Confluence 6.14 リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

   

 .  

さらに読む

本リリースに関する重要な情報をアップグレード ノートでご確認ください。また、解決済みの課題の完全な一覧をご確認ください。


フィードバックをお寄せください

投票の 190 票以上が製品に反映されています!

新しい Confluence 検索で作業を素早く見つける

Confluence で作業を行うためには、最適なコンテンツを素早く見つけることが重要です。このリリースでは、必要な情報の検索、フィルタリング、および発見をさらに簡単にした、ユーザーの作業の継続を支援する新しい検索エクスペリエンスを導入しました。

あらゆるものを検索

これまでのクイック ナビゲーション機能では対象がタイトルに制限され、ページ、ファイル、スペース、またはユーザーの名前に基づいて限定的な結果が表示されていました。

いただいたフィードバックに基づいてこれを改善し、新しい Confluence 検索ではクイック ナビゲーションの代わりに、さらに多くの結果を表示する展開された検索ビューを提供します。ユーザーの入力に応じて Confluence でサイト コンテンツのフル検索が実行されるため、検索結果を迅速に見つけることができます。

フィルタを使用して検索結果を簡単に絞り込み

同時に追加されたインタラクティブな検索フィルタを使用して、検索結果を数クリックで絞り込むことができます。特定のスペース内で検索したり、特定のチームメイトが作業したコンテンツを見つけたり、特定のコンテンツ タイプまたは時期で検索結果を絞り込んだりすることができます。 

さらに厳密な検索クエリを使用したい場合、ワイルドカードや他の演算子などの既存の Confluence 検索構文も引き続き利用できます。完全な概要については、検索ガイドをご参照ください。

エディタの大幅な改善

編集エクスペリエンスの理想形は、スムーズで問題が発生せず、ユーザーはそれを使用していることすら意識しないことです。この新しいエディタにおいても、ユーザーに違和感を与えないことを目標としています。

このリリースでは多数の改善を行いました。表のセル、箇条書き、およびカーソルの挙動 (特にコンテンツのコピー アンド ペースト時) に関連していただいていた多数の要望も解決しています。エディタの外観への変更は行っておらず、すべての改善部分は水面下で実装されています。

新しいエディタをぜひお試しください。フラストレーションを感じずに作業を完了できるよう、お手伝いします。

ファイルの編集方法を追加

6.11 で導入した添付ファイルの更新を簡単に行える機能では、ファイルに対応するネイティブのデスクトップ アプリケーションでファイルを編集し、Confluence に変更をシームレスに保存できるようになりました。

この編集機能はファイルをプレビューで開いた場合にのみ利用できました。このリリースでは、添付ファイル ページに編集オプション、添付ファイル マクロ、およびファイル表示マクロ (1) を追加し、ファイルを数クリックで更新できるようにしました。

プロファイル画像の削除

管理者がユーザーのプロファイル画像を削除できるようになりました。この機能は現在のプロファイル画像と、ほかのユーザーが過去にアップロードした画像がある場合はそれらも削除します。

ユーザーを検索して [プロファイル画像の削除] をクリックするだけで利用できます。

PDF にページ番号を簡単に設定

スペースを PDF にエクスポートする際に、ページ番号を追加するかどうかを 1 クリックで選択できるようになりました。ページ番号は、PDF ファイルの各ページのフッター中央部に表示されます。

解決済みの課題

バグ修正や解決済みの提案の詳細については、Jira を参照してください。

Confluence 6.14 は次のセキュリティ課題の影響を受けます: CVE-2019-3395 および CVE-2019-3396CVE-2019-3398 CVE-2019-3394および CVE-2019-15006

6.15.10 または最新の 7.x バグ修正バージョンにアップグレードすることをおすすめします。


6.14.3 で解決済みの課題

2019 年 4 月 05 日にリリース

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh

6.14.2 で解決済みの課題

2019 年 3 月 05 日にリリース

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh

6.14.1 で解決済みの課題

2019 年 2 月 07 日にリリース

バンドルされている Java ベンダーの変更

Confluence 6.14.1 以降では、Oracle JRE ではなく AdoptOpenJDK JRE がバンドルされます。この変更は、バンドルされた JRE (インストーラーを使用してインストールした場合に利用可能) を使用して Confluence を実行しているユーザーにのみ影響します。

Oracle と AdoptOpenJDK の両方がサポートされます。Oracle JRE の使用を希望する場合、「Confluence が使用する Java ベンダーやバージョンを変更する」を参照してください。

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh

6.14.0 で解決済みの課題

2019 年 1 月 22 日にリリース

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh


アップグレードの準備

アップグレードする前に、本リリースの重要な変更を確認するためにアップグレード ノートをご確認ください。その後、通常のアップグレード手順に従ってサイトをアップグレードします。

tip/resting Created with Sketch.

最後のアップグレードから時間が経過している場合、Confluence 6.0 以降の重要な変更の概要についてアップグレード マトリクスをご参照ください。

ソフトウェア メンテナンスの更新が完了していることをご確認ください。いますぐ更新

謝辞

すばらしいお客様である皆様に...

いつも Confluence の改善にご協力いただきありがとうございます。インタビューに参加してくださった皆様、機能リクエストの作成、課題への投票、およびバグの報告を行ってくださった皆様に感謝を申し上げます!

最終更新日: 2019 年 12 月 18 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.