Confluence 6.11 アップグレード ノート

Confluence リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

以下は、Confluence 6.11 にアップグレードする際の重要注意事項です。このリリースの新機能と改善点に関する詳細は、「Confluence 6.11 リリースノート」を参照してください。 

アップグレードノート

Confluence 6 はメジャー アップグレードです

Confluence 5.x からアップグレードする場合、これらのアップグレードノートを熟読し、フルバックアップを行い、非本番環境でアップグレードをテストしてから、本番サイトのアップグレードを実行してください。

Get ready for new file editing

In this release we’ve introduced a new way to edit files. Users can now edit any file attached to a Confluence page using the default desktop app for that file type installed on their computer. After saving, they'll be able to automatically re-upload the file to Confluence as a new version.

Changes to Edit in Office functionality

Updated: 8 October 2018

This feature replaces the Edit in Office option, which had some tricky limitations. It was restricted to Microsoft Office documents and only worked if you had the right browser, operating system and app combination.

We've removed the 'Edit in Office' button from the attachments page, the View Files macro and the Attachments macro.

If your users currently rely on the Edit in Office function, you might want to send them our guide to using the new Edit Files feature.

Installing the Atlassian Companion app

To be able to edit files, your users will need to download and install the Atlassian Companion app on their machine and have it running in the background. You can read more about this process in our Edit Files guide. If your users aren't able to install applications themselves, you may want to distribute the app to them.

We also provide a Microsoft Installer package (MSI) to install the Companion app for Windows across multiple users or machines. If you deploy via the MSI, the Companion app won’t automatically get the latest updates, including security and bug fixes, so some maintenance is required. Learn more about Administering the Atlassian Companion app.

ターミナル サーバー環境

The Edit files feature isn't currently compatible with terminal server environments (for example, Windows Remote Desktop Services) where each virtual desktop session shares the same network interface. This may be something we include in a future release. See CONFSERVER-56302 - Getting issue details... STATUS  for more information.

If required, you can remove the Edit files option from your Confluence site. Head to Administering the Atlassian Companion app to find out how to disable file editing.

Change to table and image resizing in PDF exports

When you export a page that contains a table, we reduce the width of the table columns as much as possible, so that the whole table fits on the page (a normal Confluence page is usually wider than an A4 / US Letter page). 

Previously we attempted to resize images when resizing the table, but this often led to small images being resized unexpectedly. We now use the size set in the editor, instead of attempting to resize images in table cells. This means that if the images in a table exceed the width of the PDF page, part of the table may be cut off. See Wide tables are cut off in PDF exports in Confluence for suggested workarounds. 

Scheduled XML backups disabled for Data Center   

Confluence's scheduled XML backup has been known to cause outages in large sites. For this reason, if you have a Data Center license, we'll disable the XML backup scheduled job when you upgrade to Confluence 6.11.

Having a robust backup strategy is important, for Server and Data Center sites. We recommend you back up your database, install, local home, and shared home directories regularly, rather than relying on XML site exports.

新しい診断情報を近日公開予定

After upgrading to Confluence 6.11, you may see some new messages in your application log, and a new atlassian-diagnostics.log file, which is also included in support zips. This is related to new diagnostic information we're working on, for things like low memory or disk space, or slow HTTP requests, long running tasks, or macro rendering. No action is required for these messages for now.

We plan to fine-tune the thresholds and provide a UI for this diagnostic information in an upcoming Confluence release.

サポート対象プラットフォームの変更

In this release we've:

  • Added support for Oracle 12c Release 2 (12.2.x)
  • Added support for Microsoft SQL Server 2017

アップグレード後の設定ファイルの更新

The contents of configuration files such as server.xml, web.xmlsetenv.batsetenv.sh and confluenceinit.properties change from time to time. 

アップグレード時、以前のインストールのファイルで単純に上書きするのではなく、これらのファイルへの追加 (プロキシ設定、データソース、JVM パラメーターなど) を手動で再適用することをお勧めします。そうしないと、アップグレードで実施した改善が失われてしまいます。

Confluence 5.x からのアップグレード

共同編集は Synchrony の魔法によって利用可能になりました。Confluence Server をインストールすると、Synchrony はサーバー上で別のプロセスとして動作するように設定されます。

Confluence 5.x からアップグレードする場合、知っておく必要がある要件がいくつかあります。

Collaborative editing requirements...
  • メモリおよび CPU:以前の Confluence リリースよりも多くのリソースをサーバーに与える必要がある場合があります。Confluence をインストールすると、Synchrony (共同編集に必要)はサーバー上で別のプロセスとして動作するように設定されます。Synchrony デフォルトの最大ヒープ サイズは 1GB です(Confluence の要件の最上位)。 
  • WebSockets:共同編集は WebSockets を使用して最適に動作します。ファイアウォール/プロキシで WebSocket 接続を許可する必要があります。 
  • SSL termination:Synchrony は直接 HTTPS 接続をサポートしないため、SSL はロード バランサ、プロキシ サーバー、またはゲートウェイでターミネートされる必要があります。 
  • Database drivers: You must use a supported database driver. Collaborative editing will fail with an error if you're using an unsupported or custom JDBC driver (or driverClassName in the case of a JNDI datasource connection). See Database JDBC Drivers for the list of drivers we support.
  • データベース接続プール:ご使用のデータベースは、Confluence と Synchrony の両方をサポートできるように十分な接続数を許可する必要があります (既定値は最大プールサイズの 15)。  

インフラの変更 

開発者向けの情報

Head to Preparing for Confluence 6.11 to find out more about changes under the hood. 

サポート終了のお知らせ

No announcements. 

既知の問題

アップグレード手順

注:まずテスト環境をアップグレードします。本番環境にロールする前に、テスト環境でアップグレードをテストしてください。

すでに Confluence のバージョンを実行している場合、以下の手順に従って最新バージョンにアップグレードしてください。

  1. > [サポートツール] > [ヘルスチェック] の順に移動し、ライセンスの有効性、アプリケーションサーバー、データベース設定などを確認します。
  2. Before you upgrade, we strongly recommend that you back up your installation directory, home directory and database.
  3. ご使用の Confluence のバージョンが 6.5 より前の場合、そのバージョンから最新バージョンまでのすべてのリリースリリースノートおよびアップグレードガイド読んでください。
  4. Confluence の最新バージョンをダウンロードします。
  5. アップグレードガイド」の説明に従ってください。

既知の問題のチェックとConfluenceアップグレードのトラブルシューティング

Confluence インストールのアップグレードに必要な手順が完了したら、「Confluence のアップグレード後のチェックリスト」のすべての項目を確認し、すべてが期待どおりに動作していることを確認します。適切に動作していないところがあれば、既知の Confluence の問題を確認し、以下に記載されているアップグレードのトラブルシューティングを試してください。

  • 既知の問題を確認してください。Confluence のリリース後にその最新バージョンで問題が見つかる場合があります。そのような場合、既知の問題に関する情報を Confluence ナレッジベースで公開します。
  • コミュニティで回答を確認してください。他のユーザーに同じ問題が発生している可能性があります。Atlassian Answers のコミュニティから回答を確認することができます。
  • Confluence のアップグレード中に問題が発生しましたか?Confluence ナレッジベースで、アップグレードのトラブルシューティングを行うガイドを参照してください。

アップグレード中に問題が発生し、解決できない場合、サポートチケットを作成して、当社のサポートエンジニアのサポートを受けてください。

最終更新日 2019 年 3 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.