Confluence 7.2 への準備

このドキュメントでは、既存のプラグインおよびアプリに Confluence 7.2 との互換性があるかどうかを確認したい、Confluence 開発者向けの情報をご案内します。

このページで、新しいマイルストーンの公開タイミング、およびその内容をご確認ください。ベータ版のリリース後、正式なリリース ノートを公開します。

最新のマイルストーン
2019 年 12 月 6 日7.2.0-rc2ダウンロード
このマイルストーンで問題が見受けられた場合

Confluence EAP のヘッダーで [フィードバック] ボタンをクリックするか、課題を起票してお知らせください。

このページの内容

予定されている変更

このセクションでは、導入予定の変更の概要について紹介します。アプリへの影響の検討にお役立てください。変更の実装が完了したら、そのタイミングと対象のマイルストーンをご案内します。 

チャート マクロのサイズの制限

ステータス: 完了

チャート マクロの最大の高さと幅を制限することにしました。これにより、ユーザーが誤って非常に大きい値を入力してしまった際にチャートのサイズを自動的に 3000 ピクセル x 3000 ピクセルに変更し、パフォーマンスの問題を防ぎます。confluence.chart.macro.width.max および confluence.chart.macro.width.max システム プロパティを使用して既定の最大値を変更できます。 

新しいサポート対象データベース

ステータス: 完了

このリリースでは、MySQL 8 のサポートを追加する予定です。 

シングルノードの Data Center

ステータス: 完了

Confluence 7.2 以降では、クラスタ環境に移行することなく Server から Data Center に移行できます。クラスタリングは引き続きオプション機能として提供されますが、ライセンス アップグレードの必須事項ではなくなりました。

管理者がクラスタ モードを有効化することを選択した場合、新しい cluster.setup.ready プロパティが confluence.cfg.xml に追加されます。再起動後、Conflluence はクラスタ化構成に切り替わり、クラスタを構成するように求めるプロンプトが表示されます。

Confluence がクラスタで実行されているかどうかを判断するためにプラグインがライセンス チェックに依存することは想定されていません。

変更の実装内容

このセクションでは、実装済みの変更の詳細について、それらが最初に提供されたマイルストーンごとに紹介します。テストするマイルストーン バージョンの判断にご利用ください。

リリース候補 - 2019 年 12 月 6 日

マイルストーン 7.2.0-rc2

このリリース候補には、RC1 で見つかったいくつかの問題の修正が含まれています。  

リリース候補 - 2019 年 12 月 4 日

マイルストーン 7.2.0-rc1

このリリース候補には大きな変更はありません。

ベータ - 2019 年 11 月 27 日

マイルストーン 7.2.0-beta1

このベータ版では次のような変更が行われています。

  • MySQL 8 のサポートを追加しました。MySQL 8 を使用してテストする場合、ドライバを更新するようにしてください。 
  • Data Center ライセンスの適用後にクラスタ移行が自動的に開始されないようになりました。管理者はクラスタリング画面から手動でクラスタ化を有効化できます。 
  • Data Center ライセンスの使用時に単一ノードまたは複数ノードから選択できるよう、セットアップ ウィザードに新しいステップを追加しました。 
  • 複雑な SSO セットアップをサポートする REST API プレフィクス、/rest/token-auth/api を追加しました。これがプラグインに影響を与えることはないと想定していますが、開発者ドキュメントの「How to make REST API endpoints available for JWT authentication」ガイドを参照してください。 

(warning) Windows インストーラーで Confluence をインストールする際にいくつかの問題があることが判明したため、7.2 では Java 8 JRE を再びバンドルすることを決定しました。 

EAP 2 - 2019 年 11 月 18 日

Milestone 7.2.0-m37

このマイルストーンでの変更:

EAP 1 – 2019 年 11 月 11 日

Milestone 7.2.0-m30

このマイルストーンでの変更:

  • チャート マクロのサイズを 3000 x 3000 ピクセルに制限しました。
  • AdoptOpenJDK 11 JRE をバンドルしました。 

マクロの保護

アプリが提供するマクロが安全であることを確認するためのいくつかのヒントをご案内する、新しいガイドを用意しています。開発者向けドキュメントの「How to secure your macro」を参照してください。 


最新のドキュメントをお探しの場合は、Confluence EAP スペースで最新のドキュメントをご確認ください。

新しい開発者コミュニティがあるのをご存知ですか? community.developer.atlassian.com/ でご確認ください。新しい EAP リリースの公開時に、お知らせカテゴリに投稿する予定です。

最終更新日: 2019 年 12 月 6 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.