

このマクロで使用できるパラメーターの一覧は、次のとおりです。 

グラフ タイプのパラメーター

これらのパラメーターは、表示するグラフの種類やグラフの表示方法を決定します。

パラメーター既定説明
タイプpie

表示するチャートのタイプ。XY チャートには、数値の x 軸と y 軸があります。x の値は、必要に応じて時間ベースにできます(時系列パラメーターを参照してください)。

標準 - pie、bar、line、area

XY プロット — xyArea、xyBar、xyLine、xyStep、xyStepArea、scatter、timeSeries

その他 - gantt

表示の向きvertical

area、bar、および line チャートに適用されます。

    • vertical - y 軸が垂直軸です
    • horizontal - x 軸が垂直軸です
3D で表示false

area、bar、および line チャートに適用されます。

積み重ね値falsearea、bar チャートに適用されます。
シェイプを表示trueline チャートに適用されます。各データの位置に図形が表示されます。
不透明度
  • 3D チャートの場合 75 パーセント
  • 非積み上げの area チャートの場合 50 パーセント
  • 他のすべてのチャートは 100 パーセント
0 パーセント (透明) から 100 パーセント (不透明) までの値で、前景領域と棒部分の不透明度を決定します。

表示を制御するパラメーター

パラメーター既定説明
300ピクセル単位で示されるグラフの幅。最大幅は confluence.chart.macro.width.max システム プロパティで制限されます。
高さ300ピクセル単位で示されるグラフの高さ。最大の高さは confluence.chart.macro.height.max システム プロパティで制限されます。
描画データの表示false

マクロの本文 (通常はデータの表) を表示するかどうかを設定します。既定では、チャートのデータ表は表示されません。

    • before - データがチャートの前に表示されます。
    • after - データがチャートの後に表示されます。
画像の形式png

チャートに使用される画像のフォーマット。

    • png
    • jpg

タイトルとラベルのパラメーター

パラメーター既定説明
チャートのタイトルなしチャートのタイトル。
グラフのサブタイトルなしグラフのサブタイトル。タイトル用のフォントより小さいフォントが使用されます。
横軸のラベルなしx 軸 (項目) のラベル。
縦軸のラベルなしy 軸 (値) のラベル。
凡例を表示しますか?true凡例またはキーを表示します。

データの仕様のパラメーター

チャートのデータは、マクロ本文をレンダリングする際に見つかった表から取得されます。これらのオプションは、このデータの解釈方法を制御します。既定では、数値と日付の値は、Confluence のグローバル既定言語 (ロケール) のフォーマットに従って解釈されます。変換に失敗した場合は、Confluence に定義されている他の言語で試行されます。追加の変換オプションを、次のパラメータを使用して指定できます。

パラメーター既定説明
すべての第 1 レベルの表表 ID または表番号 (1 で開始) をコンマ区切りの一覧にしたもので、チャートのデータとして使用されるマクロ本文に含まれます。データ表が他のテーブルに埋め込まれている場合、表を選択する必要があります。このような事例は、より複雑な書式設定が行われる (例: セクション マクロや列マクロを使用) 場合に生じます。
すべての列チャート データに使用される表の列ラベルや列タイトル、列番号を、コンマ区切りの一覧にしたものです。これは処理されるすべての表に適用されます。列には 1 から始まる番号が付いています。列ラベルは、ヘッダー行の列のテキストです。列タイトルは、ヘッダー行の列の (html の) title 属性です。
コンテンツの向きhorizontal
    • vertical - データ表の列が系列と解釈されます。
    • horizontal - データ表の行が系列と解釈されます。
時系列?false
    • true の場合 - XY プロットグラフの x の値は時系列データとして扱われるため、日付形式に変換されます。
日付の形式Confluence 言語で定義された日付形式時系列データの場合、日付の形式を使用すれば、データを日付値に変換する追加のカスタマイズが可能です。[日付の形式] が指定されている場合、これが日付値の解釈をするための最初の形式として使用されます。時系列データに一致する形式を指定します。「simple date format」を参照してください 。
期間Day時系列データに使用される時間。データが解釈される細分度を定義します。有効な値は次のとおりです。 ミリ秒 時間、日四半期
言語なしロケールを形成するパラメーターと組み合わせて使用​​します。これらの追加の数字と日付形式は、既定の言語に先だってデータ変換に使用されます。
有効な値は 2 文字の ISO 639-1 alpha-2 言語コード です。
なしロケールを形成する言語パラメーターと組み合わせて使用​​します。有効な値は2 文字の ISO 3166 コー​​ドです。
許可true
    • true - マクロは、既定の形式またはユーザ指定の表示形式に完全に一致しない数値および日付の値の変換を試みます。
    • false - 厳密なデータ形式を適用します。データ形式エラーが生じると、チャートは作成されません。

色のパラメーター

色は、16 進数表記または HTML カラー ネームを使用して指定します。

パラメーター既定説明
背景色チャートの背景。
枠線の色枠線なしチャートの周囲の枠線。

カテゴリ、セクション、系列の色をカスタマイズするために使用する色をコンマ区切りの一覧にしたもの。

軸のパラメーター

チャートのタイプに応じて、縦軸と横軸をカスタマイズできます。軸の値はデータに基づいて自動的に生成されますが、これらのパラメーターを 1 つ以上指定することで上書きできます。

パラメーター既定説明
縦軸の最小値なし縦軸の下限。
縦軸の最大値なし縦軸の上限。
縦軸の目盛り単位なし縦軸の 1 目盛りの単位。
縦軸ラベルの角度なし縦軸ラベルの表示角度。
横軸の下限値なしXY プロットにのみ適用されます。横軸の下限。日付軸の場合、この値は、日付の形式パラメーターで指定された日付形式である必要があります。
横軸の上限なしXY プロットにのみ適用されます。横軸の上限。日付軸の場合、この値は、日付の形式パラメーターで指定された日付形式である必要があります。
横軸の目盛り単位なしXY プロットにのみ適用されます。横軸の 1 目盛りの単位。日付軸の場合、この値は、期間パラメーターで指定された単位の数になります。期間単位は、以降に文字を指定することで上書きできます: y (年)、m (月)、d (日)、h (時間)、m (分)、s (秒)、u (ミリ秒)。
横軸ラベルの角度 なしXY プロットにのみ適用されます。横軸ラベルの表示角度。 
カテゴリ ラベルの位置 なし

カテゴリの軸ラベルのテキストの位置。

    • up45 - 45 度上向き
    • up90 - 90 度上向き
    • down45 - 45 度下向き
    • down90 - 90 度下向き
日付の目盛りの位置 start

日付の目盛りの位置。

    • start - 目盛りをその期間の開始に表示します。
    • middle - 目盛りをその期間の中間に表示します。
    • end - 目盛りをその期間の終了に表示します。

Pie チャートのパラメーター

パラメーター既定説明
円グラフ セクション ラベル円グラフのセクションのキー値のみを表示円グラフのラベルの表示形式。表示形式には、特別な置換変数の文字列が使用されます。
    • % 0 % は円グラフ セクションのキーで置換されます。
    • % 1 % は円グラフの数値の値で置換されます。
    • % 2 % は、円グラフのセクションのパーセント値で置換されます。

例 1: "% 0 % = % 1 %" は "Independent = 20" のように表示されます。
例 2: "% 0 % (% 2 %)" は "Independent (20 %)" のように表示されます。

円グラフ セクション分離表示切り離しなし切り離して表示する円グラフのキーをコンマ区切りの一覧にしたもの。注意: JFreeChart バージョン 1.0.3 以降が必要です。

添付ファイルのパラメーター

この添付ファイルパラメーターは、グラフのバージョン管理に使用できる高度なオプションで、これによって自動化やパフォーマンスの向上が可能となります。このオプションは慎重にご使用ください!通常、グラフ画像はページが表示されるたびに再度生成されます。このオプションを使用すれば、生成された画像が添付ファイルとして保存され、次からはこの添付ファイルを再利用してグラフを表示できます。このオプションとキャッシュプラグインを組み合わせた場合、パフォーマンスを向上させるのに特に有効です。選択したオプションに応じて、グラフの画像をバージョン管理し、履歴に残せます。

パラメーター既定説明
添付ファイルなしチャートを添付ファイルとして保存するときの名前と場所です。ユーザーは指定したページに添付ファイルを追加する権限を与えられている必要があります。
    • ^attachmentName.png - グラフは現在のページに添付ファイルとして保存されます。
    • ページ^attachmentName.png - グラフは指定された名前のページに添付ファイルとして保存されます。
    • スペース:ページ^attachmentName.png - グラフは指示されたスペースの指定されたページに添付ファイルとして保存されます。
添付ファイルのバージョンnew

保存されたチャートのバージョン管理方法を定義します。

    • new - 新しいバージョンの添付ファイルを作成します。
    • replace - 以前のバージョンのすべてのチャートを置き換えます。既存の添付ファイルを置き換えるには、ユーザーは指定したページから添付ファイルを削除する権限を与えられている必要があります。
    • keep - 同じ名前の既存のエクスポートが存在しない場合にのみ、新しい添付ファイルを保存します。既存の添付ファイルが変更または更新されることはありません。
添付ファイルのコメントなし 保存されたチャート添付ファイルに使用されるコメント。
サムネイル?false
    •  true — チャート画像の添付ファイルがサムネイルとして表示されます。

円グラフ

こちらは pie チャートの例です。 

  


このグラフを作成するため、マクロ ブラウザで以下のパラメーターを設定しました。

  • タイプ: pie
  • チャートのタイトル: Fish sold in 2011
  • 凡例を表示しますか?: true
  • コンテンツの向き: vertical

また、マクロ本文に以下の表を追加しました。

魚の種類

2011

Herring

9,500

Salmon

2,900

Tuna

1,500

棒グラフ

こちらは bar チャートの例です。 

  

このグラフを作成するため、マクロ ブラウザで以下のパラメーターを設定しました。

  • タイプ: bar
  • チャートのタイトル: Fish sold
  • 凡例を表示しますか?: true

また、マクロ本文に以下の表を追加しました。

魚の種類

2010

2011

Herring

9,500

8,300

Salmon

2,900

4,200

Tuna

1,500

1,500

3 次元棒グラフ

こちらは 3D bar チャートの例です。 

  

このグラフを作成するため、マクロ ブラウザで以下のパラメーターを設定しました。

  • タイプ: bar
  • 3D で表示: true
  • 不透明度: 50
  • 凡例を表示しますか?: true

また、マクロ本文に以下の表を追加しました。

2009

2010

2011

Revenue

12.4

31.8

Expense

43.6

41.8

時系列グラフ

こちらは Time series チャートの例です。 

  

このグラフを作成するため、マクロ ブラウザで以下のパラメーターを設定しました。

  • タイプ: timeSeries
  • 日付の形式MM/yyyy
  • 期間: Month
  • コンテンツの向き: vertical
  • 縦軸の最小値: 0
  • 凡例を表示しますか?: true

また、マクロ本文に以下の 2 つの表を追加しました。

Month

Revenue

1/2011

31.8

2/2011

41.8

3/2011

51.3

4/2011

33.8

5/2011

27.6

6/2011

49.8

7/2011

51.8

8/2011

77.3

9/2011

73.8

10/2011

97.6

11/2011

101.2

12/2011

113.7

Month

Expenses

1/2011

41.1

2/2011

43.8

3/2011

45.3

4/2011

45.0

5/2011

44.6

6/2011

43.8

7/2011

51.8

8/2011

52.3

9/2011

53.8

10/2011

55.6

11/2011

61.2

12/2011

63.7

XY Line チャート

こちらは XY Line チャートの例です。 

  

このグラフを作成するため、マクロ ブラウザで以下のパラメーターを設定しました。

  • タイプ: xyLine
  • 凡例を表示しますか?: true

また、マクロ本文に以下の表を追加しました。


12

14

23

Revenue

41.1

31.8

12.4

Expense

31.1

41.8

43.6

XY Area チャート

こちらは XY Area チャートの例です。 

  

このグラフを作成するため、マクロ ブラウザで以下のパラメーターを設定しました。

  • タイプ: xyArea
  • 凡例を表示しますか?: true

また、マクロ本文に以下の表を追加しました。


12

14

23

Revenue

41.1

31.8

12.4

Expense

31.1

41.8

43.6

面グラフ

こちらは area チャートの例です。 

  

このグラフを作成するため、マクロ ブラウザで以下のパラメーターを設定しました。

  • タイプ: area
  • 凡例を表示しますか?: true
  • : 300
  • 高さ: 300
  • 不透明度: 50

また、マクロ本文に以下の表を追加しました。

Satisfaction

2009

2010

2011

Very satisfied

20

23

34

Satisfied

40

34

23

Dissatisfied

25

26

25

Very dissatisfied

15

17

18

積み重ね領域チャート

こちらはもう 1 つの area チャートの例です。 

  

このグラフを作成するため、マクロ ブラウザで以下のパラメーターを設定しました。

  • タイプ: area
  • 凡例を表示しますか?: true
  • : 300
  • 高さ: 300
  • 積み重ね値: true 

また、マクロ本文に以下の表を追加しました。

Satisfaction

2009

2010

2011

Very satisfied

12

23

31

Satisfied

1

34

36

Dissatisfied

4

6

22

Very dissatisfied

2

7

12

ガントチャート

こちらは Gantt チャートの例です。 

  

このグラフを作成するため、マクロ ブラウザで以下のパラメーターを設定しました。

  • タイプ: gantt
  • : 300 
  • 高さ: 200 
  • :  ,,1,2,3,4   (2 つのカンマで始まることに注意)
  • 日付の形式MM/dd/yyyy

また、マクロ本文に以下の 2 つの表を追加しました。

PlanStartEndステータス
Stage 1
6/25/2013
7/10/2013
30%
Stage 2
7/13/2013
11/28/2013
40%
Stage 3
12/1/2013
12/25/2013

ActualStartEndステータス
Stage 1
6/25/2013
7/26/2013 
100%
Stage 2
7/29/2013
12/01/2013
40%
Stage 3
12/10/2013
12/25/2013


(info) グラフを正しく作成するには、列パラメータの先頭にコンマを 2 つ含める必要があります (例: ,,1,2,3,4)。 

このマクロを追加するその他の方法

手入力でこのマクロを追加する

{」と入力してからマクロ名の入力を開始すると、マクロの一覧が表示されます。

Wiki マークアップを使用してこのマクロを追加する

これは、エディタ外部 (スペースのサイドバー、ヘッダー、フッターのカスタム コンテンツなど) でマクロを追加する場合に便利です。

マクロ名: chart

マクロ本文: リッチテキストに対応し、チャートのデータを含む表で構成されます。

下に示すのは、円グラフの簡単な例です。その他の例については、チャート マクロ用 Wiki Markup の例を参照してください 。

{chart:type=pie|title=Fish Sold}
|| Fish Type || 2004 || 2005 ||
|| Herring | 9,500 | 8,300 |
|| Salmon | 2,900 | 4,200 |
|| Tuna | 1,500 | 1,500 |
{chart}

このマクロは、ここにタイプ別にリストされている多数のパラメーターを認識します。

すべてのパラメータを参照する...

チャート タイプのパラメーター

これらのパラメーターは、表示するチャートのタイプやチャートの外観を決定します。

パラメーター必須既定説明
typeいいえpie

表示するチャートの種類。XY グラフは x 軸と y 軸の数値軸を持ちます。x の値は必要に応じて時間ベースにできます。timeSeries パラメーターをご参照ください。

利用可能な値:

  • 標準グラフ - pie, bar, line, area
  • XY プロットxyArea, xyBar, xyLine, xyStep, xyStepArea, scatter, timeSeries
  • その他のグラフgantt
orientationいいえvertical

表示の向き。area、bar、および line チャートに適用されます。

利用可能な値:

  • vertical - y 軸が垂直軸
  • horizontal - x 軸が垂直軸
3Dいいえfalse

3 次元で表示します。area、bar、および line チャートに適用されます。

stackedいいえfalse積み重ね値。area、bar チャートに適用されます。
showShapesいいえtrueline チャートに適用されます。各データの位置に図形が表示されます。
opacityいいえ
  • 3D チャートの場合 75 パーセント
  • 非積み上げの area チャートの場合 50 パーセント
  • 他のすべてのチャートは 100 パーセント
0 パーセント (透明) から 100 パーセント (不透明) までの値で、前景領域と棒部分の不透明度を決定します。

チャートの表示パラメーター

パラメーター必須既定説明
widthいいえ300ピクセル単位で示されるチャートの幅。
heightいいえ300ピクセル単位で示されるチャートの高さ。
dataDisplayいいえfalse

データ表で構成される、マクロ本文を表示するかどうかを決定します。既定では、チャートのデータ表は表示されません。

利用可能な値:

  • false - データは表示されません。
  • true または after - データがチャートのあとに表示されます。
  • before – - データがチャートの前に表示されます。
imageFormatいいえpng

チャートに使用される画像のフォーマット。

利用可能な値:

  • png
  • jpg

チャートのタイトルとラベルのパラメーター

パラメーター必須既定説明
titleいいえ(なし)チャートのタイトル。
subTitleいいえ(なし)グラフのサブタイトル。
xLabelいいえ(なし)x 軸 (項目) のラベル。
yLabelいいえ(なし)y 軸 (値) のラベル。
legendいいえfalseチャートの凡例 (キー) を表示するかどうかを決定します。

チャートのデータのパラメーター

チャートのデータは、マクロ本文で見つかった表から取得されます。これらのパラメーターは、このデータの解釈方法を制御します。既定では、数値と日付の値は、Confluence のグローバル既定言語 (ロケール) のフォーマットに従って解釈されます。変換が失敗した場合は、Confluence で定義されている他の言語で試行されます。以下のパラメータを使用すると、追加の変換オプションを指定できます。

パラメーター必須既定説明
tablesいいえすべての第 1 レベルの表マクロ本文に含まれ、チャートのデータとして使用される、表 ID または表番号 (1 で開始) をコンマ区切りの一覧にしたものを提供できます。データ表が他のテーブルに埋め込まれている場合、表を選択する必要があります。このような事例は、より複雑な書式設定が行われる (例: セクション マクロや列マクロを使用) 場合に生じます。
columnsいいえすべての列チャート データに使用される表の列ラベルや列タイトル、列番号をコンマ区切りにした一覧指定できます。これは処理されるすべての表に適用されます。列には 1 から始まる番号が付いています。列ラベルは、ヘッダー行の列のテキストです。列タイトルは、ヘッダー行の列の (html の) title 属性です。
dataOrientation いいえhorizontal

コンテンツの向きです。既定では、データ表の (水平方向の) 列が定義域および x の値を表していると解釈されます。

利用可能な値:

  • vertical  - データ表の列が系列と解釈されます。
  • horizontal – データ表の行が系列と解釈されます。
timeSeries いいえfalse

"true" の場合、XY プロットの x の値は時系列データとして扱われるため、日付形式に変換されます。

dateFormat いいえConfluence 言語で定義された日付形式時系列データの場合、日付形式を使用すると、データを日付値に変換する追加のカスタマイズが可能です。dateFormat が指定されている場合、それが日付値の解釈に最初に使用されます。時系列データに一致する形式を指定します。「simple date format」を参照してください。
timePeriod いいえday

時系列データに使用される期間。データの解釈粒度を定義します。

利用可能な値: millisecond, second, minute, hour, day, week, month, quarter, year

languageいいえ(なし)

ロケールを形成するために、country パラメータと組み合わせて使用します。これらの追加の数字と日付形式は、既定の言語に先だってデータ変換に使用されます。

利用可能な値は 2 文字の ISO 639-1 alpha-2 言語コードです。

countryいいえ(なし)ロケールを形成するために、language パラメータと組み合わせて使用します。有効な値は 2 文字の ISO 3166 コードです。
forgiveいいえtrue

マクロがデータ形式エラーを容認 (許可) するかどうかを決定します。

利用可能な値:

  • true - マクロは、既定の形式またはユーザ指定の表示形式に完全に一致しない数値および日付の値の変換を試みます。
  • false — マクロは厳密なデータ形式を適用します。データ形式エラーが生じると、グラフは作成されません。

チャートの色のパラメーター

色は、16 進数表記または HTML カラー ネームを使用して指定します。

パラメーター必須既定説明
bgColor いいえチャートの背景色。
borderColor いいえ枠線なしチャートの周りの枠線の色。
colorsいいえ
カテゴリ、セクション、系列の色をカスタマイズするために使用する色をコンマ区切りの一覧にしたもの。

チャートの軸のパラメーター

チャートのタイプに応じて、縦軸と横軸をカスタマイズできます。軸の値はデータに基づいて自動的に生成されますが、これらのパラメーターを 1 つ以上指定することで上書きできます。

パラメーター必須既定説明
rangeAxisLowerBound いいえ(なし)縦軸の最小値。
rangeAxisUpperBound いいえ(なし)縦軸の最大値。
rangeAxisTickUnitいいえ(なし)縦軸の 1 目盛りの単位。
rangeAxisLabelAngleいいえ(なし)縦軸ラベルの表示角度。
domainAxisLowerBoundいいえ(なし)XY プロットにのみ適用されます。横軸の下限。日付軸の場合、この値は、dateFormat パラメータで指定された日付形式である必要があります。
domainAxisUpperBoundいいえ(なし)XY プロットにのみ適用されます。横軸の上限。日付軸の場合、この値は、dateFormat パラメータで指定された日付形式である必要があります。
domainAxisTickUnitいいえ(なし)XY プロットにのみ適用されます。横軸の 1 目盛りの単位。日付軸の場合、この値は、timePeriodパラメーターで指定された単位の数になります。timePeriod 単位は、終了文字を指定することで上書きできます:y (年)、M (月)、d (日)、h (時間)、m (分)、s (秒)、u (ミリ秒)。
domainAxisLabelAngleいいえ(なし)XY プロットにのみ適用されます。横軸ラベルの表示角度。 
categoryLabelPositionいいえ(なし)

カテゴリの軸ラベルのテキストの位置。

利用可能な値:

  • up45 - 45 度上向き
  • up90 - 90 度上向き
  • down45 - 45 度下向き
  • down90 - 90 度下向き
dateTickMarkPositionいいえ start

日付の目盛りの位置。

利用可能な値:

  • start - 目盛りをその期間の開始に表示します。
  • middle - 目盛りをその期間の中間に表示します。
  • end - 目盛りをその期間の終了に表示します。

Pie チャートのパラメーター

パラメーター必須既定説明
pieSectionLabelいいえ円グラフのセクションのキー値のみを表示
円グラフのセクション ラベルの表示形式。表示形式には、特別な置換変数の文字列が使用されます。
  • %0% は円グラフ セクションのキーで置換されます。
  • %1% は円グラフ セクションの数値で置換されます。
  • %2% は円グラフ セクションのパーセント値で置換されます。

例 1: "Independent = 20" のように表示するには、次のようにします。

%0% = %1%


例 2: "Independent = (20%)" のように表示するには、次のようにします。

%0% (%2%)
pieSectionExplodeいいえ切り離しなし切り離して表示する円グラフのキーをコンマ区切りの一覧にしたもの。注意: JFreeChart バージョン 1.0.3 以降が必要です。

チャートの添付ファイルのパラメーター

これらの高度なオプションをチャートのバージョン管理に使用し、自動化やパフォーマンスの向上を実現できます。このオプションは慎重に使用してください。通常、チャートの画像はページが表示されるたびに再度生成されます。これらのオプションを使用すれば、生成された画像を添付ファイルとして保存し、次からはこの添付ファイルを再利用できます。このオプションは Cache プラグインと組み合わせた場合、パフォーマンスの向上に特に有効です。選択したオプションに応じて、チャートの画像をバージョン管理し、履歴を残すことができます。

パラメーター必須既定説明
attachmentいいえ(なし)

チャートを添付ファイルとして保存するときの名前と場所です。ユーザーは指定したページに添付ファイルを追加する権限を与えられている必要があります。

このパラメータで利用可能な構文は次のとおりです。

  • ^attachmentName.png — チャートは現在のページに添付ファイルとして保存されます。
  • page name^attachmentName.png — チャートは指定したページ名に添付ファイルとして保存されます。
  • name^attachmentName.png — チャートは、指定されたスペースの指定されたページ名に添付ファイルとして保存されます。
attachmentVersionいいえnew

保存されたチャートのバージョン管理方法を定義します。

利用可能な値:

  • new — 新しいバージョンの添付ファイルを作成します。
  • replace — チャートの以前のすべてのバージョンを置き換えます。既存の添付ファイルを置き換えるには、ユーザーは指定したページから添付ファイルを削除する権限を与えられている必要があります。
  • keep — 同じ名前の既存のエクスポートが存在しない場合にのみ、新しい添付ファイルを保存します。既存の添付ファイルが変更または更新されることはありません。
attachmentCommentいいえ(なし) 保存されたチャート添付ファイルに使用されるコメント。
thumbnailいいえfalse

 true の場合、チャート画像の添付ファイルがサムネイル (小さいサイズ、拡大可能) として表示されます。

tip/resting Created with Sketch.

Confluence を使いこなす

Atlassian Marketplace の人気のグラフや図のアプリを使用して、Confluence ページでわかりやすいチャートを作成できます。

最終更新日 2020 年 7 月 27 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.