Confluence で Office での編集機能をダーク機能として有効化する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問


プラットフォームについて: Server と Data Center のみ - この記事は、サーバーおよびデータセンター プラットフォームのアトラシアン製品にのみ適用されます。

目的

Confluence 6.11 では Office での編集機能を削除し、各ユーザーのコンピューターにインストールされる個別のデスクトップ アプリケーションである Atlassian Companion アプリを使用した新しいファイル編集機能を導入しました。このリリース以降、一部の組織では特定の要件によって Companion への切り替えを行うことが難しいことを確認しました。

Confluence の特定のバージョンでは (以降の互換性マトリクスを参照)、Office で編集機能をダーク機能として有効化することで、以前の機能に戻すことができます。

現在、Confluence のファイル編集エクスペリエンスの改善に取り組んでいます。最新の情報についてはコミュニティ投稿をご参照ください。


Office での編集機能をダーク機能として有効化する

Officeでの編集機能は Office Connector を使用し、一部のブラウザ、オペレーティング システム、アプリケーションでのみ機能します。利用開始前に「Office Connector の前提条件」 で、利用可能な組み合わせをご確認ください。

Office での編集機能に戻すには、次の手順を実行します。

  1. <confluence-url>/admin/darkfeatures.action に移動します。
  2. enable.legacy.edit.in.office ダーク機能フラグを追加し、[送信] を選択します。

これを行うには、管理者としてログインしている必要があります。

ダーク機能を有効化した場合の影響

(info) Companion アプリの機能と Office での編集機能を同時に使用することはできません。

Office での編集のダーク機能を有効化すると、WebDAV 連携がリストアされ、ユーザーは従来の Office での編集オプションを使用して Office ドキュメントを編集できるようになります。ダーク機能を有効化すると Companion 連携が無効化されるため、Companion が提供していたすべての機能を利用することができなくなります。 

互換性のあるバージョン

Office での編集のダーク機能は、次の表で説明している Confluence の特定のバージョンでのみ利用できます。 

Confluence バージョンOffice での編集のダーク機能との互換性

6.13 (6.13.6 よりもあとのエンタープライズ リリース バージョン)

(tick) 互換性あり
6.14.x(error) 互換性なし

6.15 (6.15.6 よりもあとのバージョン)

(tick) 互換性あり
7.0.x(error) 互換性なし
7.1.x (tick) 互換性あり
7.2.x(tick) 互換性あり
7.3.x 以降(info) Confluence の UI で有効化可能なため、ダーク機能は不要

Confluence 7.3 以降ではダーク機能を追加する必要はありません。[全般設定] > [Office コネクタ] に移動し、従来の Office での編集機能を直接有効化できます。 


最終更新日 2020 年 1 月 16 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.