Confluence 7.8 アップグレード ノート

Confluence リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

以下は、Confluence 7.8 にアップグレードする際の重要な注意事項です。このリリースの新機能と改善点の詳細については、「Confluence 7.8 リリース ノート」を参照してください。 

このページの内容

アップグレード ノート 

Cannot upgrade to 7.8.0 directly if you use the H2 database

このリリースでは、Confluence の評価時に多用される組み込みの H2 データベースをアップグレードしました。これは大幅なアップグレードであり、いくつかの重大な変更が含まれています。 

If you attempt to upgrade a Confluence site running on the embedded H2 database, the upgrade will fail and your site will not be accessible until you roll back the upgrade. We recommend you check your database before upgrading, as rolling back can take considerable effort.  

H2 データベースを使用しているかどうかを確認する

組み込みのデータベースを使用しているかどうかを確認するには、 > [一般設定] > [トラブルシューティングとサポート ツール] の順に移動して、データベースのヘルス チェックに合格していることを確認します。H2 データベースを使用している場合は、組み込みデータベース チェックに失敗します。 

または、 > [一般設定] > [システム情報] の順に移動して [データベース名] 行を確認します。 

データをサポート対象のデータベースに移行

H2 を本番環境で使用している場合は、Confluence 7.8 にアップグレードする前にサポート対象の外部データベースに移行する必要があります。 

ステップ バイ ステップのガイドについては「別のデータベースに移行」をご参照ください。 

Word および Excel 変換は、外部プロセス プールで処理されるようになりました

対象: DATA CENTER

In Confluence Data Center, many memory and CPU intensive tasks are handled by the external process pool

Confluence 7.8 以降では、(Office コネクタによって提供される) Office Word と Office Excel の各マクロを使用して Word または Excel の各ファイルを表示するために必要な HTML 変換は、外部プロセス プールによって処理されます。 

サポート終了のお知らせ

今回はサポート終了のお知らせはありません。 

インフラストラクチャの変更 

変更の詳細については、「Confluence 7.8 の準備」を参照してください。

既知の問題

アップグレード中に問題が発生し、解決できない場合、サポート チケットを作成してください。弊社のサポート エンジニアがお手伝いします。

アップグレード手順

本番環境でのアップグレードを行う前に、テスト環境必ずアップグレードをテストするようにします。

Confluence を最新バージョンにアップグレードするには、次の手順を実行します。

  1.  > [一般設定] > [アップグレードを計画] に移動して、アップグレード先のバージョンを選択します。アップグレード前の確認が実行されます。
  2.  > [一般設定] > [トラブルシューティングとサポート ツール] に移動して、ライセンスの有効性、アプリケーション サーバー、データベース セットアップなどを確認します。
  3. ご利用の Confluence バージョンが 2 バージョン以上古いものである場合、現在のバージョンと最新バージョンとの間のすべてのリリースリリース ノートとアップグレード ガイドを確認します。
  4. インストール ディレクトリ、ホーム ディレクトリ、およびデータベースのバックアップを作成します。
  5. Confluence の最新バージョンをダウンロードします。
  6. アップグレード ガイド」の説明に従います。

アップグレード後の設定ファイルの更新

server.xml, web.xmlsetenv.bat/setenv.shconfluenceinit.properties などの設定ファイルの内容は定期的に変更されます。 

アップグレード時には、以前のインストールのファイルで単純に上書きするのではなく、これらのファイルへの追加 (プロキシ設定、データソース、JVM パラメーターなど) を手動で再適用することをおすすめします。これを行わない場合、これまでの改善が失われてしまいます。

最終更新日 2020 年 9 月 28 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.