Confluence 7.17 アップグレード ノート

Confluence リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

以下は、Confluence 7.17 にアップグレードする際の重要な注意事項です。このリリースの新機能と改善点の詳細については、「Confluence 7.17 リリース ノート」を参照してください。 

On this page:

アップグレード ノート 

7.17.4 へのアップグレード

Confluence 7.17.4 で CONFSERVER-78179 - 課題情報を取得中... ステータスに必要とされる変更によって、このバージョンへのローリング アップグレードは実行できません。ダウンタイムが必要になります。 

アップグレード後に次のノードの起動を試みる前に、ノード 1 が完全に起動するのを待つ必要があります。そうしないと「Unexpected bytes from remote node (リモート ノードからの予期しないバイト数)」エラーが発生して Confluence の起動が失敗します。この問題が起きた場合は最初のノードを再起動します。 

次のノードを起動する前に、ノードが完全に起動するのを必ず待つことをお勧めします。 

Confluence を OAuth 2.0 プロバイダーとして設定する

Confluence を OAuth 2.0 クライアントおよびプロバイダーとして設定できるようになりました。OAuth 2.0 に切り替える場合は、OAuth 1.0 を使用する現在の統合を更新するか、新しい統合を構築して Confluence との互換性を保つ必要があります。利用できる OAuth 2.0 フローと必要なデータについて理解するには「Confluence OAuth 2.0 プロバイダー API」をご参照ください。

統合の準備ができたら、他のアプリにリンクする方法をご確認ください

JMX モニタリングの変更

モニタリング ページから JMX モニタリングをオフにできるようになりました。以前は、confluence.jmx.disabled システム プロパティによってこの処理が行われていました。 

このシステム プロパティが設定されているノードでは、UI から JMX モニタリングを有効にすることができません。 

JMX 監視を無効にしておく場合も、システム プロパティを削除して代わりに UI によって JMX を無効にすることをお勧めします。これによって、将来的に有効にするときに Confluence は再起動不要になります。 

権限の迅速化サービス

管理コンソールから、より高速な権限サービスにアクセスできるようになりました。このサービスを有効にする前に、「権限の迅速化サービス」ドキュメントをお読みください。

カレンダー制限の軽微な改善

[カレンダーの制限] ダイアログに軽微な変更を加えて、使いやすく理解しやすくしました。制限の仕組みに変更はありません。  

無効なライセンス チェック

Confluence Data Center または Server ライセンスが無効の場合は、システム管理者にライセンス発行者への確認を促すバナーが表示されるようになりました。 

古いサイト上の PostgreSQL のアップグレード

Confluence インスタンスが PostgreSQL 8.x 以前で以前実行されていた場合は、一部のテーブルが一意オブジェクト識別子 (OID) で作成されている可能性があります。PostgreSQL 12 では、OID 列の特殊な動作が削除されています。

データベースをアップグレードする際の問題を回避するには「PostgreSQL 12 以降にアップグレードする前に一意オブジェクト識別子 (OID) を確認する方法」をご参照ください。


サポート対象プラットフォームの変更

PostgreSQL 12、13、14 のサポートが追加されました。 

サポート終了のお知らせ

Microsoft SQL Server 2016 のサポート終了

以前に発表されたように、今後、Microsoft SQL Server 2016 はサポートされません

事前告知: PostgreSQL 10 のサポート終了

Confluence 7.17.x は、PostgreSQL 10 がサポートされる最後のリリースです。

事前通知: 使用状況統計の削除 

Confluence 8.0 では使用状況統計機能が削除される予定です。 

これらの告知の詳細については「Confluence のサポート終了のお知らせ」をご参照ください。 

インフラストラクチャの変更 

変更の詳細については、「Confluence 7.17 への準備」を参照してください。

既知の問題

アップグレード中に問題が発生し、解決できない場合、サポート チケットを作成してください。弊社のサポート エンジニアがお手伝いします。

アップグレード手順

本番環境でのアップグレードを行う前に、テスト環境必ずアップグレードをテストするようにします。

Confluence を最新バージョンにアップグレードするには、次の手順を実行します。

  1.  > [一般設定] > [アップグレードを計画] に移動して、アップグレード先のバージョンを選択します。アップグレード前の確認が実行されます。
  2. > [一般設定] > [トラブルシューティングとサポート ツール] の順に移動して、ライセンスの有効性、アプリケーション サーバー、データベース セットアップなどを確認します。
  3. ご利用の Confluence バージョンが 2 バージョン以上古いものである場合、 現在のバージョンと最新バージョンとの間のすべてのリリースの リリース ノートとアップグレード ガイドを確認します。
  4. インストール ディレクトリ、ホーム ディレクトリ、データベースをバックアップします。
  5. Confluence の最新バージョンをダウンロードします。
  6. アップグレード ガイド」の説明に従います。

アップグレード後の設定ファイルの更新

server.xml, web.xmlsetenv.bat/setenv.sh,confluenceinit.properties などの設定ファイルの内容は定期的に変更されます。 

アップグレード時には、以前のインストールのファイルで単純に上書きするのではなく、これらのファイルへの追加 (プロキシ設定、データソース、JVM パラメーターなど) を手動で再適用することをお勧めします。これを行わない場合は、これまでの改善が失われます。

最終更新日 2022 年 6 月 3 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.