Confluence 6.3 アップグレード ノート


以下は、Confluence 6.3 にアップグレードする際の重要注意事項です。このリリースの新機能と改善点に関する詳細は、「Confluence 6.3 リリースノート」を参照してください。

アップグレードノート

Confluence 6 はメジャー アップグレードです

Confluence 5.x からアップグレードする場合、これらのアップグレードノートを熟読し、フルバックアップを行い、非本番環境でアップグレードをテストしてから、本番サイトのアップグレードを実行してください。

最大エディター制限

To prevent potential performance issues, the maximum number of people who can edit a page simultaneously is now limited to 12. This means that people can't enter the editor if there are already 12 other people editing the page, and will need to wait until someone leaves. You can increase or decrease this limit using the confluence.collab.edit.user.limit system property.

データベースドライバーの更新

  • MySQL を使用している場合、最新のドライバー (5.1.42) を使用できます。  
  • Oracle を使用している場合、Confluence 6.1 以降にアップグレードするには最新のドライバー (12.2.0.1) を使用する必要があります。 
  • バンドルされている PostgreSQL ドライバーは最新バージョン (42.1.1) にアップグレード済みです。 

アップグレード後の設定ファイルの更新

The contents of configuration files, such as server.xmlsetenv.bat / setenv.sh and confluenceinit.properties change from time to time. 

アップグレード時、以前のインストールのファイルで単純に上書きするのではなく、これらのファイルへの追加(プロキシ設定、データソース、JVM パラメータなど)を手動で再適用することをお勧めします。そうしない場合、アップグレードで実施した改善が失われてしまいます。

Confluence 5.x からのアップグレード

共同編集は Synchrony の魔法によって利用可能になりました。Confluence Server をインストールすると、Synchrony はサーバー上で別のプロセスとして動作するように設定されます。

Confluence 5.x からアップグレードする場合、知っておく必要がある要件がいくつかあります。

  • メモリおよび CPU:以前の Confluence リリースよりも多くのリソースをサーバーに与える必要がある場合があります。Confluence をインストールすると、Synchrony (共同編集に必要)はサーバー上で別のプロセスとして動作するように設定されます。Synchrony デフォルトの最大ヒープ サイズは 1GB です(Confluence の要件の最上位)。 
  • WebSockets:共同編集は WebSockets を使用して最適に動作します。ファイアウォール/プロキシで WebSocket 接続を許可する必要があります。 
  • SSL termination:Synchrony は直接 HTTPS 接続をサポートしないため、SSL はロード バランサ、プロキシ サーバー、またはゲートウェイでターミネートされる必要があります。 
  • Database drivers: You must use a supported database driver. Collaborative editing will fail with an error if you're using an unsupported or custom JDBC driver (or driverClassName in the case of a JNDI datasource connection). See Database JDBC Drivers for the list of drivers we support.
  • データベース接続プール:ご使用のデータベースは、Confluence と Synchrony の両方をサポートできるように十分な接続数を許可する必要があります (既定値は最大プールサイズの 15)。  


インフラの変更 

開発者向けの情報

このリリースでは、アドオンに影響を与える可能性のあるライブラリー アップグレードがいくつかありました。 

変更の詳細については、「Confluence 6.3 の準備」を参照してください。

新たにサポート対象となったプラットフォーム

このリリースでは、以下のサポートが追加されました。

  • PostgreSQL 9.6
  • MySQL 5.7

サポート終了のお知らせ

  • Oracle Solaris のサポート終了
    以前お知らせしたとおり、このリリースから Oracle Solaris オペレーティングシステムでの Confluence の運用はサポートされなくなります。

詳細は、Confluence のサポート終了のお知らせを参照してください。

既知の問題

アップグレード手順

注:まずテスト環境をアップグレードします。本番環境にロールする前に、テスト環境でアップグレードをテストしてください。

すでに Confluence のバージョンを実行している場合、以下の手順に従って最新バージョンにアップグレードしてください。

  1. Go to  > General Configuration > Support Tools > Health Check to check your license validity, application server, database setup and more.
  2. Before you upgrade, we strongly recommend that you back up your installation directory, home directory and database.
  3. ご使用の Confluence のバージョンが 6.2 より前の場合、そのバージョンから最新バージョンまでのすべてのリリースリリースノートおよびアップグレードガイド読んでください。
  4. Confluence の最新バージョンをダウンロードします。
  5. アップグレードガイド」の説明に従ってください。

既知の問題のチェックとConfluenceアップグレードのトラブルシューティング

Confluence インストールのアップグレードに必要な手順が完了したら、「Confluence のアップグレード後のチェックリスト」のすべての項目を確認し、すべてが期待どおりに動作していることを確認します。適切に動作していないところがあれば、既知の Confluence の問題を確認し、以下に記載されているアップグレードのトラブルシューティングを試してください。

  • 既知の問題を確認してください。Confluence のリリース後にその最新バージョンで問題が見つかる場合があります。そのような場合、既知の問題に関する情報を Confluence ナレッジベースで公開します。
  • コミュニティで回答を確認してください。他のユーザーに同じ問題が発生している可能性があります。Atlassian Answers のコミュニティから回答を確認することができます。
  • Confluence のアップグレード中に問題が発生しましたか?Confluence ナレッジベースで、アップグレードのトラブルシューティングを行うガイドを参照してください。

  • アップグレード中に問題が発生し、解決できない場合、サポートチケットを作成して、当社のサポートエンジニアのサポートを受けてください。
最終更新日 2019 年 3 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.