Confluence 7.13 アップグレード ノート

Confluence リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

以下は、Confluence 7.13 にアップグレードする際の重要な注意事項です。このリリースの新機能と改善点の詳細については、「Confluence 7.13 リリース ノート」を参照してください。 

このページの内容

アップグレード ノート

Confluence Server および Data Center 7.13 は長期サポート リリースです
7.13 のサポート終了までの期間は、セキュリティ、安定性、データの整合性、およびパフォーマンスについてのクリティカルな問題に対応する、バグ修正リリースが提供されます。 

7.13.7 へのアップグレード

Confluence 7.13.7 で CONFSERVER-78179 - 課題情報を取得中... ステータスに必要とされる変更によって、このバージョンへのローリング アップグレードは実行できません。ダウンタイムが必要になります。 

アップグレード後に次のノードの起動を試みる前に、ノード 1 が完全に起動するのを待つ必要があります。そうしないと「Unexpected bytes from remote node (リモート ノードからの予期しないバイト数)」エラーが発生して Confluence の起動が失敗します。この問題が起きた場合は最初のノードを再起動します。 

次のノードを起動する前に、ノードが完全に起動するのを必ず待つことをお勧めします。 

AdoptOpenJDK が Adoptium OpenJDK に

AdoptOpenJDK は Eclipse Adoptium になりました。「AdoptOpenJDK to join the Eclipse Foundation」で詳細をご確認ください。

Confluence は、AdoptOpenJDK (Hotspot) または Adoptium OpenJDK (Eclipse Temurin) のサポート対象バージョンで実行できます。このドキュメントではこれらを "Adoptium OpenJDK" と呼びます。

Java 11 のガベージ コレクションのログでの既知の問題

Java 11 の GC のログ設定には、予期しないログ形式を引き起こす可能性がある既知の問題があります。詳細については CONFSERVER-61415 - 課題情報を取得中... ステータスをご確認ください。 

回避策として、setenv ファイルで影響を受ける行を次のようにコメント アウトします。  

Windows (setenv.bat)
::set CATALINA_OPTS=-Xloggc:"%atlassian_logsdir%\gc-%atlassian_timestamp%.log" -XX:+UseGCLogFileRotation -XX:NumberOfGCLogFiles=5 -XX:GCLogFileSize=2M %CATALINA_OPTS%
Linux (setenv.sh)
#CATALINA_OPTS="-Xloggc:$LOGBASEABS/logs/gc-`date +%F_%H-%M-%S`.log -XX:+UseGCLogFileRotation -XX:NumberOfGCLogFiles=5 -XX:GCLogFileSize=2M ${CATALINA_OPTS}"

setenv ファイルの構成は、Confluence 7.12 で変更されています。カスタマイズ内容を新しいファイルに移行させるには、次のガイドをご利用ください。 

Confluence 7.12 以降で setenv 設定を移行する方法

7.4 からのアップグレード

前回の LTS リリース以降に次のような複数の大幅な変更があり、これらをアップグレード前に把握しておくことをおすすめします。 

  • カスタマイズを管理しやすくするための、senenv.sh および senenv,bat ファイルへの変更
  • トラブルシューティングを簡易化するため、一部のログ エントリを独自のファイルに分割
  • パフォーマンスの改善のため、検索インデックスを 2 つのファイルに分割
  • 監査ログの形式への変更
  • アクセス ログをデフォルトで有効化
  • など 

これらの変更の中には、大規模なインスタンスでは時間がかかる可能性のあるアップグレード タスクが含まれます。7.4 以降の変更のまとめについては Confluence 7.13 長期サポート リリース変更履歴をご確認ください。また、現在のバージョンと 7.13 との間のすべてのアップグレード ノートを確認するようにします。

6.x からのアップグレード

カスタムのプラグインと連携

Confluence 6.x からのアップグレードを行っていて、独自のプラグインや連携機能を開発している場合、Confluence 7.0 にはプラグインに影響する可能性がある大幅な変更が含まれる点にご注意ください。 

本番環境を Confluence 7.13 にアップグレードする前に、次の開発者向けリソースを確認し、カスタム プラグインを入念にテストすることをおすすめします。 

JNDI メール サーバーの構成

(server.xml で) JNDI ロケーションを使用してメール サーバーをセットアップしている場合、<confluence-install>\confluence\WEB-INF\lib から <confluence-install>\lib に 2 つの追加の jar ファイルを移動させる必要があります。 

  • javax.activation-x.x.x.jar
  • javax.activation-api-1.2.0.jar

スペース ディレクトリの問題

Confluence 6.3 以前からアップグレードする場合、スペース ディレクトリにスペースが表示されない既知の課題があります。これを修正するには、アップグレード後にサイトを再インデックスする 必要があります。 

サポート終了のお知らせ

Microsoft Edge 従来版のサポート終了

過去の告知のとおり、従来版の Microsoft Edge のサポートを終了します。

事前告知: PostgreSQL 9.6 のサポート終了

Confluence 7.13.x は、次のデータベースをサポートする最後のリリースになります。

  • PostgreSQL 9.6

詳細は、Confluence のサポート終了のお知らせを参照してください。

インフラストラクチャの変更 

変更の詳細については、「Confluence 7.13 の準備」を参照してください。

既知の問題

アップグレード中に問題が発生し、解決できない場合、サポート チケットを作成してください。弊社のサポート エンジニアがお手伝いします。

アップグレード手順

本番環境でのアップグレードを行う前に、テスト環境必ずアップグレードをテストするようにします。

Confluence を最新バージョンにアップグレードするには、次の手順を実行します。

  1.  > [一般設定] > [アップグレードを計画] に移動して、アップグレード先のバージョンを選択します。アップグレード前の確認が実行されます。
  2.  > [一般設定] > [トラブルシューティングとサポート ツール] に移動して、ライセンスの有効性、アプリケーション サーバー、データベース セットアップなどを確認します。
  3. ご利用の Confluence バージョンが 2 バージョン以上古いものである場合、現在のバージョンと最新バージョンとの間のすべてのリリースリリース ノートとアップグレード ガイドを確認します。
  4. インストール ディレクトリ、ホーム ディレクトリ、およびデータベースのバックアップを作成します。
  5. Confluence の最新バージョンをダウンロードします。
  6. アップグレード ガイド」の説明に従います。

アップグレード後の設定ファイルの更新

server.xml, web.xmlsetenv.bat/setenv.shconfluence-init.properties などの設定ファイルの内容は定期的に変更されます。 

アップグレード時には、以前のインストールのファイルで単純に上書きするのではなく、これらのファイルへの追加 (プロキシ設定、データソース、JVM パラメーターなど) を手動で再適用することをおすすめします。これを行わない場合、これまでの改善が失われてしまいます。

最終更新日 2022 年 6 月 3 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.