Confluence 6.1 リリース ノート

さらに読む

本リリースに関する重要な情報をアップグレード ノートでご確認ください。また、解決済みの課題の完全な一覧をご確認ください。

 

フィードバックをお寄せください  

満足票が 700 票以上 となりました!


Team Playbook ブループリントによるチームの活性化

Atlassian では、チームの潜在能力を発揮するというミッションは自宅から始まります。チームの作業方法を変更するプレイブックを開発しました。Atlassian Team Playbook を気に入ったがチームで始める方法がよくわからない場合、Team Playbook ブループリントが役に立ちます。プレイを完了する方法の詳細について、各ブループリントは Team Playbook web サイトにリンクされています。 

ヘルス モニター

ヘルス モニターを実行すると、正常なチーム間で共通の8属性に対して自分自身を評価し、弱点に対処する計画を立てる機会が得られます。ブループリントでは、3つの異なるチーム(ソフトウェア チーム、リーダーシップ チーム、およびサービス チーム)でヘルス モニターを実行するのに必要なものがすべて提供されます。

DACI の決定

プロジェクトと大きな取り組みは、多くの意思決定を伴います。DACI は、関与する全員の役割と責任を定義し、効率的かつ効果的に意思決定を行うのに役立つフレームワークです。これは現在のステロイドのブループリントの決定と同様で、正しい意思決定を行うことが真に重要です。

 

エクスペリエンス キャンバス

アトラシアンのデザイナーに人気のエクスペリエンス キャンバス プレイは、お客様のプロジェクトが解決しようとしている問題や、誰のために解決しようとしているか、および何をもって成功とするかを明確にします。最初に仮設から出発し、結果がどのようになるかを確認します。ブループリントを使用することで、チームやその他の利害関係者と作業を共有することが簡単になります。 

 

プロジェクト ポスター

プロジェクト ポスターは、チームが同じページを開き、実行モードにジャンプする前にアプローチでの自信を構築するのに役立ちます。ブループリントは、チームが問題を把握、アイデアを共有、どのような状態を成功とするかを定義するのに役立ちます。また、最も重要な詳細を、より大きな組織に伝えるのにも適しています。 


共同作業の継続的な改善

すでに共同編集を使用している場合、チームと同じページでよりたくさんの作業を実施できていると思います。Confluence 6.1 では、修正とパフォーマンスの改善を大量に用意しています。

共同編集を使用していない人のために、環境でユーザーの共同作業をより簡単にする変更を内部で行いました。

  • リバース プロキシ設定を変更して内部 Synchrony プロキシを使用する必要がなくなりました。そのまま使用して動作します。 
  • XHR への自動フォールバックは、ユーザーが WebSockets で Confluence に接続できない場合に面倒なくページの編集を続けることができることを意味しています。 

Confluence 6.0 にアップグレードしたがインフラストラクチャまたは環境の問題のために共同編集をオフにしている場合、6.1 にアップグレードすることをお勧めします。その価値があることを約束します。 

 


Confluence Data Center を数分で AWS にデプロイする

インスタントなスケーラビリティ、クイック セットアップ、Data Center の無痛管理をお求めですか?ぜひ利用してください。そのために、Amazon と連携し、Amazon Web Service(AWS)で Confluence 6.1 Data Center を展開する新しい Quick Start を開発しました。

Quick Start は、数分でロード バランサとデータベースとともに Confluence Data Center クラスタをセットアップするのを支援します。以下はアーキテクチャの概要です。

簡単なセットアップ

新しいまたは既存の仮想プライベート クラウド(VPC)に Confluence Data Center を展開する Quick Start を使用して、Confluence および Synchrony ノード、データベース、ロード バランサを数分で設定し、使用できるようにします。AWSを初めての場合は、ステップバイステップのクイックスタートガイドが、プロセス全体を通して支援します。

簡単なスケーリング

Confluence および Synchrony ノードは自動スケーリング グループの EC2 インスタンスにインストールされます。これは、組織の成長に合わせてキャパシティを増やすのが簡単であることを意味しています。スケーリング ポリシーを指定すると、アプリケーションの需要が増加または減少するにつれて、インスタンスを起動または終了することができ、クラスタをこれまで以上に簡単に管理できるようになりました。 

単純なコストとライセンス

Quick Start を使用して AWS に Confluence を展開するのに必要なのは、Amazon アカウントおよび Confluence Data Center ライセンスだけです。AWS サービスのコストを負担することになりますが、Quick Start の使用については追加の費用やライセンスは必要ありません。

Quick Start は現在、https://aws.amazon.com/quickstart/architecture/confluence/ で入手できます。 

AWS で Data Center を非常に簡単に開始および実行できるようになりましたが、Data Center に切り替える準備ができていなくても、AWS を使用して Confluence サーバーをホストし続けることができます。  

 


Data Center が SAML シングル サインオンに対応

日常的に使うツールで安全なシングルサインオンを利用できるよう、SAML へ切り替える組織はますます増えています。Confluence Data Center を SAML 2.0 アイデンティティ プロバイダーへ接続することで、チームに便利なサインイン方法を提供しましょう。 

これは迅速かつ簡単に設定することができ、OneLogin、Okta、PingIdentity、Bitium、Microsoft Active Directory Federation Services、および Microsoft Azure Active Directory を含む幅広いアイデンティティ プロバイダーをサポートしています。その他の SAML 2.0 アイデンティティ プロバイダーにも接続できる場合があります。 

SAML シングル サインオンはすでに JIRA Software Data Center および Bitbucket Data Center で利用でき、現在ではすべての Data Center アプリケーションを1つの認証傘下に置く必要があります。 

 


さらには

時には小さなことが大きな違いをもたらすことがあります。ここで紹介する Confluence 6.1 で行ったいくつかの小さな改善が、組織にプラスの影響を与えると確信しています。 

問題発生時の安全な起動 

すべてのユーザーがインストールしたアドオンまたは選択したアドオンを無効化して、コマンドラインから Confluence Server を起動できるようになりました。これは、サイトの問題をトラブルシューティングする場合、特にアップグレード後に Confluence を起動できない場合などに役立ちます。 

表示する...

To temporarily disable all non-system add-ons:

Linux
$ ./start-confluence.sh --disable-all-addons
Windows
 > start-confluence.bat /disablealladdons

 

To temporarily disable specific add-ons, specify the add-on key (for example com.atlassian.test.plugin). You can disable multiple add-ons using a colon-separated list.

Linux
$ ./start-confluence.sh --disable-addons=com.atlassian.test.plugin
Windows
> start-confluence.bat /disableaddon=com.atlassian.test.plugin

これらのパラメータはスタートアップ時のみ適用されます。再起動後は保持されません。アドオンを永久的に無効化する場合、UPM を使用する必要があります。

これは Confluence Server 機能です。これらのパラメータは、Confluence Data Center では動作しません。

中国語(簡体字)言語パック

中国語(簡体字)言語パックのバンドルを開始しました。これにより、箱から出してすぐに使える言語パックの数が 10 になりました。 

 

インフラの変更 

Confluence 6.1では内部でいくつかの重要な変更がありました。これらに関する詳細については、Confluence 6.1 への準備をチェックしてください。

 


解決済みの課題

バグ修正や解決済みの提案の詳細については、Jira を参照してください。

 

6.1.0 で解決済みの課題

2017 年 3 月 20 日にリリース

T キー 概要 Status
Loading...
Refresh

6.1.1 で解決済みの課題

2017 年 4 月 03 日にリリース

T キー 概要 Status
Loading...
Refresh

6.1.2 で解決済みの課題

2017 年 4 月 19 日にリリース

T キー 概要 Status
Loading...
Refresh

6.1.3 で解決済みの課題

2017 年 5 月 02 日にリリース

T キー 概要 Status
Loading...
Refresh

6.1.4 で解決済みの課題

2017 年 5 月 22 日にリリース

T キー 概要 Status
Loading...
Refresh

 


アップグレードの開始

アップグレードする前に、本リリースの重要な変更を確認するためにアップグレード ノートをご確認ください。その後、通常のアップグレード手順に従ってサイトをアップグレードします。

 


謝辞

素晴らしい顧客の皆様に - 当社は (heart) 心からの感謝の気持ちを表します

いつも Confluence の改善にご協力いただきありがとうございます。インタビューに参加してくださった皆様、機能リクエストの作成、課題への投票、およびバグの報告を行ってくださった皆様に感謝を申し上げます!

ご意見のフィードバック

ユーザーの皆様のご意見、ご感想をお待ちしています。ご質問がありましたら、本ページの下欄からお問合せください。

 

 

最終更新日 2017 年 6 月 30 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.