Confluence 7.3 ベータ版リリース ノート

Atlassian presents Confluence 7.3.0-beta1. This is a snapshot of our work in progress, primarily focused on providing app developers an opportunity to test their apps and make any required changes in advance of an official release.

Confluence 7.3.0-beta1 今すぐダウンロードできます。

Development releases are not production ready. Development releases are snapshots of the ongoing Confluence development process. While we try to keep these releases stable, they have not undergone the same degree of testing as a full release, and could contain features that are incomplete or may change or be removed before the next full release.

No upgrade path. Because development releases represent work in progress, we cannot provide a supported upgrade path between development releases, or from any development release to a final release. You may not be able to migrate any data you store in a Confluence development release to a future Confluence release.

Atlassian does not provide support for development releases.



このベータ版に不具合がある場合、
お手数ですが当社まで問題を報告してください。 

問題を報告する

Highlights of 7.3.0-rc2

2020 年 2 月 3 日にリリース

このリリース候補版の変更内容は、次のとおりです。

  • We have reverted a fix introduced in 7.2.1 for  CONFSERVER-26897 - Getting issue details... STATUS  as it caused issues when creating pages from templates. See CONFSERVER-59370 - Getting issue details... STATUS  for more information.
  • We have released Atlassian Companion 1.0.0. 

Highlights of 7.3.0-rc1

2020 年 1 月 29 日にリリース

This release candidate contains minor fixes and improvements. 

大規模なスペースでのパフォーマンスの確保

When loading the page tree, we need to do lots permission checks, to make sure people don't see pages that are restricted. In a very large space, these checks can consume a lot of memory and CPU, and have an impact on the overall performance of your site.

Now when you visit a space, we'll only load 200 pages at each level of the hierarchy. You can then hit the Show all pages button to load all the pages in the space in one go.

多くのユーザーは、リンクをたどるか、検索を使用してページを訪問するため、この変更がスペース内のナビゲーションに影響する可能性は低いと考えています。しかしながら、システム プロパティを使用して、この動作を無効化したり、最初に表示されるページの数を増やしたりすることができます。

Change to OpenID

We have decided not to bundle the latest version of the SSO for Atlassian Data Center plugin. Version 4.x of the plugin, which provides OpenID support, is available from Marketplace, and we plan to bundle it in a future release. 

Highlights of 7.3.0-beta1

2020 年 1 月 14 日にリリース

レート制限によるシステムの保護

対象: DATA CENTER

レートの制限が行われていない場合、自動化された連携やスクリプトが Confluence インスタンスに大量のリクエストを送り、パフォーマンスの低下やダウンタイムにつながるおそれがあります。これによって、問題を解決するために呼び出され、ログを確認して問題を特定し、再発防止策を講じる、当直の管理者にとって本来不必要な作業が発生します。

レート制限を行うことで Confluence インスタンスの 自己保護を実現できます。管理者は、自動化機能やスクリプトが作成できる REST API リクエストの数や作成頻度を制御し、パフォーマンスとチームの生産性を向上させることができます。

ページを参照できるユーザーを確認して確実に共有

対象: SERVER DATA CENTER

Confluence は既定でオープンな製品ですが、スペース権限やページ制限が何重にも適用されていると、どのユーザーがページを参照できるかを確認しづらい場合があります。

たとえば、あるページをほかのチームのユーザーと共有したい場合、共有ボタンをクリックする前に、そのユーザーが適切な権限を持っているかを確認できれば便利です。

Now you can share with confidence. Go to  > People who can view for a simple list of all the people who:

  • スペース権限でスペースの表示が許可されているユーザー
  • ページ制限でページの表示を拒否されていないユーザー

ユーザーに名前の一覧の表示を許可したくない場合、管理者は [表示できるユーザー] オプションを無効化できます。 

高度な権限管理で管理を簡単に行う

対象: DATA CENTER

サイトがある程度のサイズに成長すると、権限管理に多大な労力が必要になります。権限を管理、トラブルシューティング、および監査するためのツールの提供を開始しました。 

権限の問題のトラブルシューティング

スペース管理者は特定のユーザーを検索し、そのユーザーが特定の操作を行うための権限を持っているかどうかを確認できます。ページ制限の情報を確認するために特定のページを呼び出すこともできます。 

Go to Space Tools > Permissions > Inspect permissions to check it out. 

管理者 (Confluence 管理者またはシステム管理者グローバル権限を持つユーザー) はさらに強力な機能を利用できます。すべてのスペースを横断してユーザーまたはグループを検索できます。


権限の監査

サイトでどのユーザーが何を実行できるかを正確に確認するには労力が必要です。このリリースからは、単純に権限の検査を行い、クエリの結果を CSV ファイルにエクスポートして、監査やさらなる分析に使用できます。 

たとえば、機密情報を含むスペースがあり、そのスペースでコンテンツを作成および削除できるすべてのユーザーの一覧が必要だとします。スペース名で検索して結果をエクスポートするだけでこの情報を用意できます。 

権限の変更を他のスペースに一括適用

管理者は権限をその場で編集し、その権限を他のスペースにコピーすることができます。これは、新しいグループを作成し、既存の複数のスペースでそのグループに同じ権限を適用したい場合に、非常に便利です。 

ファイルの編集をさらに制御

対象: SERVER DATA CENTER

Atlassian Companion で編集するために開いたファイルを簡単に追跡できるようになりました。[編集] をクリックすると、ファイルが Companion ウィンドウの一覧に表示されます。変更を完了したら [アップロード] をクリックしてファイルを Confluence に戻すことができます。

ファイルは、一覧から削除するか、Companion を再起動するまで表示されます。ファイルを確実に確認できる、高い信頼性を提供します。 

We've also changed the way Confluence launches Companion. Your browser will now ask your permission to launch the Companion app each time you click Edit. This method works in the latest versions of all browsers, in virtual environments (including terminal server environments), and avoids problems some people had when Companion wasn't already running in the background, or their browser wouldn't allow the connection.

After upgrading Confluence, you'll also need to upgrade Companion to get these great new features. 

Single sign-on with OpenID Connect providers

対象: DATA CENTER

Some time ago we added SAML single sign-on support to all of our Data Center products. Now we've added the option to authenticate with identity providers that use the OpenID Connect protocol.

Go to  > General Configuration > SSO 2.0 to see all the single sign-on options. 

アップグレード ノート

PostgreSQL 10 のサポート

We've added support for PostgreSQL 10.  If you plan to upgrade, you should upgrade Confluence first, then upgrade your database.  

See pg-upgrade in the PostgreSQL 10 documentation for information on how to upgrade your database. Make sure you back up your database, Confluence installation directory and Confluence home directory before you begin. We strongly recommend you test your changes in a staging environment first. 

After upgrading, we recommend you run ANALYZE. Analyze collects statistics about contents of tables in the database, which the query planner can use to help determine the most efficient execution plans for queries.

There's also a known issue where Confluence won't start with PostgreSQL 10 in Amazon RDS. See  CONFSERVER-59243 - Getting issue details... STATUS  for more information and a workaround. 

Oracle 19c のサポート

We've added support for Oracle 19c.  If you plan to upgrade, you should upgrade Confluence first, then upgrade your database.  

See Database Upgrade Guide in the Oracle 19c documentation for information on how to upgrade your database. Make sure you back up your database, Confluence installation directory and Confluence home directory before you begin. We strongly recommend you test your changes in a staging environment first. 

Companion app upgrade required

We've made significant changes to how you edit files using Atlassian Companion. When you upgrade to Confluence 7.3, you'll need to make sure your users are running the latest version of Companion App.  

Earlier versions (0.6.2 and earlier) will not work with Confluence 7.3. 

Ultimate Permission Manager app

If you currently use the Meta-Inf Ultimate Permission Manager app, that was acquired by Atlassian, there's some things you need to know before you upgrade. 

  • If you have a Confluence Data Center license, when you upgrade to Confluence 7.3, the Ultimate Permission Manager app will be disabled automatically. This is intentional, so we can give you access to "Inspect permissions" and "People who can view", which are the equivalent features in Confluence Data Center. 
  • If you have a Confluence Server license, when you upgrade to Confluence 7.3, you'll be able to continue to use the Ultimate Permission Manager app until your app license expires. 
  • If you have a Confluence Server license, and your Ultimate Permission Manager app license has expired, we recommend you disable or uninstall the Ultimate Permission Manager app, in order to get access to the equivalent "People who can view" feature. 

Java 11 now bundled

In this release we've bundled the AdoptOpenJDK 11 JRE. This JRE is used when you install or upgrade Confluence using the installer. If you've installed Confluence manually you can either continue to use Java 8 or switch to Java 11. See Change the Java vendor or version Confluence uses to find out how to switch your Java version.

Some of the Java arguments used in our setenv.sh  / setenv.bat  files are no longer recognised in Java 11. Make sure you apply any customizations manually when you upgrade, don't simply copy over your old setenv file (or existing Java options if you run Confluence as a service). 

変更内容...

Java 11 では、次の引数が置き換えられます。

-XX:-PrintGCDetails -XX:+PrintGCDateStamps -XX:-PrintTenuringDistribution -Xloggc:$LOGBASEABS/logs/gc-`date +%F_%H-%M-%S`.log -XX:+UseGCLogFileRotation -XX:NumberOfGCLogFiles=5 -XX:GCLogFileSize=2M
-Djava.locale.providers=COMPAT,SPI 

置き換え後は次のようになります。

-Xlog:gc+age=debug:file="%atlassian_logsdir%\gc-%atlassian_timestamp%.log"::filecount=5,filesize=2M
-Djava.locale.providers=JRE,SPI,CLDR

We also recommend adding the following new arguments:

-XX:+IgnoreUnrecognizedVMOptions 
-Djdk.tls.server.protocols=TLSv1.1,TLSv1.2 
-Djdk.tls.client.protocols=TLSv1.1,TLSv1.2    

IgnoreUnrecognizedVMOptions  means that any unrecognised Java 8 arguments will be ignored. You won't need to remove these manually. 

There are known issues with TLS 1.3, so we recommend TLS 1.1 and 1.2 for now.

詳細な情報については、Java 11 ドキュメントの「Enable Logging with the JVM Unified Logging Framework」を参照してください。 

If you have added additional arguments, you may need to check that these are still available in Java 11, as they may cause errors when you start Confluence. 

サポート対象プラットフォームの変更

Advance Notice: End of support for Internet Explorer 11

アトラシアンでは、最新の Web 標準を引き続き活用して、すべての製品で改善された機能と最高のユーザー エクスペリエンスを提供できるようにするため、Internet Explorer 11 のサポートを終了することにしました。 

Confluence 7.4.x (Enterprise Release) will be the last release to support Internet Explorer 11. 

Advance Notice: End of support for several databases 

Confluence 7.3.x will be the last release to support the following databases:

  • PostgreSQL 9.4
  • MySQL 5.6 
  • Oracle 12c R1
  • Microsoft SQL Server 2012

Confluence 7.4.x (Enterprise release) will be the last release to support the following databases:

  • Microsoft SQL Server 2014
  • PostgreSQL 9.5

これらの告知の詳細については「Confluence のサポート終了のお知らせ」をご確認ください。 


インフラストラクチャの変更

Confluence 7.3 contains changes that may affect apps. Head to Preparing for Confluence 7.3 to find out how these changes will impact app developers. 

最終更新日: 2020 年 2 月 3 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.