Confluence 6.2 リリース ノート

さらに読む

本リリースに関する重要な情報をアップグレード ノートでご確認ください。また、解決済みの課題の完全な一覧をご確認ください。

フィードバックをお寄せください  

 満足票が 250 を超えました!

 


より短時間で共同作業を開始する

ユーザーを編集に招待する 

ページで作業中に、サポートが必要となった場合、エディターを開いたままページを編集するチームメイトを招待します。 

名前や電子メール アドレスでユーザーを招待したり、グループ全体を招待することができます。彼らは通知を受け取り、通知から直接エディターが開きあmス。公開する前の下書きや、未公開の変更があるページへユーザーを招待できます。 

またリンクをつかんでチャットや、テキストなどのお好きな方法でシェアできます。

 

 

権限の問題を短時間で解決

スペース権限とページ制限は多くの Confluence ページにとって不可欠な部分です。誰かを招待しても、その人物にページの編集権限を自動的に供与することにはなりません。そのため、アクセス権を取得しやすくするよう、新しい変更を加えました。 

  • 編集制限があるページを編集するよう招待された場合に、アクセス権をリクエストできるようになりました。
  • ページを編集するよう招待されたのに、そのスペースへの追加 (編集) 権限がない場合は、連絡先がわかるよう、スペース管理者のリストへのリンクを提供します。

簡単に共有

Not to be left out, the Share button gets some love in this release too. We've moved the short link from the  menu to the Share button. It's never been easier to grab a link to a page and paste it into your favourite chat or productivity tool.


アトラシアン パフォーマンス テスト フレームワーク 

Confluence 6.1 では、AWS で簡単に Data Center を AWS で稼働して実行できる Amazon Quick Start をリリースしました。AWS でホストされる Data Center インフラストラクチャの計画やサイジングの謎を解くのに役立つ、新しいパフォーマンス測定ツールセットをご利用いただけるようになりました。 

アトラシアン パフォーマンス テスト フレームワークは元々、Bitbucket (Elastic Experiment Executor として知られている) のために開発され、定義済みのプロファイルを使用して、リアルなユーザーの行動を模倣します。これらのプロファイルを混ぜ合わせ、照合することで、クラスターで再現可能な作業負荷を割り当て、出力を測定できます。 

フレームワークは AWS の Confluence Data Center インスタンスをスピンアップし、これによって Confluence バージョンやノード数を指定することができます。これによって生成される一連のグラフを使用し、スループット (秒単位でテスト)、応答時間、およびその他の重要な統計を横に並べて比較することができます。実行が完了すると、インスタンスが自動的に廃棄され、費用の掛かる余剰分は残りません。 

フレームワークは現状のまま提供され、Confluence サポートの対象外となることに注意してください。アトラシアンのサポート チームは、テスト結果の解釈を支援することはできません。使用する AWS サービスのコストはユーザー負担です。 

パフォーマンス テストのフレームワークについては、こちら https://bitbucket.org/atlassian/elastic-experiment-executor/overview を参照してください。


お客様の言語で提供

Confluence のお客様は世界中のあらゆる場所にいます。翻訳の質が悪ければ、Confluence を学習し、使用することが困難となります。そのため、当社では、言語パックの品質を向上させようと取り組んでいます。 

このリリースでは、フランス語、ドイツ語、ロシア語、およびスペイン語の翻訳を改善し、次の新しい言語パックを追加しました。

  • フィンランド語
  • イタリア語
  • ノルウェー語
  • ルーマニア語

今後数回のリリースでは、より多くの言語に対応し、継続的に改善を行う予定です。 


常に改善 

Confluence が組織内でミッション クリティカルになると、バグの影響とパフォーマンスの問題も増幅します。これまで数回のリリースでは、最も痛みを伴う問題をターゲットとし、Confluence の品質と安定性を改善するため取り組んできました。

Confluence 5.x を実行している方に耳よりの、いくつかの改善点があります。  

  • LDAP synchronisation issues are dealt with more gracefully  Getting issues...
  • The Page Properties Report and Page Index macros are now far more stable and performant  Getting issues...
  • Generating thumbnails from uploaded files is now far more resilient against CPU spikes and out of memory errors  Getting issues...
  • The Page Index macro is now less likely to cause out of memory errors in huge spaces  Getting issues...

これまで、Confluence 6.2 にアップグレードする良い理由がありませんでした。

インフラの変更 

Confluence 6.2では内部でいくつかの重要な変更がありました。これらに関する詳細については、Confluence 6.2 への準備をチェックしてください。


解決済みの課題

バグ修正や解決済みの提案の詳細については、Jira を参照してください。

 

6.2.0 で解決済みの課題

2017 年 5 月 15 日にリリース

T キー 概要 Status
Loading...
Refresh

6.2.1 で解決済みの課題

2017 年 5 月 29 日にリリース

T キー 概要 Status
Loading...
Refresh

6.2.2 で解決済みの課題

2017 年 6 月 13 日にリリース

このリリースでは、サイトでメモリ不足エラーを防ぐのに役立つ、添付ファイルのインデックス作成を大幅に改善しました。しくみについては、 添付ファイル サイズを設定するを参照してください。

(warning) This release introduced a bug that affects some images and profile pictures. If you've already upgraded to Confluence 6.2.2 see CONFSERVER-52626 - Getting issue details... STATUS for a workaround. If you have not yet upgraded, we suggest skipping this version and upgrading to 6.2.3 or later.

T キー 概要 Status
Loading...
Refresh

6.2.3 で解決済みの課題

2017 年 6 月 21 日にリリース

T キー 概要 Status
Loading...
Refresh

6.2.4 で解決済みの課題

2017 年 7 月 11 日にリリース

T キー 概要 Status
Loading...
Refresh


アップグレードの開始

アップグレードする前に、本リリースの重要な変更を確認するためにアップグレード ノートをご確認ください。その後、通常のアップグレード手順に従ってサイトをアップグレードします。


謝辞

素晴らしい顧客の皆様に当社は心からの感謝の気持ちを表します

いつも Confluence の改善にご協力いただきありがとうございます。インタビューに参加してくださった皆様、機能リクエストの作成、課題への投票、およびバグの報告を行ってくださった皆様に感謝を申し上げます!

 

 

最終更新日 2017 年 6 月 30 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.