Confluence 7.14 への準備

Confluence Development Releases

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このドキュメントでは、既存のプラグインおよびアプリに Confluence 7.14 との互換性があるかどうかを確認したい、Confluence 開発者向けの情報をご案内します。

このページで、新しいマイルストーンの公開タイミング、およびその内容をご確認ください。ベータ版のリリース後、正式なリリース ノートを公開します。

最新のマイルストーン
2021 年 9 月 8 日

7.14.0-beta1

ダウンロード
このマイルストーンで問題が見受けられた場合

Confluence EAP のヘッダーで [フィードバック] ボタンをクリックするか、課題を起票してお知らせください。

On this page:

予定されている変更

このセクションでは、導入予定の変更の概要について紹介します。アプリへの影響の検討にお役立てください。変更の実装が完了したら、そのタイミングと対象のマイルストーンをご案内します。 

セキュリティの強化

ステータス: 完了

コア コンポーネントとライブラリを特定して、最新バージョンにアップグレードします。公式 API は中断しません。ただし、特定のライブラリ、過度的な依存関係、動作が変更される場合があります。

このバージョンでアップグレードしたライブラリと依存関係のリストを次に示します。

ライブラリ/依存関係ソース バージョンターゲット バージョン注意
Apache Commons Compress1.191.21
Apache HttpClient4.5.124.5.13
Apache PDFBox2.0.162.0.23
Apache Velocity1.6.4-atlassian-211.6.4-atlassian-23
Atlassian Gadgets6.0.46.0.6
Atlassian REST6.1.66.1.11
Atlassian Whisper1.1.154.0.0
dom4j1.6.1-atlassian-21.6.1-atlassian-3
io.zipkin.brave:brave-*3.0.05.13.3com.github.kristofa's brave からio.zipkin.brave:brave-* implementations へ移動 
Lodash4.17.204.17.21
minimist1.2.01.2.5
nimbus-jose-jwt8.18.22

XStream アップグレード

ステータス: 完了

XStream をバージョン 1.4.17 にアップグレードしています。XStream の独自のバージョンをバンドルする場合は、このバージョン以降にアップグレードする必要もあります。これは、XStream 1.4.16 がサービス ローダーを通じて XmlPullParser の新しい実装を提供しているためです。XStream のデフォルト パーサーは、Xpp3 から Xpp3 のフォークである MXParser に変更されました。変更の詳細については「XStream の変更ログ」をご参照ください。

XStream を独自のプラグインでアップグレードすると、古い Confluence バージョンとの互換性が保たれることが判明しています。これは、xpp3_min との依存関係があり、Confluence の旧バージョンでのサービス ローダーで言及されている古い XmlPullParser の実装におけるプラグインの動作をサポートするためです。

このアップグレードは、7.12.3. にもバックポートされました。

翻訳トランスフォーマー キャッシュの無効化

ステータス: 完了

We have added a new getStateHash() method to the TranslationTransform interface (com.atlassian.confluence.plugin.TranslationTransform). 

この新しい方法の目的はハッシュ値を提供することです。ハッシュ値は、i18n に関連する .js ファイルのキャッシュが、最新のチャンクを提供するために無効化する必要があるかどうかを確認するために使用します。翻訳トランスフォーマーが複数のステータス (有効/無効など) を持つ場合は、次にステータスを切り替える際に Confluence アプリにその変更が反映されて、新しい .js ファイルを提供するためにも、これを確認する必要があります。

キャッシュを正しく無効化するための要件が 2 つあります。

  1. getStateHash() メソッドを呼び出すときは、トランスフォーマーの状態に基づいて文字列ハッシュ値を指定します。

    // example where transformerIsEnabled is a boolean representing whether the transformer is enabled or not
    @Override
    public String getStateHash() {
      return Integer.toString(Boolean.valueOf(transformerIsEnabled).hashCode());
    }
  2. イベント パブリッシャー (com.atlassian.event.api.EventPublisher) は、状態が変わるとキャッシュの無効化をトリガーするために TranslationTransformStateChangedEvent (com.atlassian.confluence.event.events.admin パッケージ) イベントを公開して、getStateHash()
    を呼び出します。

    // this will be called for example inside the REST API call which performs the transformer state change
    eventPublisher.publish(new TranslationTransformStateChangedEvent(this));

翻訳トランスフォーマーに複数の状態がない場合は、インターフェイスからデフォルトの実装が提供されるため、getStateHash() メソッドは上書き不要です。

Hibernate のアップグレード

ステータス: 事前通知

Hibernate をからアップグレードする作業中です5。2に5。4。これには、非推奨の機能/インターフェイスの削除などの変更を破るが含まれます。

削除された注目すべき機能:

  • JDBC パラメータ化されたクエリのサポート。実装するクラスはHibernateContentQueryFactory名前付きパラメータが代わりに使用されていることを確認するために検証はである必要があります。
  • RegionAccessStrategy他名アクセスストラテジーインターフェイスが置き換えられました。

詳細については「Hibernate 5.2 から 5.4 へのアップグレートには重要な変更が含まれています」をご確認ください。 

このアップグレードの作業は、7.15 に間に合うように終了する予定です。変更がある場合はお知らせいたします。

editor-v3 の削除 

ステータス: 事前通知

Confluence 6.14 でエディターを TinyMCE v4 にアップグレードした際、v3 エディター (frontend.editor.v4 / frontend.editor.v4.disable)) に戻せるサポート対象外のダーク機能を導入しました。もうテストされておらず、信頼性に欠けるため、今後の Confluence リリースでこのダーク機能フラグを削除する予定です。

これが起こると、editor-v3 WRM コンテキストは読み込まれなくなります。このコンテキストでのみ使用されるリソースは、完全に削除できます。editor コンテキストと editor-v4 コンテキストは変更されません。この変更によって、editor-v4 のリソースは editor. に安全に移動できます。

基本認証への変更事項

ステータス: 事前通知

今後、管理者には基本認証を無効にする機能が提供されて、あらゆる統合に対して、パーソナル アクセス トークンの代用が推奨される予定です。基本認証の無効化に関する詳細をご確認くださいAtlassian Server と Data Center の SSO 4.2.0 に手動でアップグレードすることで、今すぐテストを開始できます。

現在、この機能は 7.15 を対象としています。 

ページと添付ファイルの履歴バージョンに対する変更

ステータス: 事前通知

履歴ページと添付ファイルの各バージョンに対する保持ルールを導入する作業の一環として、ページ履歴と添付ファイル履歴におけるバージョンの番号付け方法を変更しました。

ユーザーによって、またはジョブにスケジュールされた保持ルールによって削除された場合は、バージョンの番号は変更されません。これによって、削除後にバージョンが並べ替えられる現在の動作に依存するアプリで問題が発生する可能性があります。 

現在、この機能は 7.15 を対象としています。 


変更の実装内容

このセクションでは、実装済みの変更の詳細について、それらが最初に提供されたマイルストーンごとに紹介します。テストするマイルストーン バージョンの判断にご利用ください。

ベータ 1 - 2021 年 9 月 8 日

このベータ版リリースの新機能:

  • ダウンタイムなしで次の機能バージョンにアップグレードする
  • データ パイプラインのエクスポートをスケジュールする

  • 接続プール管理のため C3P0 から Hikari に変更する
  • PostgreSQL 9.6. のサポート終了  

このリリースのすべての要素の完全な詳細については、「Confluence 7.14 ベータ版リリース ノート」を参照してください。

EAP 1 – 2021 年 8 月 30 日

Milestone 7.14.0-m176

  • XStream アップグレード
  • ゴミ箱に移動したアイテムの削除日が保存されるようになりました。ゴミ箱にすでに入っているアイテムについては、アップグレードの日付を削除日として使用します。 


最新のドキュメントをお探しの場合は、Confluence EAP スペースで最新のドキュメントをご確認ください。

Did you know we’ve got a new developer community? Head to community.developer.atlassian.com/ to check it out! We’ll be posting in the announcements category if when new EAP releases are available.

最終更新日 2021 年 9 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.