Confluence 7.0 への準備

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このドキュメントでは、既存のプラグインおよびアプリに Confluence 7.0 との互換性があるかどうかを確認したい、Confluence 開発者向けの情報をご案内します。

次の Confluence バージョンは Confluence 7.0 です。このバージョンはプラットフォーム リリースとなり、大幅な変更が含まれます。 

今後数か月の間に、Confluence 7.0 のリリースに向け、標準の EAP (アーリー アクセス プログラム) マイルストーンをリリースことを予定しています。アトラシアンでは開発のタイムラインを延長したため、最終リリースまでにいくつかの追加マイルストーンが入ることが見込まれています。

このページで、新しいマイルストーンの公開タイミング、およびその内容をご確認ください。ベータ版のリリース後、正式なリリース ノートを公開します。

最新のマイルストーン
2019 年 6 月 24 日 7.0.1-m92 ダウンロード
このマイルストーンで問題が見受けられた場合

Confluence EAP のヘッダーで [フィードバック] ボタンをクリックするか、課題を起票してお知らせください。

このページの内容:

予定されている変更

このセクションでは、Confluence 7.0 で導入予定の変更の概要について紹介します。アプリへの影響の検討にお役立てください。変更の実装が完了したら、そのタイミングと対象のマイルストーンをご案内します。 

Java 11

ステータス: 進行中

Confluence 7.0 では Java 11 のサポートを追加します。現在、ランタイムの互換性に取り組んでおり、コンパイルの互換性も提供できるようにしたいと考えています。 

Java 8 と同様、Oracle および AdoptOpenJDK の両方のサポートを継続します。 

機能の廃止

ステータス: 完了

Confluence 7.0 でいくつかの機能を廃止または削除しました。詳細は、「サポート終了のお知らせ」を参照してください。

廃止されたコードの削除

ステータス: 完了

Confluence 5.x 以前で廃止予定となっていたすべてのコード パスの削除を完了しました。削除されたクラスおよびメソッドの完全な一覧については、「7.0 で削除された廃止予定のコード パス」を参照してください。廃止予定のコードを追加で削除することになった場合は、以降の「メモ」セクションに追記します。 

このような変更により、コードベースを正常に維持し、開発者の障害を取り除き、コード構造をシンプルにすることができます。 

注意
  • Velocity コンテキストで htmlUtil クラスが公開されているため、非推奨となった GeneralUltil メソッドの代わりにこれを使用することができます。 

非推奨の javascript グローバルの削除

ステータス: 進行中

Confluence 5.9 では、Confluence が提供するすべての javascript グローバルを非推奨にしました。現在、これらのプロセスをフロントエンド API に置き換えています。このページで進捗状況の最新情報を提供します。 

Lucene API への直接アクセスを廃止

ステータス: 進行中

Lucene API への直接アクセスは Confluence 7.0 以降で廃止予定となり、将来のリリースでは禁止されます。この変更は、アトラシアンがご利用のアプリに影響を与えずに、基盤となる検索エンジンに変更を加えられるようにするために行われました。

頻繁に使用されない一部の廃止予定の API や、誤って使用するとアプリで重大な問題が発生する可能性がある API に対する、代替 API の提供はありません。

次のモジュールは、この変更の影響を受けます。

今後数週間の間に、これらのモジュールに関する追加情報および最新のドキュメントを提供します。  

Atlassian User Interface (AUI) のアップグレード

ステータス: 進行中

Confluence 7.0 will include a major upgrade of AUI (the Atlassian User Interface) to a current version of AUI 8 (AUI 8.3.1 or later). See the AUI upgrade guide to find out what's changing. We've also created a Confluence AUI upgrade with best practices for updating your apps.

jQuery のアップグレード

ステータス: 進行中

Confluence 7.0 には、jQuery 1.7.2 から 2.2.4 へのアップグレードが含まれます。重要な変更の概要については、jQuery 1.9 アップグレード ガイドを参照することをおすすめします。このページで進捗状況の最新情報を提供します。 

CDN for Confluence Data Center

Status: COMPLETE

Confluence 7.0 will have ability to serve static assets from a CDN in Confluence Data Center. This includes static resources that are served by plugins, so enabling this feature might affect your plugin.

If you're using a WRM library properly, you shouldn't encounter any problems, but we recommend that you check the plugin compatibility, as described below.

Check font resources are publicly usable...

To verify font compatibility, you can use the following CDN health check endpoint:

https://<base-url>/rest/static-asset-caching/health-checks

The endpoint will list any offending plugins. Currently, the only implemented health check is related to embedded fonts that are not declared as publicly accessible.

To declare that a resource can be publicly usable, add allow-public-use parameter set to true to the resource definition, for example:

        <resource type="download" name="atlassian-icons.woff" location="css/atlassian/fonts/atlassian-icons.woff">
            <param name="allow-public-use" value="true"/>
            <param name="content-type" value="font/x-woff"/>
        </resource>

Note that the font license may impose restrictions on its distribution that make such declarations violate the license terms. Such plugins will not be compatible with CDN.

Check you're not using incompatible plugin points...

In Confluence 6.0 we moved to stateless delivery of JavaScript and CSS resources. Apps that don't use the new APIs for web-resource transforms and conditions may cause static assets to be cached incorrectly. 

See Stateless web-resource transforms and conditions to make sure your app is using the new APIs for web-resource transforms and conditions. 

You can use the following endpoint to list the incompatible plugins:

https://<base-url>/rest/webResources/1.0/deprecatedDescriptors

We also provide a health check on the CDN administration screen that will indicate if an app is using deprecated methods. 

New confirmation prompt on editor page reload

ステータス: 完了

From Confluence 7.0 onwards, the editor will ask users to confirm a page reload. This is to make sure we are able to sync changes back to the draft when someone leaves the editor unexpectedly. 

If your app performs a page reload in the editor for any reason (for example if your app spawns its own editor) you can avoid this prompt by initiating the content save yourself as follows:

define('my-amd-module', [ 'confluence/legacy' ], function(Confluence) {
    //...
    reloadPage: function() {
        // before page reload
        Confluence.Editor.Drafts.save({
                // Skip error handler
                skipErrorHandler: true
        });
        // reload page here!
    }
    //...
})

You will also need to add a dependency on the editor in your atlassian-plugin.xml as in this example:

WRM.require('wr!<web-resource key="my-plugin-js" name="My Plugin Js Resources" i18n-name-key="my.plugin.js.resources">
    <!-- defining resources here... -->
    <dependency>com.atlassian.confluence.editor:page-editor-js</dependency>
</web-resource>', function() {
    const Confluence = require('confluence/legacy');
	// Use Confluence.Editor.Drafts as above
})


変更の実装内容

このセクションでは、実装済みの変更の詳細について、それらが最初に提供されたマイルストーンごとに紹介します。テストするマイルストーン バージョンの判断にご利用ください。

EAP 13 – 24 June 2019

Milestone 7.0.1-m92

This milestone contains our latest batch of changes related to the AUI 8 upgrade:

  • $.fn.enable() and $.fn.disable() are now deprecated. We recommend using the new methods disableElement and enableElement from AMD module confluence/form-state-control. The web-resource has the key com.atlassian.confluence.plugins.confluence-frontend:form-state-control

As usual, we document these changes each week in our Confluence AUI upgrade guide. There are still a number of known issues, which we'll be fixing over the coming weeks. Some issues to be aware of:

  • The date picker component may not work correctly in the editor.
  • Some dropdown buttons have extra space between the title and chevron icon.
  • There may be some minor visual glitches in messages on the UPM screen.
  • Secondary tabs (for example, on the Space Details screen) render as bullet points instead of tabs.
  • After uploading a new plugin, the 'Upload new plugin' button may not appear.

EAP 12 – 17 June 2019

Milestone 7.0.1-m88

In this milestone we've added two new scheduled jobs that can be used to evict Synchrony change logs.

Related to this work, the editor will now ask users to confirm a page reload. This is to make sure we are able to sync changes back to the draft when someone leaves the editor unexpectedly. If your app performs a page reload in the editor for any reason, you should initiate this save.  Refer to the summary at the top of this page for details. 

There's a known issue in this milestone which can prevent Confluence from starting up after upgrading. This issue will be resolved in an upcoming milestone.

EAP 11 – 11 June 2019

Milestone 7.0.1-m82

Our work continues on the AUI 8 upgrade. Here are the latest changes that may affect your app:

  • The AJS.indexOf method is no longer available. Use native array methods instead,  such as [].indexOf, [].includes.

  • We can no longer guarantee the legacy AUI message CSS classes, such as warning, error, and success, will exist in Confluence 7.0. If your app needs to control the behaviour of the AUI message in Javascript, it should query the element with the new class (with the aui-message- prefix).

  • The AUI message now renders an icon automatically, and no longer hides the extra icon from the old template. To fix this, remove the extra icon html markup.

Head to our Confluence AUI upgrade guide for more details. We update this page each week to reflect our work in progress. Please note: EAP 9 (7.0.1-m60) is the only milestone that contains our AUI 8 changes.

EAP 10 – 3 June 2019

Milestone 7.0.1-m74

AUI and jQuery upgrade

We're continuing work on the upgrade to AUI 8.3.2 and jQuery 2.2.4, however these changes are not included in this week's milestone. We plan to release a more stable milestone with the AUI and jQuery changes in the coming weeks. In the meantime, use milestone 7.0.1-m60 to see some of our work in progress.

New post-upgrade landing page

We've added a new post-upgrade report to provide you with useful information about your upgrade. After upgrading Confluence, admins will be automatically directed to the page, and can access it from > General configuration > Latest upgrade report.

This feature is currently enabled by default as a system property dark feature. If you develop a third-party app, this may affect your builds. To disable the feature, use the system property -Datlassian.darkfeature.pulp.disable=true

CDN for Confluence Data Center

In this milestone we've added support for serving static assets from a CDN.  This feature is only available with a Data Center license.  There are some things you should check, to ensure your plugin is compatible. Refer to the summary at the top of this page for details. 

EAP 9 – 2019 年 5 月 20 日

Milestone 7.0.1-m60

このマイルストーンには、AUI 8 アップグレードに関する変更の最初のバッチが含まれます。

  • AUI は 8.3.2 にアップグレードされました。
  • Confluence は jQuery 2.2.4 のみを提供するようになりました。 
  • AUI プラグインの Backbone ライブラリがアップグレードされましたが、Confluence コードベースは引き続き 1.0.0 を使用します。これは Confluence が提供するグローバル Backbone と競合するため、AUI プラグインから Backbone バージョンを直接要求しないようにします。これらの変更に関する詳細なガイダンスについては、Confluence AUI アップグレード ガイドをご覧ください。

AUI メッセージ スタイルが更新されました。

クリックして変更を確認...
アップグレード前の AUI メッセージ スタイル

アップグレード後の AUI メッセージ スタイル


EAP 8 – 2019 年 5 月 13 日

Milestone 7.0.1-m52

このマイルストーンには大きな変更はありません。 

EAP 7 – 2019 年 5 月 6 日

Milestone 7.0.1-m38

このマイルストーンには大きな変更はありません。

EAP 6 – 2019 年 4 月 29 日

Milestone 7.0.1-m35

  • This milestone contains our first batch of changes to support Java 11. We have a few known issues which we'll continue to work through over the next few releases. 
  • Web Resource Manager を 3.5 から 4.1 にアップグレード
  • Atlassian Scheduler を 2.0 から 3.0 にアップグレード
  • Fugue を 4.5 を 4.7 にアップグレード
  • Velocity HtmlSafe を 1.5 から 3.0 にアップグレード

EAP 5 – 2019 年 4 月 15 日

Milestone 7.0.1-m18

  • トラックバックとリファラーの機能を完全に削除しました。これには、TRACKBACKLINKS および EXTRNLNKS データベース テーブルの削除も含まれます。

EAP 4 – 2019 年 4 月 10 日

Milestone 7.0.1-m13

  • IM マクロは廃止予定になり、マクロ ブラウザに表示されなくなりました。 
  • Confluence 5.x 以前で廃止予定となったコードを完全に削除しました。完全な一覧については、「7.0 で削除された廃止予定のコード パス」を参照してください。 
  • 7.0.1-m11 には問題がありました。この問題は解決され、m13 でリリースされました。

EAP 3 – 2019 年 4 月 2 日

Milestone 7.0.1-m05

  • ネットワーク マクロおよびスペースの詳細マクロは廃止予定になり、マクロ ブラウザに表示されなくなりました。
  • 新しい Confluence インストールでは、Hipchat 連携が既定で無効化されるようになりました。これによる既存のインストールへの影響はありません。

EAP 2 – 2019 年 3 月 25 日

Milestone 7.0.1-m03

このマイルストーンには大きな変更はありません。

EAP 1 – 2019 年 3 月 18 日

Milestone 7.0.1-m02

  • アクティビティ ストリーム ガジェット、ページ ガジェット、およびクイックナビ ガジェットは廃止予定になり、マクロ ブラウザに表示されなくなりました。
  • ニュース ガジェットおよび junit マクロが完全に削除されました。
  • 添付ファイル ストレージ ページが、ファイル システムに添付ファイルを保存する顧客に表示されないようになりました。
  • デフォルト テーマで、スペース ツール ページから孤立したページ ビューを削除しました。つまり、listorphanedpages.action は、これを使用していたすべてのテーマで動作しなくなります。
  • m01 の Linux インストーラーには問題がありました。この問題は解決され、アトラシアンは m02 をリリースしました。


最新のドキュメントをお探しの場合は、Confluence EAP スペースで最新のドキュメントをご確認ください。

Did you know we’ve got a new developer community? Head to community.developer.atlassian.com/ to check it out! We’ll be posting in the announcements category if when new EAP releases are available.

最終更新日 2019 年 6 月 24 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.