Confluence 7.9 ベータ版リリース ノート

Atlassian presents Confluence 7.9.0-rc2. This is a snapshot of our work in progress, primarily focused on providing app developers an opportunity to test their apps and make any required changes in advance of an official release.

Confluence 7.9.0-rc2 は今すぐダウンロードできます

Development releases are not production ready. Development releases are snapshots of the ongoing Confluence development process. While we try to keep these releases stable, they have not undergone the same degree of testing as a full release, and could contain features that are incomplete or may change or be removed before the next full release.

No upgrade path. Because development releases represent work in progress, we cannot provide a supported upgrade path between development releases, or from any development release to a final release. You may not be able to migrate any data you store in a Confluence development release to a future Confluence release.

Atlassian does not provide support for development releases.



このベータ版に不具合がある場合、
お手数ですが当社まで問題を報告してください。 

問題を報告する

Highlights of 7.9.0-rc2

2020 年 11 月 05 日にリリース 

There's still some work to be done on the accessibility checker. For this reason we’ve decided not to ship this feature in Confluence 7.9. We'll make it available in a future Confluence version.

Highlights of 7.9.0-beta1

2020 年 10 月 26 日にリリース

大規模な Office ファイルを処理

対象: DATA CENTER SERVER

大規模な Word、Excel、および Powerpoint ファイルでの作業を避けて通ることができない場合があります。このようなときにファイル サイズが作業の妨げになるのは望ましくありません。Office Word、Excel、または Powerpoint マクロを含むページを開くと、ページの他のすべてのコンテンツが読み込まれ、その後 Office ドキュメントを読み込むようにしました。

Confluence Data Center をお持ちの場合はさらに、一定時間内にファイルを表示できないときにはそれをダウンロードするオプションが表示されます。

Accessibility checker helps you create accessible content

対象: DATA CENTER SERVER

Now you can use the accessibility checker to inspect content in the Confluence editor for issues according to the Web Content Accessibility Guidelines (WCAG 2.0). The checker has a repair feature that highlights issues and, in some instances, lets you automatically fix issues with a single click.


Catch and fix accessibility issues before publishing content so you can reach a wider audience and maintain web compliance. 

Learn more about accessibility checker

Step up your security with personal access tokens 

For: SERVER DATA CENTER

Confluence の REST API は、自動化や他のシステムとの連携の無限の可能性を実現します。安全性を考慮し、個人アクセス トークンを作成できるようになりました。これは、認証にユーザー名とパスワードを使用している場合の安全な代替策になります。

トークンの作成と取り消し 

トークンを作成するには、プロフィールに移動し、[設定] > [個人アクセス トークン] を選択します。トークンはいくつでも作成でき、それぞれに異なる有効期限を設定できます。 

ユーザーのアカウントが無効化または削除されると、そのユーザーのトークンは動作しなくなります。 

トークンの管理 

管理者はシステム プロパティを使用してユーザーが作成できるトークンの数を制限し、失効ルールを設定できます。

Confluence Data Center をお持ちの場合、システム管理者はすべてのトークンを確認し、いつでも取り消すこともできます。  

個人アクセス トークンの詳細を確認

ローリング アップグレードで最新のバグ修正を活用

対象: DATA CENTER

サイトを最新に保つことは必須ですが、アップグレードに必要となるダウンタイムのために 1 年に 1 回程度しかアップグレードが行えず、これによって重要なバグやセキュリティ修正の適用が遅れてしまう場合があります。

ダウンタイムなしでアップグレード

Confluence をクラスタで実行している場合、互換性のあるバージョンへのローリング アップグレードをダウンタイムなしで行えるようになりました。

So how does it work?  First, you put your site into upgrade mode, and then upgrade each node in turn. The way you upgrade each node depends on your deployment. 

The cluster overview lets you see exactly what's happening in your cluster during the upgrade. Once all nodes are running the new version, you can finalise the upgrade.

一度に 1 ノードをダウンさせるたけで済むため、ユーザーはバックグラウンドでアップグレードが行われていることに気づくことなく、引き続きコンテンツを作成できます。ロード バランサがトラフィックをアクティブ ノードにシームレスに転送します。

デプロイメントのサポートと自動化の機会

Confluence を自身のサーバーで実行しているか AWS または Azure で実行しているかにかかわらず、ダウンタイムなしでアップグレードを行えます。 

このプロセスの一部を自動化したい場合は REST API を使用してアップグレード モードを有効化し、ノードまたはクラスタの状態を取得して、アップグレードを確定できます。 

互換性のあるバージョン

現時点では、ローリング アップグレードはバグ修正リリース (同じビルド番号を持つ Confluence バージョン) でのみ行なえます。たとえば、Confluence 7.9.0 から 7.9.2 へのローリング アップグレードは行なえますが、Confluence 7.9.2 から 7.10.0 で行うことはできません。ローリング アップグレードは今後の長期サポート リリースで特に便利になります。長期サポート リリースでは 2 年間にわたり、セキュリティおよびバグ修正を定期的に受けることができます。 

ローリング アップグレードの詳細を確認

アップグレード ノート

Change to index architecture

In this release we have made some changes to the Lucene search index to improve performance and stability. One of these changes is to split the index into two parts, a content index and change index. 

Split index upgrade task

When you upgrade to Confluence 7.9, an upgrade task will make two copies of your entire index, remove the relevant content to create the content index and change index, then remove the original files. This means you’ll need enough free disk space in your local home directory to temporarily accommodate three copies of your index. This process will take some time for very large sites.

In our test, it took less than an hour to run the scripts to split a 90 GB index. However, creating the copies of the index prior to this step took just over five hours (on a c5.2xlarge EC2 instance). You may need to give your instance more IOPS.   

Split index upgrade task - clustered Data Center

In addition to the information above, if you run Confluence in a cluster, and there is no index in the local home directory at the point of upgrade, we'll grab the snapshot from the shared home directory and restore that before beginning the upgrade task. Once the upgrade task is complete, we'll generate a new snapshot and save it to the shared home. Subsequent nodes can then grab the snapshot from the shared home, the upgrade task won't need to split the index on every node. 

Journal entry upgrade task

Once the index has been split, another upgrade task will update entries in the journal entry table. This one should only take a few minutes in a large site. You won't be able to use Confluence until both the split index and journal entry upgrade tasks have completed successfully. 

サポート対象プラットフォームの変更

No platform changes planned for this release. 


インフラストラクチャの変更

Confluence 7.9 contains changes that may affect apps. Head to Preparing for Confluence 7.9 to find out how these changes will impact app developers. 

最終更新日 2020 年 11 月 4 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.