Confluence 6.8 アップグレード ノート

以下は、Confluence 6.8 にアップグレードする際の重要な注意事項です。このリリースの新機能と改善点の詳細については、「Confluence 6.8 リリース ノート」を参照してください。

アップグレード ノート

Confluence 6 はメジャー アップグレードです

Confluence 5.x からアップグレードする場合、これらのアップグレードノートを熟読し、フルバックアップを行い、非本番環境でアップグレードをテストしてから、本番サイトのアップグレードを実行してください。

モバイルの準備はできましたか? 

We know many of you are super excited to get your teams using the mobile app.  Here's a few points to help you have a smooth journey. 

  • サイトで HTTPS を使用する必要があります。HTTP 経由ではアプリに接続できません。 
  • 証明書は、信頼できる認証局からのものである必要があります。自己署名証明書、または独自の CA によって発行された証明書は使用できません。 
  • プロキシは TLS 1.2 トラフィックを許可する必要があります (ほとんどは初期設定で許可されていますが、設定を確認することをお勧めします)。そうでない場合は、iOS ユーザーがアプリを使用できなくなります。
  • We've updated the web.xml.  If you've modified this file, re-apply your changes them to the new file, don't copy your old file over, or mobile won't work. 
  • サイトにパブリック インターネットから到達できない場合、ユーザーがアプリを使用するには、企業ネットワークまたは VPN に接続する必要があります。  

Confluence Mobile で、検討する必要があるすべてのことをご確認いただけます。アップグレードが完了したら、アプリを使用するようにチームを招待してください!

Did you participate in the mobile app beta? 

ご協力いただきありがとうございました。(heart)お客様のフィードバックは非常に役立ちました。アプリを引き続きご利用いただくために、次の手順を実行してください。

  • ご利用のサイトを Confluence 6.8 以降にアップグレードする
  • アプリをバージョン 1.x 以降にアップデートする:
    • Android の場合、Play Store を開いて [アップデート] をタップします。
    • For iOS, we recommend deleting the beta app from your device and then installing the official app from the App store.

Confluence をアップグレードせずにアプリをアップグレードしてもアプリは一時的に機能しますが、プッシュ通知などの新しい機能は利用できません。また、ログアウトするとアプリが必要な Confluence バージョンをチェックするので、再度ログインできません。

アップグレード後の設定ファイルの更新

server.xml, web.xmlsetenv.bat / setenv.shconfluenceinit.properties などの設定ファイルの内容は、定期的に変更されます。 

アップグレード時には、以前のインストールのファイルで単純に上書きするのではなく、これらのファイルへの追加 (プロキシ設定、データソース、JVM パラメーターなど) を手動で再適用することをおすすめします。これを行わない場合、これまでの改善が失われてしまいます。

Confluence 5.x からのアップグレード

共同編集は Synchrony の魔法によって利用可能になりました。Confluence Server をインストールすると、Synchrony はサーバー上で別のプロセスとして動作するように設定されます。

Confluence 5.x からアップグレードする場合、知っておく必要がある要件がいくつかあります。

共同編集の要件...
  • メモリおよび CPU:以前の Confluence リリースよりも多くのリソースをサーバーに与える必要がある場合があります。Confluence をインストールすると、Synchrony (共同編集に必要)はサーバー上で別のプロセスとして動作するように設定されます。Synchrony デフォルトの最大ヒープ サイズは 1GB です(Confluence の要件の最上位)。 
  • WebSockets:共同編集は WebSockets を使用して最適に動作します。ファイアウォール/プロキシで WebSocket 接続を許可する必要があります。 
  • SSL termination:Synchrony は直接 HTTPS 接続をサポートしないため、SSL はロード バランサ、プロキシ サーバー、またはゲートウェイでターミネートされる必要があります。 
  • Database drivers: You must use a supported database driver. Collaborative editing will fail with an error if you're using an unsupported or custom JDBC driver (or driverClassName in the case of a JNDI datasource connection). See Database JDBC Drivers for the list of drivers we support.
  • データベース接続プール:ご使用のデータベースは、Confluence と Synchrony の両方をサポートできるように十分な接続数を許可する必要があります (既定値は最大プールサイズの 15)。  

インフラストラクチャの変更 

開発者向けの情報

Head to Preparing for Confluence 6.8 to find out more about changes under the hood.

サポート終了のお知らせ

以前お知らせしたように、PostgreSQL 9.2 はサポートされなくなりました。   

既知の問題

アップグレード手順

注:まずテスト環境をアップグレードします。本番環境にロールする前に、テスト環境でアップグレードをテストしてください。

すでに Confluence のバージョンを実行している場合、以下の手順に従って最新バージョンにアップグレードしてください。

  1. > [サポート ツール] > [ヘルス チェック] の順に移動し、ライセンスの有効性、アプリケーション サーバー、データベースのセットアップなどを確認します。
  2. アップグレードする前に、インストール ディレクトリ、ホーム ディレクトリ、およびデータベースをバックアップすることを強くおすすめします。
  3. ご使用の Confluence のバージョンが 6.5 より前の場合、そのバージョンから最新バージョンまでのすべてのリリースリリース ノートおよびアップグレード ガイドお読みください。
  4. Confluence の最新バージョンをダウンロードします。
  5. アップグレード ガイド」の説明に従います。

既知の問題のチェックとConfluenceアップグレードのトラブルシューティング

Confluence インストールのアップグレードに必要な手順が完了したら、「Confluence のアップグレード後のチェックリスト」のすべての項目を確認し、すべてが期待どおりに動作していることを確認します。適切に動作していないところがあれば、既知の Confluence の問題を確認し、以下に記載されているアップグレードのトラブルシューティングを試してください。

  • 既知の問題を確認してください。Confluence のリリース後にその最新バージョンで問題が見つかる場合があります。そのような場合、既知の問題に関する情報を Confluence ナレッジベースで公開します。
  • コミュニティで回答を確認してください。他のユーザーに同じ問題が発生している可能性があります。Atlassian Answers のコミュニティから回答を確認することができます。
  • Confluence のアップグレード中に問題が発生しましたか?Confluence ナレッジベースで、アップグレードのトラブルシューティングを行うガイドを参照してください。

アップグレード中に問題が発生し、解決できない場合、サポート チケットを作成してください。弊社のサポート エンジニアがお手伝いします。

最終更新日 2021 年 4 月 30 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.